. SIAMESE INDY
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代タイがわかる⁉︎タン・ウォン~願掛けのダンス


東京国際映画祭で次に見たのは、

タン・ウォン~願掛けのダンス

“タン・ウォン”とは踊りを始める前に構えるポーズのこと、とのことで、タイ舞踊の話かなと思いきや、けっこうしっかりとした社会的メッセージが込められたドラマでした。

とはいえ、重いストーリー展開ではなく、タイの高校生を通した『タイ』という国への批評が感じられました。

日本をはじめ、韓国やシンガポール、西洋との関係。タイ国内の問題、エリート教育やいじめ、カトゥーイ(オカマ)など…現代タイに向かい合うバンコクの若者が等身大で描かれていました。

外国人である日本の観客がどう見たのか、ある意味、興味深いかも。

あっという間に閉幕を迎えた東京国際映画祭のタイ映画特集。

皆さんは楽しみましたか?

スポンサーサイト
秋の夜長にタイ映画を。先生の日記 みてきました

ようやく東京国際映画祭のタイ映画特集を見に行けました!

平日のサラリーマンには、夜しか空いてる時間がないのです…汗

先生の日記。

ホント、タイ映画ってこういうの御上手と関心してしまうハートウォーミングストーリーです。フェーンチャンの監督のひとりだもんね。

かわいいのひとことにつきます。久しぶりにタイ映画の世界にどっぷりはまれました。

怪我してあんな色の河泳いだら破傷風なってもしらんよーとか思わせないキュートな先生と子どもたち。デジタルに囲まれてるからこそ、日記や手紙が余計にロマンチックなツールなんだとしみじみ。

元気がチャージされ、たまには仕事帰りに映画をみてみるもんだと思いました。

ちなみに場所は日本橋。意外と夜は短く、映画を見終わったあとは、お腹を空かせてウロウロしていたのでした…


東京国際映画祭 CROSSCUT ASIA #01魅惑のタイ

第27回東京国際映画祭の企画で、CROSSCUT ASIA #01魅惑のタイと題して8本のタイ映画が上映されます!

エンターテイメント性たっぷりの大衆映画から、ちょっとアートなインディー作品まで楽しめるチョイスとなってるみたいです!

ぜひこの機会にタイ映画を。タイ料理と同じで、やみつきになっちゃうかも。


テーマ:アジア映画 - ジャンル:映画

面白い!ブラジルのTVドラマシリーズ「Afinal, o que querem as mulheres」
お久しぶりです。

仕事の関係で2週間ほどブラジルへいってきました。
仕事はサンパウロだったのですが、片道30時間の長旅は本当に疲れました(飛行機の中ではほとんど寝てましたが・・・)。

さてブラジルに行くのは初めてだったのですが、その記念に何かブラジル映画のDVDを買おうと思って、
街のDVDショップを物色。そこで一番に目に付いたのがこのジャケットでした。

afinaloquequeremasmulheres


よくよくみると映画ではなくドラマシリーズなのですが、このアーティスティックなジャケット、面白いに違いないと仕事の資料で一杯のスーツケースの片隅にいれて、はるばる地球の裏側からもって帰ってきたのでした。

で、実際に自宅で見てみるとこれが期待を裏切らない面白さ。

なになに、ブラジルってこんなに質の高いテレビドラマつくってるの!?
このアバンギャルドなのを一般の方々は楽しんでいるのか!?

疑問はまだ疑問のままですが、それにしてもDVD屋の目立つ棚においてあったのですから、
人気作品なのでしょう。

調べてみれば、文学と建築をバックグランドにもつLuiz Fernando Carvalhoがつくったシリーズとのこと。映画監督もしているので、映像の質の高さも納得がいきます。
出身のリオデジャネイロの街の雰囲気がつたわってくる作品で、サンパウロもいいけど、リオもいってみたいなとふつふつと感じております。

ラテンアメリカは初めての渡航でしたが、面白い!
タイももちろん忘れてないけど、面白いと思った作品は今後たくさん紹介していこうと思ったのでした。

※ちなみに英語字幕付きです!

『グランドマスター』 観てきました
私が映画が好きになったきっかけともいえるのが、ウォンカーワイ監督作品でした。

そのウォンカーワイ監督の待ちに待った最新作『グランドマスター』がいよいよ公開ということで、
楽しみにしてました。

公開初日ではなかったのですが、公開してすぐの週末のお台場。さぞかし混んでいることだろうと覚悟していったのですが、なんと大きな劇場にいたのは20人程度の観客でした。

どうしたんでしょう。

作品はカーワイ監督初のカンフーアクション作品と聞いていたので果たしてどうなるのかと思っていました。たしかにアクションシーンも多いですが、どちらかというとイップ・マンという人の人生を描いたドラマです。映像美に切ない台詞・・・個人的にも好きな描き方なのですが、どうしてもアクションとのバランスで消化不良でした。

アクションを観たかった人も、いつものドラマを観たかった人も、
なんとなく物足りないような・・・

やっぱりウォンカーワイ監督には、切ない恋愛を描いてほしいなと思ったのでした・・・



マレーシア映画祭 CineMalaysiaへいってきました
お久しぶりです。

先日まで渋谷にて開催されていたマレーシア映画祭 CineMalaysiaにいってきました。

cineMalaysia1.jpg

鮮やかな水色のポスターがCineMalaysiaのもの


都合があわず1作品しかみられなかったのですが、日本国内でこんなに大規模にマレーシア映画が見られるなんてすごいですよね。

私の東南アジア映画の入口はタイ映画で、日本では一番頑張っている印象があったのですが、マレーシアもきてますね!

今回、私が観た作品はSonglapという乳児売買の組織で働いている兄弟の話で、ドラマとしてもしっかりして見ごたえがありました。劇場にも人が結構入ってました。

映画館ではマレーシア映画関連グッズも販売していてしっかり購入してきましたよ。マレーシア映画の勉強もちゃんとしなくっちゃ。


『カラカラ』 観てきました
ただいま劇場公開中の『カラカラ』を観てきました。

沖縄を舞台とした白人男性と日本人女性の不思議な旅を描いた作品です。
(すみません、またまたタイとも東南アジアとも関係ないです)

最初に感じたのは、『ロスト・イン・トランスレーション』の沖縄版のような印象でした。
沖縄へのエキゾチックな描き方はやはり監督がカナダ人だからでしょうか。
プロデューサーは日本の方ですが、やはり自分たちと異なる沖縄という描き方は気になります。
いや、むしろそれを狙っているのだと思いますが・・・。

タイにも多くありますが、
白人のもつアジアへの幻想、
そして白人に弱いアジア人女性。
正直、観始めてすぐにいやな気がしてきました。
しかも工藤夕貴さん演じる純子のわがままっぷりときたら、
観ててイライラしてしまうほど(笑)

でもその描き方は、そんな人間や感情をけっして綺麗に描くのではなく、
いやなところ、汚いところも含めて素直なので、
なんか最後にはちょっと好感をもってしまうのが不思議でした。

外国から見たアジアという点ではタイをテーマにした作品にも似たようなことが語れるかもしれません。
そういった意味でちょっと面白い作品だと思いました。

第36回モントリオール世界映画祭 世界に開かれた視点賞・観客賞のW受賞作品。




今年最初の劇場作品は『レ・ミゼラブル』でした。
2013年、最初の劇場での映画は『レ・ミゼラブル』でした。

タイ、アジアとは全く関係ないのですが・・・(汗)
前評判どおり、とてもよかったですね。
3時間弱ぐらいの長編ですが、あっという間に観られてしまいました。

日本で映画を観るのは少しお金がかかるので、
バンコクに住んでいたころと比べて気軽に映画館に通えなくなってしまいましたが、
やはりいい作品は映画館で観たいですね。

今年もたくさんの作品が観られますように。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。