. SIAMESE INDY 映画(タイ以外)
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『グランドマスター』 観てきました
私が映画が好きになったきっかけともいえるのが、ウォンカーワイ監督作品でした。

そのウォンカーワイ監督の待ちに待った最新作『グランドマスター』がいよいよ公開ということで、
楽しみにしてました。

公開初日ではなかったのですが、公開してすぐの週末のお台場。さぞかし混んでいることだろうと覚悟していったのですが、なんと大きな劇場にいたのは20人程度の観客でした。

どうしたんでしょう。

作品はカーワイ監督初のカンフーアクション作品と聞いていたので果たしてどうなるのかと思っていました。たしかにアクションシーンも多いですが、どちらかというとイップ・マンという人の人生を描いたドラマです。映像美に切ない台詞・・・個人的にも好きな描き方なのですが、どうしてもアクションとのバランスで消化不良でした。

アクションを観たかった人も、いつものドラマを観たかった人も、
なんとなく物足りないような・・・

やっぱりウォンカーワイ監督には、切ない恋愛を描いてほしいなと思ったのでした・・・



スポンサーサイト
『カラカラ』 観てきました
ただいま劇場公開中の『カラカラ』を観てきました。

沖縄を舞台とした白人男性と日本人女性の不思議な旅を描いた作品です。
(すみません、またまたタイとも東南アジアとも関係ないです)

最初に感じたのは、『ロスト・イン・トランスレーション』の沖縄版のような印象でした。
沖縄へのエキゾチックな描き方はやはり監督がカナダ人だからでしょうか。
プロデューサーは日本の方ですが、やはり自分たちと異なる沖縄という描き方は気になります。
いや、むしろそれを狙っているのだと思いますが・・・。

タイにも多くありますが、
白人のもつアジアへの幻想、
そして白人に弱いアジア人女性。
正直、観始めてすぐにいやな気がしてきました。
しかも工藤夕貴さん演じる純子のわがままっぷりときたら、
観ててイライラしてしまうほど(笑)

でもその描き方は、そんな人間や感情をけっして綺麗に描くのではなく、
いやなところ、汚いところも含めて素直なので、
なんか最後にはちょっと好感をもってしまうのが不思議でした。

外国から見たアジアという点ではタイをテーマにした作品にも似たようなことが語れるかもしれません。
そういった意味でちょっと面白い作品だと思いました。

第36回モントリオール世界映画祭 世界に開かれた視点賞・観客賞のW受賞作品。




今年最初の劇場作品は『レ・ミゼラブル』でした。
2013年、最初の劇場での映画は『レ・ミゼラブル』でした。

タイ、アジアとは全く関係ないのですが・・・(汗)
前評判どおり、とてもよかったですね。
3時間弱ぐらいの長編ですが、あっという間に観られてしまいました。

日本で映画を観るのは少しお金がかかるので、
バンコクに住んでいたころと比べて気軽に映画館に通えなくなってしまいましたが、
やはりいい作品は映画館で観たいですね。

今年もたくさんの作品が観られますように。


ジャ・ジャンクーの撮ったバンコク!『東(dong)』観ました。
ようやく朝と晩は涼しくなり、ちょっと秋っぽくなってきましたね。
私は秋の夜長が大好きで、さて本を読もうかDVDを観ようかなどワクワクしてしまいます。
そんなこと、週末くらいしかできませんけどね。

そこで以前買ってあったDVDの中からジャ・ジャンクーの『長江哀歌』を取り出してみていました。
2006年ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞グランプリの有名作品です。

私が観たのはイギリス版のDVDで英語題『Still Life』のイメージで観進めていって、確かに絵になるシーンが多いなーなどと思っていました。ちなみに中国語では中国語題『三峡好人』で三峡(地名)のよい人という意味だそう。日本語の『長江哀歌』ってのも確かにそのとおりですが、タイトルってやっぱりその映画のイメージをつくりますね。

ダム建設のために住み家を離れなければならない古都の住民や開発に従事する人々、彼らの哀しみ。そこを舞台に、妻子を探す男性と夫を探す妻の話が絡み合いながら三峡とその人々の日常が描かれており、1シーンごと絵のようでハッとさせられる日常の美しさの中に、突然ビルがロケットのように飛んだり、UFOが飛んできたり、経済発展で変わりゆく街がジャ・ジャンクーのセンスでとらえられてて、個人的には面白いと思いました。検閲にひっかからないよう奥にメッセージが見え隠れするような。

で、本題はここからで、そのイギリス版のDVDには一緒に『東/dong』という作品も収録されていて、何気もなくみていたらなんとバンコクが映し出されているじゃないですかー。ジャ・ジャンクーの撮るバンコクってこれまた面白い組み合わせだと思いませんか。

この『東/dong』というは『長江哀歌』と同時期に撮られたペアとなるような作品で、前半は『長江哀歌』と同じ三峡を舞台に労働者たちを中国現代アーティストの劉小東(ジャ・ジャンクーと元々交流のあるアーティスト)が描くドキュメンタリー作品です。長江から舞台へメコン川へうつる後半、劉小東はタイの女性たちを描きます。長江とメコン、労働者の男性らと女性ら、そして街の空気感の違いや劉小東にとっての自国と外国という、その対称さが出ていて興味深く観られました。むしろこっちのほうが観やすかったかも。

ヴェネチア効果で『長江哀歌』こそ多く日本でも観られて評価もされているようですが、残念ながら『東』はDVD化されていないみたいです。なんかもったいない・・・。

ちなみに同じような作品でさりげなくメッセージがこめられた(と思う)短編の『Black Breakfast』というのはアピチャッポン監督も『Mobile Men』で参加した人権に関する短編シリーズです。


『Black Breakfast』ジャ・ジャンクー



今週末、東京で『花と兵隊』が上映されます。
未帰還兵を追ったドキュメンタリー映画『花と兵隊』、8月8日から公開

8月8日 『花と兵隊』の初回を観てきました。

で昨年、紹介いたしましたタイとミャンマーで撮影されたドキュメンタリー映画『花と兵隊』が今週末に東京でも上映されます。実は私も少しだけお手伝いをさせていただいた作品なんです。見逃された方はこの機会にいかがですか。

よく考えたら、あれからもう1年が経つんですね。
いやー本当に時間が流れるのが早く感じます。

----------
第1回『田原総一朗ノンフィクション賞』映像部門受賞作品上映会 第2弾」
2010年8月22日(日)
13:00〜15:00 『花と兵隊』上映
15:00〜 17:00 講評会(トークセッション)
■講師  受賞者/松林要樹(監督)
安岡卓治(プロデューサー)
選考委員/魚住昭
宮崎学
■ コーディネーター 二木啓孝
■ 主催 フォーラム神保町/「田原総一朗ノンフィクション賞」事務局
■ 会場 角川文化財団ホール
(千代田区富士見町1-12-15 角川本社ビル2F)
----------

詳細はこちらをご覧ください。

花と兵隊 上映ニュース


『花と兵隊』、キネ旬の文化部門で5位!
お友達(いや大先輩です)ブログ、ココナツ・カフェのチョムプーさんにおしえていただきました。

私も少しばかり関わらせていただいた松林要樹監督のタイに残った未帰還兵を扱ったドキュメンタリー作『花と兵隊』が2009年 第83回キネマ旬報ベスト・テンの文化映画ベスト・テンでなんと5位に選ばれました!快挙ですね~!おめでとう!!
これからは自主上映という形で全国各地で上映されそうですね。

ココナツ・カフェ『花と兵隊』キネ旬で5位!

2009年 第83回キネマ旬報ベスト・テン

花と兵隊 公式サイト

香港土産、『涙王子』。
さて年明け早々、お仕事で1週間ほど香港出張へいってきたのですが、
もちろん昼は仕事だったのであまり外へは出られなかったものの、
夜は街にでて買い物をする時間もありました。

もちろんお目当ては香港映画DVD。今回、一番の収穫は、たぶんまだリリースしたばかりと思われる楊凡(ヨンファン)監督の最新作『涙王子(Prince of Tears』。
楊凡監督といえば、『Peony Pavilion』で宮澤りえ、『Colour Blossoms』で松坂慶子と、日本の俳優を起用した注目作品も多いですし、個人的にも結構好きな監督です。
この『涙王子(Prince of Tears』も昨年のベネチア映画祭のコンペ作ですね。

さて香港映画みるぞ!と思いきや台湾のお話でした。楊凡監督のイメージはセクシュアリティをテーマにした話の印象がありますが、久々の新作は1950年代国民党下の白色恐怖(White Terror)を扱った政治色もある歴史映画です。あの映像美はやはり楊凡監督ですね。やっぱり嫌いじゃないです。なかなか見ごたえあります。





『プール』、観てきました。
あっというまに一週間経ってしまいましたが、先週の公開にあわせて、『プール』みてきました。
『プール』にいってきます!

pool_012.jpg


個人的に、こういう作品は嫌いじゃありません。あのゆっくりと眠くなりそうな進み方はタイの時間の流れっぽくていいなーなんて思いながら観てました。
かもめ食堂をかなり意識したつくりで、インテリア、ファッションだったり食べ物に気を使っているのがわかりますよね。物語というより、そういった雰囲気を味わうのにぴったりな作品かもしれません。

初の映画出演で主役級のさよ役の伽奈さんは、いい意味でもそうでない意味でもちょっと存在感が強かったです。安定感のある小林聡美さん、もたいまさこさん、加瀬亮さんの中で自由に演技をされてて生き生きしているのですが、もっとこちら側の話も膨らませてほしかったなーというところもなきにしもあらず。

荻上直子監督が個人的に好きなのでクスクスっと笑わせてくれるところがもうちょっとほしかったなというのはありますが、今回は監督も脚本も違うので、かもめファンを裏切らないようにしているなというのが随所伝わってきました。いえ、もちろんこちらはこちらでよい作品だと思います。タイに住んでいた身としてはあまり冷静な判断ができないのでそれは各個人にゆだねるとしても、「こういう生活いいよなー、タイに帰りたいなー」なんて思いながら観ておりました。ただ、あんな自然の中のオープンスペースでご飯を食べると虫が寄ってきて大変だとは思いますが・・・(そのあたりは経験談から笑)。

美味しい食べ物がたくさんの映画。揚げたてのバナナが超うまそうだったし、あとは市尾くんの鍋がおいしそうでおいしそうでたまらなかった(プログラムにはレシピも付いてます)。

おもわず映画を観終わったあとに、友人とすぐ近くのタイスキのCocaへ駆け込みました。Cocaで食べたのは初めてですが、なかなか美味しかったですよ。タイスキもなつかしいです。
終始ノスタルジーを感じてた一日でした。ま、冷静な感想はあまり期待しないでください(笑)。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。