. SIAMESE INDY タイドラマ
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソンクラーム・ナンファー
モスの『チョコレート』、ビーの『フアジャイ・シラー』に続いて、
しばらくこのドラマにはまってました。

『ソンクラーム・ナンファー』(=『天使の戦争』)です。
the war of angels

エアホステス世界での恋愛ドラマなどといったら優雅な話のようですが、実際は、どっろどろのお話です。ドラマが放映されていた今年はじめには、タイ国際航空客室乗務員による苦情騒動がニュースになったくらい激しい話なんです。(『スチュワーデス物語』タイ版みたいな感じかも?)

不倫あり、イジメあり、姑・小姑は口出すし、ゲイの恋愛もあり。そしてなぜかエアホステスの制服スカートが超ミニだったりと航空会社がなにかいいたくなるのもわからないでもないですが、一視聴者としては他人の不幸は蜜の味とでもいいましょうか、あまりの激しさに目が離せなくなってしまいました。もちろんすべてのタイ人じゃないのはわかってますが、タイの女性の恐さや、うわさにきくタイの男性のジャオチュー(プレイボーイ)ぶりが理解できます(なんていったら怒られそうだけど笑)。

まだ私がタイに住んでいて、このドラマシリーズがテレビで放映されていたとき、すでに2人の日本人の方がこのドラマにちょっとはまりつつあるときいて、これはいつか観なくてはと思っていたのです。こうして帰国後、ゆっくりと時間をかけてみたわけですが、これまた実に長くて全部で34話(1話=45分)、でも飽きずに観られたのはやはりそれなりに惹きつけるものがある証拠でしょう。もしタイドラマの日本進出を企てている方がいらっしゃったらぜひ検討して欲しいドラマです。この激しさが日本でもウケルかも。

きちんと最初から最後まで見たタイのドラマとしては3シリーズ目ですが、タイのドラマの流れや設定がわかってきた気がします。どこでも女性の激しい殴り合いのバトルが必須のようです。視聴者が期待してるのかしらん。

正直、そこまで酷くされたら我慢せずもう逃げようよとも思うし、そんな違法行為、完全に警察につかまるよーと思いながらも、そういう現実的なツッコミをあまりいれずに見るのがタイ・ラコーン(タイドラマ)の醍醐味かもしれません。いやツッコミながら見るのが正しいのかも(笑)。”やめられない、とめらない”で、まとめて観てしまいました。

タイドラマ、ちょっとはまりつつあるかも。ほかにも面白いドラマシリーズあったらぜひ教えてください!

つぎは、「ぽむ・ゆー・てぃー・にー」のHiroさんおすすめの『ンガオ・アソーク』に挑戦しようと思ってます。

スポンサーサイト
Huajai Sila
タイで買ったドラマVCD、
帰国してからちょこちょとと見ていたのですが
ゴールデンウィーク中にまとめて
みてしまいましたー。

いやー長かった。(20話くらい)

huajai.jpg

Huajai Sila (Heart of Stone)です。

最初の数回はかなり見やすかったのですが、
途中からちょっと飽きてきて、でも最後までなんとかいけました。

簡単に言うと、復讐劇というか。
妾(めかけ)の子が、本妻とその息子、娘に散々いじめられ、
それを大人になってから復讐するんですが、

まあー激しいのなんの。

だいたい妾の子と本妻の子がいっしょに住むってこと自体が
アメージングなんだけど、
でもやっぱりそういうのってタイの金持ちのうちではあるんでしょうかね。
そればっかりは2年半住んでも経験しなかったので。

確かに奥さんが居るのに、地方にも別の奥さんが居るみたいな話は実際きいたことがあります。もちろん、両方の妻がお互いの存在を知っているそうで。
一夫多妻制の風習が残ってるんでしょうか。

ドラマの主役は、the starというオーディション番組出身のBIE。
彼もいまや売れっ子ですね。
歌は結構上手いと思うけど、このドラマではいわゆる超色男の役でして、
色男を演じるにはちょっとねぇ・・・
(ドラマをみないとわかんないかも)

でも、なによりこのドラマの見所は、女性たちでしょう。

次から次と出てくる女性たち。
とにかく彼女たちのバトルが激しい。

殴り合い、水をかけたり、蹴りはいれるし
ここまでやるかーの連続です。

なぜか妻と愛人はこれでもかという確率で会ってしまうし。
悪役は、ひと目でそうだってわかるし。

ドラマは、かなりシリアスなんですが、
正直、何度も声上げて大爆笑してしまいました。

いいタイ語のリスニングにもなったし、
けっこう楽しめたのでよしとしましょう(笑)。

BIEが歌うドラマの主題歌です。
みてのとおり、一応恋愛ドラマです。


チョコレートはいかが?
そういえば、タイのドラマについては一度も書いてないのに気がついたので、
今日は、タイドラマのお話です。

というか、単にネタがなくなってきただけ?(笑)。

以前、日本の映画関係の方とお話をしたときに、「タイのドラマはどうですか?」と聞かれたことがあります。確かに、最近では映画配給会社も映画だけでなくテレビドラマも扱うようになってきました。

韓流ブームも、映画よりテレビドラマの影響のほうが強いと思いますし、アメリカのドラマも、以前と比べるとずいぶんたくさんレンタルビデオ屋に並んでいると思います。

タイ映画が来るなら、タイのテレビドラマも、
と思うのは必然的ですね。

さて、タイドラマの日本でのブームの可能性はあるのか?

う~ん・・・

まだ、びみょーかなぁ

ってところでしょうか。

タイ映画でも海外に出て成功している作品も多いけど、
そのぶん、ローカルな客のためのローカルな映画もたくさんあります。
で、テレビドラマも基本、後者の部類なんですよね。
だから、タイマニアな方なら面白いかもしれないけど、
日本でブームするとしたら、
やはりそのタイらしさがウケタときでしょうか。
でも、韓国ドラマブームを考えると、可能性がないとはいえませんね。

もうそろそろ、どこかの会社さんが始めてもいいかも、と思ってます。
いかがでしょうか?

さて、昨年、第1回国際ドラマフェスティバルinTOKYO 2007というドラマ祭が東京でありました。日本で初めてのドラマ祭だそうです。やはり海外ドラマの人気もあいまってトコでしょうか。

タイからは、『Heart of Chocolate』という作品が出品されました。

chocolate.jpg
copyright of SCENARIO & EXACT 2005

Mosの名で知られる永遠のアイドル、パティパーン・パタウィガーンと、
女優ピヤダー・アッカラーセーニー(Aom)によるラブロマンスです。
ホテルを所有する御曹司のチュンと、婚約者の浮気を発見し傷心のワーンは
留学先のスイスの学校で出会います。そして互いに惹かれあうのですが、そこには壁が・・・。
Mos演じるチュンは、なんとチョコレートアレルギーという設定で、
チョコレートが重要なキーワードとして物語は進みます。

そう、そして、このドラマ、前半の舞台はスイスなのです。
ずいぶん、お金かけてますねー。
雪舞う光景は、タイ人にとっては幻想的に映ったのではないでしょうか?

私は、バンコクに住んでいるときにVCDで一気に観たのですが、
これはけっこう見やすくて、面白かったです。
韓国ドラマほどではないですが、次をみたくなるような構成にもなっているし、
寝不足の日々を送りました。

タイっぽい要素もたっぷりです。
まずは、お金持ちばかりの設定ということ。
スイスに留学できるタイ人なんて、本当に限られていますから。
タイのドラマに出てくる人はたいてい、
みんないいお家に住んでるんですよねー(笑)。
一種のあこがれなのでしょうか?
あまりリアリティがないように思いますが、ドラマにリアリティは求めないのかな。

あとは、これは、ツンデレというんですか。
好きなのにつっぱったり、好きじゃないようにみせたり。
ちょっとモドカシイんですけどね。
ま、これは、タイだけじゃなくて、アジアドラマ全体にいえると思うのですが。
やっぱりメロドラマがいいんですよね。

タイドラマが日本語吹き替えで見られる日も近いのかな。

※ドラマVCDはタイのCD,DVDを売ってるお店でお求めいただけます。字幕は通常ありません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。