. SIAMESE INDY 映画祭
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京国際映画祭 CROSSCUT ASIA #01魅惑のタイ

第27回東京国際映画祭の企画で、CROSSCUT ASIA #01魅惑のタイと題して8本のタイ映画が上映されます!

エンターテイメント性たっぷりの大衆映画から、ちょっとアートなインディー作品まで楽しめるチョイスとなってるみたいです!

ぜひこの機会にタイ映画を。タイ料理と同じで、やみつきになっちゃうかも。


スポンサーサイト

テーマ:アジア映画 - ジャンル:映画

第14回タイ短編映画&ビデオ祭 開催中です。
毎年この時期恒例の第14回タイ短編映画&ビデオ祭が週末から開催中!
私のタイ映画の原点ともいえる映画祭です。

バンコクにいらっしゃる映画ファンの方はぜひ参加してみてください!
タイ映画の才能はここから生まれます。
そして映画館ではなかなか見られない海外での評価の高い監督の
インディペンデント映画作品もこの映画祭で観られます。

来週の日曜日まで、MBKすぐ横のBACC(Bangkok Art and Culture Centre)で絶賛開催中です。
プログラムなどの詳細はこちらをご覧ください。

Thai Film Foundation: More program details in 14th Thai Short Film and Video Festival

14thTSFVF.jpg





そういえば・・・今年のアジア海洋映画祭ってどうなってるんでしょう・・・
昨年、タイ映画の『夏休み ハートはドキドキ!』審査員特別賞を受賞したアジア海洋映画祭イン幕張

毎年9月に開催されているのですが、今年はどうなんだろう・・・なんて数週間前からそわそわしていたのですが・・・ホームページもブログも一向に更新されなくて・・・どうなっているんでしょう。

今年は開催されないんでしょうか。地元の千葉市での開催というので私にとっては特別な存在だし、ゲストも豪華で、めったに見られない東南アジアの作品が多く上映されるというのもあって楽しみにしています。確かに「海」をテーマにしている作品というとかなり限定されてしまいますが、それでも海が広いようにアジアも広い。絶対面白い作品がたくさんあると思います。ぜひ近いうちに映画祭情報が得られることを望んでいます。

ご存知の方いらっしゃいましたら、ぜひ教えてくださいね。

アジア海洋映画祭イン幕張公式ホームページ

アジア海洋映画祭イン幕張公式ブログ


第13回タイ短編映画&ビデオ祭 受賞結果です。
Thai short film fes 13

第13回タイ短編映画&ビデオ祭の受賞結果が出ています。

タイ語はこちら
Thai Short Film & Video Festival: ผู้ที่ได้รับรางวัล เทศกาลหนังสั้น ครั้งที่ 13

英語はこちら
Thai Film Foundation: Shortfilm award list

数年後には、ここに載ってる監督が長編のヒット作品を撮ってるかもしれませんよ。


第13回タイ短編映画&ビデオ祭 本日閉幕です。
Thai short film fes 13

すみません。今年は仕事が忙しすぎて全く追えませんでしたが、13日からはじまっていた毎年8月恒例のタイ短編映画&ビデオ祭が本日閉幕しました。ぜひ映画祭に参加された方のレポートなどどこかで読めるのを楽しみにしてます。

バンコクに住んでいたときは通いづめましたが、やはりこうして東京でサラリーマンをしているとそうは
行かない・・・ちょっとさみしいです。

siam-and-a-century_poster_o.jpg

今年は「Siam and a century」というプログラムがあって、このあたりはかなり私の関心のあるところですからぜひ行きたかったです。私がタイに住んでいた2006年頃からやはりこういった社会や国のことを題材にした短編作品が続々と出てきているような気がします。クーデターにタイ南部の問題、空港占拠と政治が不安定な状態ですから、それは自然なことなのかもしれませんが、もしかしたら70年代みたいにひとつの運動のような形に発展するかもしれません。注目です。

授賞式はあさって25日。そこでまたタイ映画界の貴重な才能が生まれることでしょう。
映画祭に行かれた方、ぜひレポートお願いします!

Thai Short Film & Video Festival 公式サイト


「よこはま若葉町 多文化映画祭」 今日から来週日曜日まで!
異文化雰囲気溢れる横浜の若葉町で今日から開催されているのが、「よこはま若葉町 多文化映画祭」です。

中国、タイ、韓国朝鮮、ブラジル、フィリピンなどを舞台にした映画が多数上映されます。

タイ関係で言えば、

以前、「『空とコムローイ~タイ、コンティップ村の子どもたち~』観ました。」でも書きました、三浦淳子監督の『空とコムローイ ~タイ、コンティップ村の子どもたち~』とポップ&ニサ監督の『デック 子ども達は海を見る』。どちらも見ごたえのあるドキュメンタリー作品です。お楽しみください。

他にもフィリピンを舞台にした『アボン小さい家』、『BASURA バスーラ』、『神の子たち』、『忘れられた子供たち』も上映されます。ドキュメンタリー映画好きにはたまらない映画祭になりそうですね。

詳しくはこちらもホームページからどうぞ。
ジャック&ベティ:よこはま若葉町多文化映画祭

横浜下町パラダイスまつり*よこはま若葉町多文化映画祭


アジアフォーカス・福岡国際映画祭2009の上映作品が続々決定してます。
毎年アジア映画の良作を上映することでおなじみのアジアフォーカス・福岡国際映画祭。
今年は9月18日~27日のスケジュールで開催されますが、上映作品が続々と決定してます。
詳しくはこちら→アジアフォーカス・福岡国際映画祭2009上映作品
その中から東南アジア作品を2つ紹介します。

laskarpelangi.jpg

まずはちょっと前にブログでも紹介した『虹の兵士たち』。インドネシアで大ヒットした作品で見ごたえもありますし、多くの人にオススメしたいです。子どもたちのイキイキとした演技が素晴らしいです。



Happiness of Kati4

そしてタイからはあの『カティの幸せ』。カティに関しては本も含めて、ちょこちょこ書いてます。まさか日本でも観られるとは素晴らしいですね。ただ福岡なのが…遠いです。東京へ遠征に来ないかなー。

たぶんタイではすでにDVD販売してると思うのですが、前回の出張のときはDVDを買いに行く暇すらなく、手に入れることが出来ませんでした。なのでいまだに未見です。はやくみたいなー。夏休みにタイに行こうかしらん。


アピシット首相も賞賛!『The Happiness of Kati』
今日からです!映画『The Happiness of Kati 』タイで公開
今年一番目の幸せは、『カティの幸せ』
『タイの少女カティ』映画化!公開は来年1月8日!
カティの弟は総理大臣

他にも作品が決まり次第、ご紹介しますね。


今日までです。短編映画上映:เทศกาลหนังริมรั้ว@マカンポンシアター
昨日と今日(土曜、日曜)と、バンコクのマカンポンシアターにてเทศกาลหนังริมรั้วという映画祭が開催されてます。

fes nangrimrua

内容としては、バンコク大学マスコミ学部映画学科の2年生の短編作品上映にนพพันธ์ บุญใหญ่氏のステージ劇を取り入れた映画作品『Sunflower/ดอกไม้ในแสงแดด 』の上映です。

sunflower.jpg

『Sunflower/ดอกไม้ในแสงแดด 』のトレーラーはこちら


今日の19時からサパーンクワイ駅近くのマカンポンシアターにて。
詳細はこちら。スケジュールや会場までの地図もあります。

หนังริมรั้ว Blog

バンコクにいらっしゃるタイ映画ファンの方はぜひお楽しみください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。