. SIAMESE INDY 広告
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タムくんの広告募集中
青山界隈を歩いていたときにふと気付きました。

tamkun.jpg


なんか見覚えのある・・・

tamkun ad
※thanks emichin

おっ、マムアンちゃんじゃん。


このまま広告主が現れなければずっとタムくんの作品がみられるのかしらん・・・

なら広告会社には申し訳ないけど、このままでいいのになあ(笑)

青山ブックセンターを出てから青学方面を見上げると見えます。


スポンサーサイト
Fizzy Billboard ~チャーンソーダのキャンペーン~
こういうのいいよなー。

と思うキャンペーン。

こんな仕事やってみたいです。
(広義ではいちおう同業になるので・・・)

環境にはシャボン玉みたいなほうがやさしいなんて意見もあるみたいですが、
でもやっぱいいな。



「タイではシンハーソーダが長く人々に唯一のソーダブランドと思われていた」
「人々は他のブランドへは目も向けていない」
「どうやったら他のソーダブランドがあることを伝えられるのか」

「私たちはこうしてみる」

「炭酸の泡を見逃すな」

「Fizzy Billboard」

「パーティーに行く前に、我々のブランド・チャーンソーダを人々に気づかせる」
「この泡は1ヶ月間、毎週金曜日と土曜日の夜7時に現れた」

(↑飲みに行く前に印象付けて、飲み屋でチャーンソーダを選ばせるためですね。タイでは飲み屋でウィスキーをソーダで割ったりするのが一般的ですので)


「6万米ドル以上の価値のある無料PR」

(↑テレビや新聞、ウェブなどで取り上げられるからですね)


「その結果」

「最初の月には、20万本から100万本近くまで売り上げが増え、その後もアップ」

「消費者はチャーンソーダを試してみた。その多くは初めて。」

「しかしなによりも大切なのは・・・」

「シンハーソーダが我々の存在に気付き、対抗するキャンペーンを始めざるをえなかったこと:」

対抗キャンペーン:(チャーンとシンハーを並べて)赤は真似できても、シンハーの泡は真似できない。見てご覧。シンハーを真似しようとしているのがたくさんいるみたいだ。

対抗キャンペーン:シンハーソーダ、本物の炭酸。

「こうしてソーダ対決が人々の中に生まれたのです。」


※雰囲気で訳してますので誤訳等あったらスミマセン。
-----------

ちなみに自宅でソーダを飲むときは、私はチャーン派でした。
単に、チャーンの方が安かったからですけどね(笑)
私の場合、マナオを絞ってソーダで割って飲んでました。


あなたはコカコーラ派それともペプシ派?
昨日のYarindaのペプシCMを発見したついでといってはなんですが、他のメンバーのペプシCMを集めてみました。日本でも岡田准一、松本潤、香里奈、沢尻エリカなど超人気の俳優らが出演して話題になりましたが、タイのペプシのコマーシャルも豪華です。タイではコカコーラよりもペプシのほうが人気ですしね。私もタイに住むようになって、違和感なくご飯を食べながらペプシを飲めるようになりました(笑)。

私が住んでいた頃に流れていたCMなのでいまはもう流れてないかもしれませんが、なかなかかっこよくて好きです。テーマは五感。味覚、臭覚、聴覚くらいまではまあ納得ですが、視覚、触覚までくると、「え・・・」なんて思っちゃうのは私だけかしらん?(笑)

タイ映画好きにもたまらないキャスティングですね。

味覚 Ananda Everingham
いわずとしれたタイ映画でいま一番アツイ俳優のアナンダです。


臭覚 Yarinda Bunnag
昨日紹介した才女のヤリンダ。歌手として知られてますが、『Best in Time』では映画出演もしてます。


聴覚 Taya Rogers
女優、モデルのTaya Rogers


視覚 Korn Narongdej
彼は超セレブ(タイ式にいえばハイソー)です。


触覚 Krissada Sukosol Clapp (Noi Pru)
『レベル・サーティーン』では主演、『The Happiness of Kati』ではクンおじさんを演じてます。


番外編 Mario Mauer
これは上記のシリーズとは違いますが、『Love of Siam』のマリオが出演しているペプシのCMです。若いっていいなー。



ちなみに、
私はペプシのまわしものではございません(笑)。


タイアド
タイ映画がアツイっていうけど、
私は、映画のみならずタイのクリエイティブは全体的に面白いと思います。

それは、アートだったり、音楽だったり、マンガだったり、書き物だったり。
そういう面白いのが集まるのがタイのFatフェスティバルで、
元はインディペンデントの音楽祭だったけど、いまや、インディー文化祭というか、
音楽を中心に映画やらアートやら雑誌やらが集まって、大変なことになってます。

でも、なんでタイの広告があまり取り上げられないんだろう?

たぶん、広告業界でなら、けっこう話題にはなっていると思うのですが、
タイのCMってアツイと思いますよ。

なんつったっていまや国際的な映画監督となったペンエークも広告出身、
でもってタイは世界的な広告祭、カンヌ広告祭の常連さんでもあるんですよね。

そんなタイの面白いテレビコマーシャルが、実は日本でも観られます。
(てか、最近じゃYoutubeでも観られるのか・・・)

カレッタ汐留にあるアド・ミュージアム東京です。

昔から広告はけっこう好きだったので、
ヒマなときに何度かいったことがあるのですが、
今日も新橋に用事があったので、寄ってきました。

現在は、『D&AD賞2007展:広告とデザイン-その卓越したクリエーティブ』と題した企画展が行なわれてますが、常時展もあり、その一部に、日本や海外の広告祭で受賞をしたTVコマーシャルをみられるセクションがあります。タイの作品は、アドフェストと呼ばれるアジアの広告祭の受賞作品のコーナーでたくさん見られます。

受賞作品なので、どれも見ごたえあります。
4話か5話の連続ドラマのようなCMなんかもあって、広告というより、エンターテインメントとして楽しめたり、なによりタイのCMは笑わせてくれるのが多いですね。

タイらしさが活きたものが観られますよ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。