. SIAMESE INDY Singapore
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポールでは・・・
IMG_1516 15

シンガポール出張は10月末~11月初めの1週間ほどでした。
基本的には土日関係なくずっと仕事でしたが、一応残業はないので夜と
フライトが深夜だったのもあり最終日だけはほぼ終日、自由に動けました。

平日は2度ほど友人と会う機会がありました。

ひとりはシンガポール人の友人で世界中を飛び回っているアート系プロデューサー。
元々はバンコクで私が修士論文の発表を第一回タイ映画学会(Thai Cinema Conference)にて行った際に、声をかけてくれてからの付き合いで、別の機会に日本に呼ばれてきたときなどに東京で会ったりもしています。現在もバンコクにアパートはあるものの、インドだ東京だシンガポールだ飛び回っていますね。
彼と若い2名のシンガポーリアンアーティストとともに、食事をいただいたのはなんと鉄道の駅。
シンガポールはどこもかしこも新しいビルがたち近未来な雰囲気を漂わせていますが、鉄道に関してはノスタルジックあふれ、実は私が初めてシンガポールを旅行した10年前にも来た場所だったんですね。ここからマレーシアのJBまでいきました。初心に戻った気分で、シンガポールアート界のゴシップを聞きながら(笑)夕食を楽しみました。

2人目はこれまたバンコクの映画財団で知り合ったイギリス人の研究者。彼もタイ映画の研究をしていて、タイでは大学で英語を教えながら2年くらいタイにいたようですが、私より先にイギリスへ帰国。その後、某国営放送局で働いているときいてましたが、最近、シンガポールの大学で博士課程に進むことになったときき、ちょうどシンガポール出張の際に会いました。彼とはアラブ街の中東料理レストランでご飯を食べて、そのあとパブでビールを飲みました。そこらへんの屋台でも全然よかったのに、ビールはパブとこだわるところがイギリス人だなーと思いながら、博士課程の大変さをいろいろ聞きました。研究もタイ映画についてで、まだ入ったばっかりなので調査とかはこれからのようですが、面白そうな研究をしてくれそうな気がします。

実はそれ以外にも元タイにいた人・研究者たちがなぜかシンガポールに集まっており、知る人ぞ知るあの人がシンガポールの大学で教えていたりと、上記2人と情報交換をしてまいりました。確かに研究するならバンコクよりシンガポールだよな。調査にタイへいけばいいんだしね。

最終日は、会社の同僚の韓国人のお姉さんがマレーシアに住んでいて、たまたまシンガポールへ旅行へ来るからと一緒にご飯を食べて観光してきました。チリクラブにマーライオンと、ザ・シンガポールでした。韓国にも地球の歩き方のようなガイドブックがあって、かなり詳細に書かれてましたよ。そのお姉さんは日本留学経験ありで日本語ぺらぺら、そしてソウルから飛んできていたその友人も日本語学習経験ありと、日本語だけでもやっていけちゃったり。年齢もほぼ同い年なのでノリが近くて、楽しい一日になりました。

えっと、それ以外は映画はちょこっとだけシンガポール映画DVDを購入。あとはペラナカンミュージアムにいってきました。結構好きなんですよ、ペラナカン文化が。あと、タイのカオマンガイには申し訳ないですが、個人的にはシンガポールのチキンライスの方が好きです。あのレモンのタレがたまらんですな。他には、新しいカジノにちょっとひやかしに入ってみたりといったとこかな。負けましたけどね(笑)。

というわけで、シンガポール出張はここまで。シンガポールらしく多国籍な人たちと会えた出張でした。仕事も日本人のお客さん相手にマレーシア人とカナダ人を雇ってみたいな感じでしたので・・・。シンガポールもう少し長くいたいなと思いましたね。

そしてそして実はその2週間後に今度はバンコク出張いってきまして、先週の金曜日に東京へ戻ってきたばかりなのです。そのため、ここのところ忙しくてブログも滞っていたわけです。

バンコク出張の話はまたいづれ。いろいろ書きたくても書けていないことがいっぱいです。



スポンサーサイト
今度はシンガポールに行ってきます。
クアラルンプールから帰ってきたばっかりですが、
今日から1週間ほど今度はシンガポール出張です。

もうこの2週間、日本の仕事をさばくのにムッチャ忙しかったです…
せっかく買ってきたマレー映画DVDもまだどれも観てないですよ(涙)
荷づくりも出発の朝やってるんですから(笑)

台風が関東に最も接近する時間とフライトの時間がかぶってます・・・
果たしてちゃんと飛べるのか不安。

ではいってきます。
The Tan Pin Pin Collection シンガポールで一番面白い映画監督でしょう
シンガポールの映画好きな友人からはシンガポールで一番の映画監督ときかされていたTan Pin Pin。
ようやく時間が取れたので、DVDをまとめて観ました。確かに素晴らしい!

『Moving House』
土地の限られたシンガポール。人々は高層アパートに住んでいる。
さらなる都市開発のため墓を引っ越すことになるとある中華系の一家を追ったドキュメンタリー。
開発のために墓場の引っ越しという狭いシンガポールならではの現象を
無駄なくそして興味深く撮っていくTan Pin Pinは確かに才能ありますな。
お墓を掘り起こす作業など最初はびっくりしながら見入ってしまいあっという間の22分でした。

『Singapore Gaga』
シンガポールという国を知るのにとても素晴らしい教材となりそうなドキュメンタリー作品。
でもエンターテインメント性も高くて、確かに友人がシンガポール一の映画監督というだけあります。
音楽で綴るシンガポール。シンガポーリアンとシンガポールという国の関係が見えてきます。

『Invisible City』
記録をテーマにした記録映画。きっとTan Pin Pin自身が記録映画作家として向かい合いたかったテーマなんじゃないのかなと想像しながら観ました。上記2作品と比べるとどちらかというととっつきにくい感じは否めないかも。
でも良作だと思います。日本の記者が戦争時のシンガポールでのことをインタビューするシーンもありました。ちょうど2006年に天皇陛下がシンガポールにいらっしゃった時にあわせてされたインタビューだったようです。

前にシンガポールに行った時も感じたのですが、シンガポール映画自体が非常に少ないですね。DVDショップに行って店員にシンガポール映画のDVDを教えてといっても数点しかでてこなかったり。確かにその中でTan Pin Pinは異色な感じがします。ただシンガポールという国にこだわっている記録映画の監督なので、シンガポール自体に関心のない方はあまり面白みを感じないかもしれません。個人的にはお薦めですけどね。

Diesel Galleryの:phunk展にいってきました。
現在、青山のディーゼルギャラリーでシンガポールのアート/デザイン集団、:phunk(ファンク)の日本初の個展が開催中です。ディーゼルギャラリーは初めて行ったのですが、Bluenoteや岡本太郎ミュージアム、根津美術館の近く。文化的ないいところですね。

Diesel Denim

美術学校の同級生4人組みが、最初はバンドやろうぜって始めたけど音楽的センスはなかったから、得意のデザインで面白いことしちゃったというファンク。このノリがなんだかタイとも共通する気がしません?
作品は村上隆さんっぽいと思いました。私も世代的にはあまり変わらないですが、国を超えて各国の子供たちが同じ文化を享受し、それが花咲いたような。そういった意味では同じ世代の日本人がみても違和感は全くない気がします。

10月半ばまでやってます。詳細はこちらでどうぞ。

ディーゼル デニム ギャラリー


Sintok シンガポール映画祭 in 東京 今日から開催中!
シンガポールの映画をこんなにまとめて観られるなんて本当にめったにない機会だと思います。

タイ式シネマパラダイスのおこなわれたシネマート六本木で今日から来週末まで開催中。うわー是非行きたい!でも明日はお仕事なんです・・・。平日も難しいし、来週末にいけるかしらん。

エリック・クーやタンタンピンなどシンガポールを代表する作品がみられます。タイ式シネマパラダイスのようにエンターテイメント作品からアート作品まで楽しめますよ。ゲストもたくさん、見逃せません。

ぜひお楽しみください!

公式ホームページはこちら。

Sintok シンガポール映画祭


Eric Khooの『My Magic』はよいけど痛かった・・・
mymagic.jpg

シンガポール映画の『My Magic』を観ました。Eric Khoo監督の現時点での最新作で、2008年のカンヌ映画祭のコンペ出品作だった作品です。ちなみにEric Khooは先日紹介した『881 歌え!パパイヤ』でもプロデューサーをしてますね。

『My Magic』はインド系シンガポール人の親子の話。ジーンときます。やっぱりEric Khoo、嫌いじゃないです。

アル中のお父さんは心改めて自分の体を痛める仕事をするのですが、それがもう観てて痛いのなんの。バーでのショーとして砕いたガラスの上を歩いたり、火を口に入れたり、口に剣を通したり(プーケットのベジタリアン祭りのときのような)。個人的に痛いのは苦手で、目をつむりそうになりながら観てました・・・。

でも、やっぱりいいんですよ。これは観てもらったほうがいいかと。

ちなみにDVDには短編映画の『No Day Off』も入ってました。これも別の意味でとっても興味深いです。タイに留学してたときに短編映画祭でも見たことがあったのですが、これもうまくシンガポールを表してていいなと思います。

そんなにたくさんの作品をみているわけではないのですが、なんかEric Khooの作品ってシンガポールぽいなと思うんですよね。

Eric Khooについては、こちらにホームページがあります。
Eric Khoo

トレーラー


シンガポール映画『881 歌え!パパイヤ』を観ました。
この作品、日本でも公開をしていたのですね。それとは知らず、シンガポールで購入した数少ないシンガポール映画DVDの一枚でした。
国民の10人に1人が観たという、2007年シンガポールNo.1の超大作とのことで、たしかに面白かったです。

881.jpg

歌大(ゲータイ)という旧暦の7月にシンガポールの国内500ヶ所以上で開催される先祖の霊を楽しませるための娯楽歌謡ショーを舞台にした笑いと涙ありのお話です。この歌大(ゲータイ)という文化を知らなかったので新鮮でした。日本でいえば、お盆に開催されるお祭りみたいなものなんでしょうかねぇ。

リンおばさんに、ゲータイの女神ことおばさんの姉、ニワトリと友達のグアン・インと個性的なキャラが味を出してて、その割の主役のビッグパパイヤとリトルパパイヤはちょっと印象が弱いかなー。なんか派手なWinkみたいです(Winkけっこう好きだったけど笑)。音楽満載で、シンガポール式ミュージカル映画ともいうのか、楽しいです。コスチュームと音楽とで、目と耳を楽しませてくれます。シンガポールってシュッと真面目な印象ですが、やっぱりアジアだよねーと思わせてくれるし、歌大(ゲータイ)という新たな文化を知られたのもよかったです。

2007年シンガポールNo.1の超大作で日本でも公開されてますし、比較的安心して見られる作品かと思います。日本のレンタルビデオ屋にも置いてるようですし、ぜひ皆さんもご覧ください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。