. SIAMESE INDY ひとりごと
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。

どうぞ今年も宜しくお願いします。

新しい仕事もまもなく1年。もうそろそろ余裕をもって趣味にも時間を充てられるようにしたいですね。

毎年1回はバンコクにいっているので、今年も行きたいと思ってます。
お土産はあいかわらずスーツケース一杯のDVDかもしれませんが(笑)

仕事がらタイ以外の国とのからみが多くなりそうな1年なので、タイ映画以外もちょこちょこっと書いていくかもしれません。

マイペースで更新してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

taka
スポンサーサイト
2012年もありがとうございました!
2012年もまもなく終わろうとしております。

2012年は転職に転居と個人的には変動の年でした。
新しい仕事もそうですし、新しいライフスタイルを築くのに費やした1年だったと思います。

タイへは、とある国際大会に参加するため5月にいったのですが、
ホテルと会場とパーティーの行き来だけで、映画はもちろんDVDを買いに行くヒマもなくでした。

仕事も生活も最近、少し落ち着いてきましたので、映画生活を復活させてます。
来年は発信をしていきたいと思いますので、どうぞ気長によろしくお願いしますね。
ご無沙汰しております!
ご無沙汰しております。

いやーすっかり春になってきました。
4月に入り年度も変わったということもありますので、
ぜひここでもう一度ブログを頑張ってみたいと思っています。
3ヵ月も更新していないのに毎日20人くらい(多い時は50人ちかく!)の方が、
みにきてくださっているのは、非常にありがたいです。

個人的なことですが、2月末で前職を退職し3月より新しい会社にうつりました。
それにともない転居もしたわけでして、ここ数カ月は本当に怒涛のように過ぎてしまいました。

ただ新しい仕事は前職と比べると残業も少なく、人間らしい生活がおくれています(苦笑)
というわけで、ようやくブログにも目を向けられる余裕がでてきたわけでして。。。
棚にたまったタイ映画も少しづつ消化していかないと。

しばらくはスローな更新かもしれませんが、どうぞ引き続き宜しくお願いします。

taka
2010年を振り返って
今年もいつの間にやら大晦日です。
本当に時間が経つのが早いです。

東京都現代美術館でアピチャッポン監督のトークをききに行ったことや、
そのあとすぐにタイ出張にいったこと。
出張にあわせて、タイ映画DVDを山ほど買ってきたこと、
最近、ヤスミン・アハマド監督の作品を見なおしていることなど書くことはあるんですが、
なぜか時間がないです・・・。
いや~、一年を振り返ってみて、今年はほとんど仕事ばっかりしていた気がします。
少し余裕ができるかなとも期待していたのですが、むしろ逆でしたかね。
香港、アメリカ、マレーシア、シンガポール、タイと海外出張も多かった気がします。
その分、タイ以外の東南アジアへの興味が広がりました。

ただやはり全体としては時間がなく、映画も観られてないし本も読めてなくてちょっと消化不良な1年でした。

実は年明け早々、研究関係で2つほど取り組んでいることがあって今はそれに向けて久しぶりに勉強モードです。
なので来年の抱負としてはとりあえず無事にその2つを終えることでしょうか。
来年の話はまた明日にでも。
そういえば2010年、タイ研究では、吉川先生、石井先生のご逝去と非常に悲しいニュースが多かったですね…。

更新が少ない中、頻繁に来てくださる皆さま、ありがとうございます。
来年はもう少し多く更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

皆さま、よいお年をお迎えください。

taka

警官も囚人もSorry Sorry ~東南アジアの韓流
日本でもKARAや少女時代にBIGBANGやFT islandなどK-POPがすごい人気ですが、それは東南アジアもおんなじです。
私がタイに住んでいたころからK-POPに人気が出てきて、私の大学院のアドバイザーもタイでの韓流について研究してました。アジアに広がる一種の動きとしては非常に面白い現象だとは思いますが、今日はそんな難しい話ではなく・・・

韓流といえば、先日、チョムプーさんのブログで教えてもらったSuper JuniorのSorry Sorryに合わせて踊る警察官らのビデオは面白いので一見の価値ありです。おちゃめですが、思わず、働きなさい!ってつっこみたくなります(笑)






ちなみにこちらはマイケルジャクソンのスリラーでも有名なフィリピン・セブ島の囚人によるSorry Sorryです。
ダンスのキレは警官より囚人の勝ちですね(笑)




そしてこれがオリジナル。
もうここまで聴くと、ソリソリ・ショリショリ耳から離れません(苦笑)。




日本語バージョンまであった。




意外とおいしいんじゃん、モンスーンカフェ。
なんだか非常に上から目線なタイトルに
書いてる本人ですら違和感を感じるのですが・・・(苦笑)

社会人になってきちんと外食をするようになったころには、すでにタイにはまっていたので、
おしゃれなモンスーンカフェなんて邪道だなんて思い込みがあったのかはわかりませんが、
実は一度もいったことがなかったんですよ。

先日、恵比寿で友人らと映画を見てきて
その帰りにご飯を食べて帰ろうとお店を探していたところ
モンスーンカフェが目に入ったのでいってみることに。

そしたら意外とおいしいんですね。
たまたまタイ料理は食べなかったけど、
生春巻きとかお値段の割に大きくてお得だし、
飲み物もものによっては居酒屋価格だし。
結構、コストパフォーマンス高いな。

もしかしたら日本人向けで現地の味とは違う料理もあるのかもしれないけれど、
でも味がよければ、それはそれでいいんじゃないかなー。

なんて最後までなんか偉そうですが、
ようはおいしかったってことなんです(笑)。


あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。

昨年は多くの皆さんがSIAMESE INDYを訪ねてくださり、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。

最近はあまり更新ができてませんので、
今年の抱負は、もう少し頻繁に更新ができるようになればいいなと思います。
つまりは本業の忙しさをどうにかするというのが課題ですね・・・。

のんびりと続けてまいりますので、これからもよろしくお願いします。

2010年元旦
taka

2010newyear_075.jpg

2009年を振り返って
やっぱり、せっかくだから2009年のうちに書いておくべきですよね。

というわけで、今年を振り返ってみると・・・

東南アジアへの興味が大きくなったかな。というのもやはり5~6月にタイをはじめ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピンと出張にいってきたのがあると思います。別に向こうに事務所があるわけでもないので、ある意味、若いから出来たようなひとり旅(いちおう仕事ですけどね)だったので、いまとなってはいい経験です。そこでいろいろ映画のDVDを買ってきて、タイ以外の東南アジアの作品がより身近になりました。仕事でもタイよりインドネシア、ベトナム、スリランカといった国のお客さんが多かったですし、職場でも韓国人の同僚とのからみが多かったり、ひろくアジアへの関心が強くなりましたね。来年も年明け早々出張で香港に行きます。

その分タイ関係が薄くなってきているのは自分でもちょっと気になっています・・・。映画に関しては日本で公開された作品はみたものの、タイで2009年に公開になった作品はほとんど観られてません・・・。個人的にはかなり危機感を感じているのでどうにかしたいなーと思ってます。むむむ。

でも今年はタイ関連の舞台パフォーマンスを満喫できたのは満足ですかね。『コウカシタ』に、ノート・ウドムさんの『マイクディアオ』さらに『赤鬼』、『農業少女』と東京で年に4度もタイの舞台を観られたのはよかったですね。

あとは、タイ留学中に知り合った友人、松林要樹さんの『花と兵隊』が無事に公開を迎えたことも今年のニュースでした。テーマも注目され話題にもなりました。作品内で取り上げられている未帰還兵の方々は撮影中、そして上映後に亡くなられている方もおり、記録映画としての重要さが伝わってきます。年明けも渋谷のアップリンクにて上映されますので未だの方はぜひご覧ください。他にも『空とコムローイ』、『闇の子供たち』といった日本人がタイを撮った作品にも恵まれた1年だったと思います。

今年の後半はなんか仕事が忙しくて本当にあっという間だった気がします。もう少しこのブログをはじめ、タイ・東南アジア、映画に時間を費やすことが出来ればいいなと思いながら、雑感となってしまいましたが「2009年を振り返って」とさせていただきます。

あまり更新がなくても日々観に来てくださる皆様、ありがとうございます。
そして来年もよろしくお願いします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。