. SIAMESE INDY パフォーマンスアート
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺激的な味?「スパイシーサワーアンドスウィート」
東京芸術劇場プロデュース・日タイ共同制作 “Spicy, Sour, and Sweet”を観てきました。

photo-spicy.jpg


8月14日のお昼の回、タイのチュラロンコン大学(母校です!)とマレーシアのマレーシア科学大学に国際配信され、上映後に意見交換などありました。

2部構成で、最初にタイの劇団B-Floorの新作、『Flu O Less Sense』。蛍光灯を意味するFluorescentからの言葉遊び的なタイトル、なかなか粋だなと思います。(仕事上、Fluorescentって単語をちょくちょく使うので、一発でわかりましたよ笑)

政治的、社会的な作品で、非常に興味深い。タイでもちゃんと上映されたのかな。一種のメディア批判的な意味合いもあり、暴力のFlu(インフルエンザ)のように広がるさまをうまく体の動きや音、映像で表していたと思います。あの色つきの蛍光灯のなんともいえないいかがわしさというか、あれもなんとなくタイっぽい気がするし、プラスチックの皿とかもいいところついているよなー。非常にタイらしさを感じる作品でした。言葉はわからなくても問題ありません。というかB-Floorのメンバーが劇中で話しているのタイ語じゃなかったですし。これはぜひタイ好きに観てほしいですね。

つづきましては、B-Floorと日本の劇団「快快」(ふぁいふぁい)とのコラボレーション作品の『どこでもドア』。あのドラえもんの「どこでもドア」をコンセプトにしているといいます。ドラえもんはタイでも大人気でキャラクターグッズだったら日本顔負けの種類があるのではないかと思うほど。大人でもキャラクターグッズを持っていますし、私の大学院の時の友人はタイでのドラえもんをテーマに修士論文を書きました。それくらい歴史もあり、奥が深いんです。

『Flu O Less Sense』とは一新してかなりまったりした雰囲気で始まった『どこでもドア』。作品や出演者の紹介をしているのかなと思っっていたら本編だったり、というかなんか全体がひとつのイベントのような、そんな空間でした。私はB-Floorも快快も初見でしたが、どうやらこの雰囲気は快快のもののようで、最初はなんだなんだ、この若者たちのノリはなどと思いながら探り探りでみてました(てか、すっかり私もおっさんになったようです笑)。
いろいろ種をしかけており、観客が拍手をすると雨が降る、であったり、あらかじめプログラムの間に20バーツ(しかも本物!)を仕込んでおいて、劇中に買い物ができたりとインタラクティブに観客をとりこむ試みをはかっていましたが・・・観客がそこまであたたまってなかったような。B-Floor同様、身体表現に富んだ快快なので、動きで楽しませてくれました。ただ最後まで作品のコンセプトはわからなかったな-。どこでもドア・・・。

この個性的な2つの劇団がコラボレーションをするというのがこのプロジェクトのポイントで、そこに試行錯誤というか、コラボの難しさを感じました。特に上映後のアフタートークではお互いの演出家から意見がでてきて、時間も問題もあり深くまで詰め切れてないんだなーというのが浮き彫りになってました。でもこれこそコラボの産んだもの。客演でもなく、一人の演出家のもとに共同で出演するわけでもなく、2つの劇団がコラボレーションというのはさぞかし大変だったのでしょう。しかも国も違い、言葉も通じず。企画の野田秀樹さんがなにを思ったのか。興味深いです。

かってな意見ですが、若い演出の2人だからこそ、そこから何かを得て新たなものが生まれたんだろうなと思いました。『赤鬼の挑戦』でもその苦労が伝わってきて、でもあれから10年が経ち、タイの演出家が日本の若手劇団員を指導するような交流まで発展をし、日タイの演劇がこうも深く関わりをもてるようになった。そして今度は劇団同士のコラボレーション。そこでまた新たな一面を迎えるんでしょう。

今回、タイだけでなくマレーシアにも国際配信があり、正直、「ん?なんでマレーシアも?」などと思っていましたが、日タイでお互いの意見が出て、なんとなく微妙な空気のときに、最後にうまくまとめたのがマレーシアの方のコメントでした。うん、こういうのを踏まえてのマレーシアだったら、なんか奥が深いなーなどと思ったのでした。

他にも書ききれないことはありますが、観終わった後にはタイ関係の友人などと語りたくなるような、ちょっと刺激的な味でした。でもきっと日タイ演劇史の重要な1ページになると思います。公演は残すところ、8月15日のみ。当日券もあるそうですので気になる方はぜひ足をお運びください。

ちなみに関連企画として、ベトナムの現代パフォーミングアーツの展示(時間によってはパフォーマンスもあり)の「ベトナムスコール アジア・パフォーミングアーツの今」も開催されてますし、たまたまかもしれませんが私が行った時は、ガムランの演奏まで行われてて、一日でタイ、マレーシア、ベトナム、インドネシアの文化を楽しめてしまいました。ちなみにこの日の夕食は劇場近くのマレーシア料理でした。


IMG_0672.jpg
ガムラン演奏

IMG_0674.jpg

ベトナムスコール



スポンサーサイト
東京芸術劇場プロデュース・日タイ共同制作 “Spicy, Sour, and Sweet”
皆さま

ご無沙汰しております。
5月くらいから7月の中旬まで怒涛の忙しさで更新を怠っておりました・・・。
ようやく仕事も一段落したような感じです。たぶん(苦笑)。

というわけでここ3ヵ月ほど個人的にも文化的な生活を送れず
悶々としていたわけですが、ようやく少しづつ余裕ができてきた今日この頃なのです。

さてお久しぶりのタイ文化案内はといえば、
日タイ共同制作のパフォーマンスアート!
『Spicy, Sour, and Sweet』です。
数週間前に我が家にDMが届いておりました。

3月に
「農業少女」関連企画 公開ディスカッション“「農業少女」は、海を渡る”にいってきました。
の最後にも書いた日タイ劇団のコラボ企画がとうとう陽の目をあびるときが来たのです!

タイからはタイ版『赤鬼』の出演俳優が所属しているB-Floor。身体をつかった表現が得意なようです。
一方日本からは快快(ファイファイ)。“ハッピーオーラ集団”と形容されておりますが、私は初見です。

詳細はこちらの東京芸術劇場ホームページからどうぞ。
東京芸術劇場プロデュース・日タイ共同制作 “Spicy, Sour, and Sweet”

この猛暑をふっ飛ばすようなアツーイ舞台が繰り広げられそうな予感がします!



「農業少女」関連企画 公開ディスカッション“「農業少女」は、海を渡る”にいってきました。
大変ご無沙汰しております。

なんかずっと激務なもので・・・(苦笑)。お休みもなかなかとれずにおりました。

ずっと書かないと変な広告まで出てしまうんですね。
タイ関係のイベントも目白押しなのに、更新できずで失礼しました。

ようやくゆっくり休みの取れた先週の土曜日(3月13日)、
「農業少女」関連企画 公開ディスカッション“「農業少女」は、海を渡る”にいってきました。

その前日にはこの公開ディスカッションのパネリストでもあったタイ国立チュラロンコン大学教授 パウィット・マハサリナンド氏によるタイ現代演劇講座『Tomyam Kung Pizza, American Fried Rice and Sweetened Sencha !?タイ現代演劇における外国戯曲の翻訳・脚色・翻案』なんて講座もあったのですが、さすがにこちらは平日で仕事があっていけませんでした・・・。残念っ。

さて、この公開ディスカッション、なんと素晴らしいことに無料だったわけですが、そんなもったいないと思うくらいおもしろかったです。特に農業少女タイ版をご覧になった方はぜひきてほしかったですね。

登壇者はチュラ大のパウィット先生に加えて、『農業少女』演出家のニコン氏、主演を演じたゴルフさんに
同じく出演者のダオさん、そこに東京芸術劇場の副館長の高萩さんと豪華なメンバーでした。しかも東京芸術劇場のリハーサル室なんて普通、関係者以外は入れませんよね。なんかちょっと得した気分でした(笑)。

ディスカッションはタイ語メインに日本語の逐次通訳がついてました。通訳者のジアップさんも味があってとてもよかったです。
『農業少女』を初めて読んだときの印象、日本版と比べて変えたところ、変えなかったところ、カットしたところ、実際に今回、松尾スズキさんの日本版を観ての感想などどれも興味深いものばかりでした。

本当に簡単にですが、プチレポートです。

初めて台本を読んだときの印象:
田舎から都会へ行くというのは、タイでもよくある話なので、結構スッと入っていけた。

日本の台本から変えたところ、変えなかったところ、カットしたところなど:
日本の台本からは基本的に多くは変えていない。宮沢賢治のかわりにタイの有名な作家に変えたり、日本語では「何?」とよく聞くがタイ語ではそういう表現はあまりしないのでカットした。
例えば、タイでは上京する際に電車よりバスのほうが多いが、日本版にあわせてタイ版も電車のままである。

今回松尾スズキさんの日本版を観て:
物語の語り方が違った。
タイ版は男女の「愛」、日本版はどちらかというと「パッション」「セックス」の色合いが強い気がした。
日本版は小道具をたくさんつかってとてもテンポがよかった。タイ版は身体をつかって役の変化を表していた。日本版は有名な女優さん(多部未華子さんとか)が出演しているが、タイ版はみな有名な俳優ではない。
(私はタイ版しかみてないので、実際日本版がどうだったのか非常に気になりながら聞いてました)



パウィット先生からはタイ版農業少女が上映されたときの国際同時配信の話などもきけました。
何気に私はチュラ大に留学していた頃、パウィット先生の授業を聴講していたことがあります。授業にピーマイクン(マイケル・シャワナサイさん)を呼んじゃう、そんな粋な先生です。

そして、実は今回、ディスカッションの前に「Capture Dynamic of 農業少女」というワークショップの発表もあったのですが、これもまたよかったです。ニコンさんを講師に迎えて、日本の若手演劇人が参加していた身体表現ワークショップなのですが、ホント、体を思う存分つかって日本ではあまり普段見かけない表現方法に見入ってしまいました。


主催者さんのお気遣いで、イベント後にあったこのワークショップの参加者の皆さんとニコンさん、パウィットさん、ゴルフさん、ダオさんとの打ち上げにも呼んでいただいて楽しい時間を過ごすことができました。しかもニコンさんの近くの席でいろいろお話できたのでラッキーでした。
この日本の若手の役者さんたちとも結構お話できて、3日間とはいえニコンさんの指導をうけてそれを今後の自分たちの演劇活動に取り入れたいという言葉をきいて、なんかとっても嬉しい気持ちになりました。日タイの交流っていままで、日本側がタイ側を指導する機会のほうが多かったと思いますが(『赤鬼』のように)、それが何年か経って今度はタイから日本という流れもできてきた。本当に面白いですよね。こういった機会がもっともっと増えるといいなと思います。

私は個人的に高校演劇をやってたこともあり、演劇に興味をもっているのですが、タイではそれほどたくさん観てなくて・・・日本の演劇人から、ニコンさんの劇団はどうなのかとか、タイの劇場ってどんな感じなのか、タイの演劇事情をきかれてもそれほど多くを語れず・・・これからもっと勉強したいなと思ってます。

そしてそしてまだ詳細は未定ですが、夏にはゴルフさんやダオさんが所属するB-Floorという劇団と日本の劇団とのコラボが予定されているそうで、なんかいまからどんなものができるのか楽しみです。

タイの演劇、ちょっと面白い発展しそうな気がします。これからも注目ですよ。



『赤鬼』&『農業少女』 観てきました!
週末土曜日に『赤鬼』と『農業少女』観てきました!

akaoni1.jpg

どちらも面白かったです!
正直、私は野田バージョンの『赤鬼』も『農業少女』も観ていないので、
比較などできないのですが、まあその分、楽しめたというのもあるかもしれません。特にリケイバージョンの『赤鬼』はとても新鮮でした。

『赤鬼』に関してはあらかじめ戯曲を読んでいたので話が見えていたのですが、全くゼロからだとリケイは厳しいかもしれませんね。
リケイといってもコテコテというよりは現代風というのか、だから日本人、タイ人どちらにとってもが新鮮で楽しめるものだったと思います。

あのリケイの派手な衣装は、赤鬼役の衣装がとってもはまってました。
歌あり、エンターテインメントな『赤鬼』ですが、最後の仮面をはずすところとかちょっとホロリとしましたし・・・。
私、一番舞台に近い席に座っていたのですが、たまたま隣の席が開いていて、途中で役者さんが座ったりと本当に息遣いまでつたわってくる舞台でした。

一方『農業少女』は現代劇バージョン。設定はすべてタイになってて少女はバンコクへと行くのですが、なんか上手い具合にはまってますよね。

個人的にはイヤホン通訳がなかなか集中できなかったのが少し残念でした。タイ語だけを聞こうか、でもやっぱりわからないところは日本語も聞きたいしと思いながらどっちつかずでした。テンポが速いお芝居なのですべてのセリフを訳してくださるわけでなく、しかも一人の方がすべての役の通訳しているので大変そうでした。

こちらは最後に演出のニコンさんと今回は役者として出演されたビックさんのQ&Aがあってそれもなかなか興味深かったです。ニコンさんも野田さんの『農業少女』はみていらっしゃらないとのことでしたが、実際に両方をみた観客の方からは、照明の雰囲気が似ているとのコメントがあったりしました。

また野田さんの農業少女は4人のお芝居だけれども今回は8人出ていたことに関しては、お芝居がとてもテンポが速いため、道具などをあまり使わないニコンさんは役者をつかって出来る限りのことを表現しようとしたそうです。

東京芸術劇場の小ホール前ではバンコクの演劇事情の展示や民族衣装などあり、メコンフェスティバル一色でした。まる一日、メコン満喫です。

akaoni2.jpg


東京芸術劇場ではメコンフェスティバルだけでなく、フェスティバルトーキョーという舞台芸術の祭典が開催中です。この劇場前のテントでは、オジサマカフェ店員らがテンション高くなぜかYMCAを踊っていました(笑)

akaoni3.jpg


バンコク・シアター・ネットワーク 『赤鬼』と『農業少女』、明日からです!
ずいぶん前に「速報!『赤鬼』がタイから帰ってくる!」で紹介したバンコク・シアター・ネットワーク版の『赤鬼』と『農業少女』、いよいよ明日からです。

詳細はこちら

東京芸術劇場:野田秀樹 芸術監督就任記念プログラム バンコク・シアター・ネットワーク×東京芸術劇場共同制作

私は、21日の土曜日にチケットがとれたので、週末にいってきます!

野田秀樹さんの『赤鬼の挑戦』を読んでいくと、さらに面白くなると思いますよ!
『赤鬼の挑戦』、おすすめです。


速報!『赤鬼』がタイから帰ってくる!
先日「コウカシタ」を観に行ったときにもらったチラシの中に入ってました。(「コウカシタ」、観てきました。

akaoni.jpg

あの98年にタイでも上映された野田秀樹さん作・演出の伝説の舞台『赤鬼』が今年東京で再演されます。しかも今度はタイ人演出家の手で、しかもタイ大衆演劇リケイバージョンとしてです。リケイバージョンの『赤鬼』って・・・ムチャクチャ面白そうじゃないですかー。でも11月ですって。まだまだ先ですね。覚えておかなくちゃ。

そして同じく野田秀樹さんの『農業少女』をバンコク・シアター・ネットワークが脚色・演出し日本に送り出すとのことで、こちらも楽しみ。同じく11月でこちらはリケイじゃなくて現代演劇バージョン。

11月下旬の東京芸術劇場はタイ一色になるかもしれませんね。先日も野田秀樹さんがサイアムでトークを行なうとの記事を書きましたが(バンコクにお住まいの方は必見!明日、野田秀樹さんがサイアムスクエアに!)、「野田ータイ」ラインは今年大注目です!

半年以上先の話ですが、今から楽しみです!


メーナークの物語がミュージカルに!『メー・ナーク・ザ・ミュージカル』は7月から
まだまだ先、公演は7月ですが、メーナークの物語がミュージカル化されるそうです。

maenak.jpg
copyright: Dream Box

「メー・ナーク プラカノン」といえば、幾度となく映画化されている話でもあります。日本で言えば四谷のお岩さんのような誰もが知っている幽霊物語。

新しいところではノンスィー監督の『ナンナーク』は日本でもビデオ化されています。幽霊物語でありながら美しい愛の物語としての語り口は当時大きな話題となり大ヒットしました。

また日本のイメージフォーラム・フェスティバル1998で審査員特別賞受賞を受賞したピンパカ監督の『メーナーク』はやはりこの幽霊物語を全く別の切り口から描いており、注目をあびました。

ミュージカルのほうも、ポスターの雰囲気からはホラーというよりはロマンティックな感じなのですかね。気になります。

ちなみに今ならEarly Bird Promotionで少しお安くチケットを購入できるそうですよ。公演は7月3日から。まだまだ先ですね。あ、公演はタイです。日本じゃないですよ。

詳しくはDream Boxのホームページをどうぞ。
Dream Box

日本語の情報はこちらにも。
ダコログ:最も有名なタイの幽霊物語。ミュージカル:メー・ナーク(ナーン・ナーク)


「コウカシタ」、観てきました。
先週末、3連休の初日にフェスティバル/トーキョーの「コウカシタ」を観てきました!

owl1.jpg


ここで紹介したやつです。
フェスティバル/トーキョーでもタイを味わえます!「コウカシタ」来週からです。

これが実によかったんです!

いやー、事前にどんなものがでてくるのか全く知らなかったというのもあると思うのですが、圧倒されました。

ダンス、かっこいい!
音楽もこれまたとってもよい!!

タムくんとコラボした酒井幸菜さんのダンスも素晴らしかったのですが、
それとはまた違って、こちらはダンサーさんたちが舞台を端から端まで使い動きまくる。
いろんなところで同時的に踊りがはじまって、自然ながらも計算されててかっこよかったです。
実はダンスの公演をきちんとみるのは今回が初めてで、
ダンスに4500円か~なんてちょっと思ってたりしていたのですが(失礼なヤツですね・・・苦笑)
いやいや、また観に行きたいくらい。

井手茂太さんの振り付けもなんか流れる感じで、
いままでみたことのなく、タイ語でいえば”プレック・ディー”なんです。
今度はぜひイデビアンクルーの公演にもいってみたいです。

なんかすっかりヤラレマシタ。

途中の寸劇(?マッサージとかおかまショーとか)はちょっと間延びしてしまった感はあったけど、
あれは日本の客へのエンターテインメントみたいなものかな。このあたりはかなり日本人的(井出さん的)な視点かなと思いました。もしタイで同じ公演をやれば、また違った風になるんだろうし。

全体としては日本人ダンサーよりタイ人ダンサーのほうがインパクトが強かったけど、
それはそれで国民性(というかダンサーさんの個性)を表しているようで面白かった。
斉藤美音子さんは最後のほうまでタイ人かと思ってたけど(笑)。ワンピースの3人娘はとってもキュートで惚れそうでした。あと、あの紫の制服は完全にタイ航空だよね(笑)。

会場は東池袋にある「あうるすぽっと」。ここも初めてでした。劇場と図書館とオフィスビルが一緒に入った不思議なビル。階段で2階にいけないのはなんか不便だけど・・・。

池袋駅方面から向かうと、かわいらしいふくろうが案内してくれます(あうるすぽっと=owl spot)。小春日和で気持ちのいい日に観に行けてよかったです。

owl2.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。