. SIAMESE INDY 本・雑誌
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「このタイ映画がすごい! 2009」に記事を書かせていただきました。
ご無沙汰しております。

どうも10月くらいからずっと仕事が忙しくて、なかなか定期的に更新できません。
本来なら今年一年を振り返ったり、他にも書きたいなーと思うこともあるのですが、
今年はギリギリまで仕事に追われていたり、年末年始も一応お休みはいただいてますが、
年明けの仕事を考えると頭は休まらずといったところです・・・。
今年を振り返るのは年をあけてからかも(笑)

なんとか来年は余裕をもって、もっとタイとか映画とかについて考える時間がほしいなーと。
そんなことを思いながら年末を迎えてます。

さて、この大晦日に東京ビッグサイトではコミケが開催されていたそうですが、そこで私も記事を書かせていただいた「このタイ映画がすごい! 2009」が販売されています。

sugoi.jpg

「全アジア メイド喫茶カタログ」「萌えるタイ読本」など出していらっしゃる萌えるアジアさんからこのブログ経由でお話を頂き書かせていただきました。

萌えるアジアの小泉優さん、
笑うな危険!の会津さん、
ホラーSHOX呪のtinkerさん
HIMAGINE電影房のkazuさん

と映画関係のブロガーの記事が満載です。
ちなみに私は1997年以降のタイ映画に関して簡単に書かせていただきました。

ネット販売をはじめ、中野ブロードウェイのタコシェさんや新宿のサワディーショップさんでも販売されるそうですので、どうぞ機会がありましたら手にとってみてください。

ではみなさん、良いお年をお迎えください!



スポンサーサイト
秋の夜長、至福のひととき。
IMG_0453_012.jpg

タムくんのブランコ5巻、でたよ。


ノート=ウドムさんもエアホステスも!今月号のD-Mark Magazine
今月号のD-Mark Magazine届きましたよ。

d-mark23.jpg

今回特集されている、ノート=ウドムさんの『ディアオ・マイクロフォン』日本公演も、『エアホステス~天使のラブウォーズ~』のお披露目も行ってきましたよー。



タイの超人気コメディアンノート=ウドムさんのスタンダップコメディ『ディアオ・マイクロフォン』は、いったどう公演されるのだろう(日本語で?それとも字幕?)と思っていきましたが、なるほど、公演はタイ人向けのもの(字幕も通訳もなし)でした。こんなに若いタイ人が日本にいたの?と思ってしまうくらい、中野の会場にはタイ人が溢れ日本じゃないみたい。中には福井や名古屋から来た人もいたそうです。9割5分以上はタイ人でしたね。

IMG_0177_010.jpg

ノート=ウドムさんがでてきた瞬間に会場の雰囲気が変わってしまうくらいのカリスマ性を感じました。日本のトイレ、すし屋、ショップなど日本にいるタイ人が共感できる日本のペキュリアリティをネタに大ウケ。でも一番盛り上がってたのはタイランド・オンリーでしょうか。「やっぱりタイってさー」という海外に住むタイ人に向けたネタは海外公演ぽくていいですね。

IMG_0179_010.jpg
ステージの背面はウドムさんの絵がたくさん!閉幕後に観客もあがれて記念撮影できました。

最後に政治ネタを絡めた歌を披露されてましたがそこまでいくと、もうずっとタイ語を聞き続けていた頭もつかれててほとんどわからなかったです・・・(苦笑)。うわさどおり盛りだくさんのネタを本当たっぷりの時間、話し続けて本当にパワフルでした。

閉幕後はウドムさんがでてらっしゃって観客との写真に応えてましたが(さすがタイのタレントさんはこのあたりのサービス精神が違いますね)、こんなにたくさんの人が集まってましたよ。写真左上の帽子をかぶっているのがノート=ウドムさんです。
IMG_0178_010.jpg



つづきまして、『エアホステス~天使のラブウォーズ~』のDVD発売イベント。残念ながらこちらはプレスのみ写真撮影OKなため、写真はございませんが・・・。内容は特別試写会と舞台挨拶。主演のビー・ナムティップ(ナムティップ・ジョンラチャタウィブーン)はドラマどおりのフライトアテンダントの格好ででていらっしゃって、その瞬間、会場からため息が・・・足が長いです!!!!!
倉田真由美さんご夫妻、元フライトアテンダントの司会島田律子さんとのかけ合いも面白かったですね。

このドラマ、実はブログ内で一度紹介したことがあるんですが、(こちら→ソンクラーム・ナンファー)、まさか本当にDVD化されるとはー!うれしいですね。レンタルでも借りられるようなので、ぜひ多くの方に見てもらい、まずはタイのドラマを知ってほしいですね。

この激しさ、ある意味クセになるかもしれませんよ(笑)



プールとあわせていかが?D-Mark Magazine 第21号読みました
dmark0909.jpg

今月号のディーマークマガジンの特集は一つ前の記事でご紹介したチェンマイ舞台の映画『プール』の監督である大森美香さんのインタビュー記事です。

ぜひ、『プール』を観た帰りにタイ料理屋によってディーマークマガジンをみつけたら読んでいただきたい記事ですね。なんでチェンマイなのか、そのあたりがちょっと見えてくる気がします。


この先ちょっと映画のネタバレありなので注意。


実は作品の中でちょっと気になったのが、母である京子が娘さよがまだ学生であるのに自分の母(つまりさよのおばあちゃん)に預けてタイに来てしまったことなんです。そういうことってあるのかなあなんて疑問に思っていたのですが、これはタイに限らず自分の居場所をみつけてしまうとそういうこともあるんですかね。

多くの場合、家族がいる場所が自分の居場所なんだろうけど、もしかして世界のどこか別の場所に自分の居場所があるのかもなあなんて思わせてくれるそんな作品です。

ちなみに監督、若くてきれいな方です(写真付ですよ)。


大森監督のインタビュー記事ともうひとつの特集記事はなんとTCEBさん。同業であるMICE業界がとりあげられるなんて、なんだかちょっと不思議な気持ちです(笑)。いやいや、ぜひ活性化してほしいんですけどね。

Mayちゃんがめっさかわいい!D-Mark Magazine 第20号読みました!
もうすぐ9月号がでちゃうけど、D-Mark Magazine 第20号(8月号)読みました。

巻頭は松林さんのインタビューじゃないっすかー。作品の裏話がたくさんで読みごたえあります。ぜひ映画を観て、それでまたこの記事を読んだら一層作品への理解が深まるかも。

そして特集はスイバケです。最近、夜遅く帰宅して深夜番組をみてるとよくスイバケのCMと出会います。メディアへの露出も多くなってきましたね。Mayが9月から日本に留学し始めたら、さらにいろんなところでスイバケを観られるかもしれません(でも学業第一ですぞ)。

ニューアルバム『pop save the world!!』絶賛発売中です。


新曲 『あいにいこう~I・NEED・TO・GO』 夏っぽくて明るいキラキラポップです。

なんかMayはタイ人というよりすっかり日本人っぽい顔つきで、日本語もうまいし、初めてみる人は日本人のグループだと思いますよね、きっと。


Tropical Malady は new 羅生門!? 『Apichatpong Weerasetakul』、届きました
私も大好きなタイの映画監督アピチャッポン。
彼に関するエッセイ集『Apichatpong Weerasetakul』が発売されており、
ネット注文したものが無事、我が家にも届きましたー。

apichatpong book

あのナショナリズム研究の権威、Benedict Andersonや、
このブログでのおなじみバンコクポストの映画批評家Kong Ritdeeに
監督自身のエッセイもありという豪華な一冊です。
まだ読み始めてませんが、楽しみです。
(でも英語なので時間がかかりそうですが・・・)

ちなみにJapan Timesで、あのDonald Richieさんが書評書いてますよ。
Tropical Malady は the new Rashomon。世界のアピチャッポン監督ですね。

THE JAPAN TIMES: Apichatpong Weerasethakul: No ordinary Joe By DONALD RICHIE

私はイギリスのオンラインブックショップから購入したのですが、
日本ではトモ・スズキ・ジャパンさんで買えます。東京、広島、高知には取扱店もありますよ。


『津波 アンダマンの涙』、読みました!
先日、某タイ式飲み会に参加した際にご本人から直接購入することができました。サインもいただきましたよ。

tsunami.jpg

2004年12月のスマトラ沖地震による大津波後の南タイに日本の大手新聞社の取材助手兼通訳として現場で見て感じたことをつぶさに記録されたものです。

最初はその悲惨な光景が文章から伝わってきて、読みながらも非常につらく思いました。ただその合間合間に白石さんらしい率直な感想や見方が入って、そこがとてもオリジナルです。日本のテレビでは映されない、我々の知らない当時の現場が見えてきます。とてもショッキングですが、やはり知っておいたほうがいいと思います。後半は、Hさんへのダメだしの方が印象的でしたが・・・。

当時、私はタイ留学が決まって、日本で準備を始めていた頃でした。日本留学していたタイ人と知り合って、ニュースをその友人の家のテレビやインターネットで何度もみて話し合ったのをよく覚えてます。ショッキングなニュースでした。

留学のためタイに渡ってすぐ、2005年9月にプーケットとピピ島へいきました。津波から10ヶ月でまだ崩壊したままの建物もいくつかありましたが、すでにかなりの賑わいだったのを覚えてます。

あれからもう4年以上経つのですね・・・。

機会があればぜひお読みいただきたい1冊です。


D-Mark Magazine 第17号読みました!
国内外のタイ情報が満載のフリー月刊誌、D-MARK MAGAZINE 第17号読みました。

d-mark17.jpg
copyright: D-Mark Magazine

今月もタイカルチャー記事がトップですね!来週末のタイフェスにもやってくる伝説の渋谷系タイポップバンドYOKEE PLAYBOY(ヨーキー・プレイボーイ)のインタビュー記事です。

百聞は一見に如かず(百聞は一聴に如かず!?)、観て聴いていただくのが一番かもしれませんね。





オサレなサウンドですよね~。ちなみに2つめの動画はタイのTrueVisionsチャンネルのMajungのものですが、このチャンネルはタイの60~90年代のミュージックビデオを流しているチャンネルで、いわゆる懐メロ(もちろんタイの)がかかりまくってます。某映画財団でよくこのチャンネルがついていたのでなんか親しみ感じちゃいます。

でもでもでも、今回のD-Mark Magazineで個人的に一番の注目記事は・・・

やっぱりタイ料理かなーっ(笑)。

いつもタイフェスではなにを食べようか迷ってしまうんです。

知っているお店は確かに味も知ってるから安心できるけど、
でもあれだけ多くのお店が出展するから、
やっぱり普段食べられないお店のものも食べたいし・・・
でも胃はひとつなのでそんなにたくさん食べられないし・・・

とThai Food記事を黙々と読んでしまうのでした(笑)

みなさんはどのようにタイフェスを楽しみますか?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。