. SIAMESE INDY Indonesia
FC2カウンター

プロフィール

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシア映画『Perempuan punya Cerita (Chants of Lotus)』 観ました。
またまたインドネシア映画の紹介です(すみません、一度観始めるとこれもあれもとなっちゃって・・・へへ)。先日ほど紹介した2つの作品もかなりシリアスで重い内容の作品なのですが、これにはかなわないかもしれません。

4人女性監督による4つの場所の4人の女性を描いた4本のオムニバス作品がこの『Perempuan punya Cerita (Chants of Lotus)』。いやあ、これかなり見ごたえあります。

chants of lotus


この先ネタバレあるので注意


1つ目の「Chant from an Island」は、乳がんにおかされた助産婦のはなし。彼女が病院から島に戻ってきたとき、知的障害のある島の女性がレイプされそして妊娠をする。彼女は中絶を試みるが、島の閉鎖的な社会の中では中絶は重大な罪と考えられており・・・


2つ目は「Chant from a Tourist Town」。高校生の性の実態を描いた作品なのだが、なんとこの高校ではグループセックスにより妊娠をした女子生徒がでてくる・・・


3つ目は「Chant from a Village」。ナイトクラブで働き女手ひとつで娘を育てるEsiはある日、自分の恋人が娘に性的いやがらせをしていることを知り、逃げ出す。しかしそこに優しく声をかけてきた男性がおり、実はそいつが人身売買をしているやつで騙され娘をつれていかれてしまう・・・


そして最後が「Chant from the Capital City」。夫がドラッグをしていたため、HIVをうつされた妻。夫はエイズで先に死んでしまうのだが、義母は妻によって自分の息子がHIVをうつされたと信じ込み、子供の親権を渡すまいとしている。病に冒された妻は病気と闘いながら、娘と逃げるのだが・・・


とまあ、簡単な内容を書いただけでもその重さがわかる作品なわけです。かなりショッキングなので心してみてほしいと思います。でもこういった作品がきちんと市場にでてくるのはすごいなというのが一番の感想です。インドネシアの映画はもっと保守的なのかと思ってましたが、意外とやるなあというのが一番の気持ち(なぜか上から目線!?苦笑)。女性監督による女性を描く作品という企画がでてくるのも非常に面白いと思います。



スポンサーサイト
インドネシア映画『LOVE』 観ました。
love kabir bhatia

タイ映画にもこの手のものは多いですがDVDのパッケージがこんな感じで、しかもタイトルは『LOVE』ときている。そしたらこれはティーンネージャー向けの青春恋愛映画だと思うじゃないですか?そしたら意外や意外、恋愛映画は恋愛映画なのですが、かなりシリアスで重かったんです・・・まあいい意味で裏切られてといいましょうか。


注意:この先、ネタバレあります。


5組のカップルの恋愛模様が描かれているのですが、

1.少年と少女。少女は不治の病におかされており、少年の気持ちを考えて交際を断るのだが・・・
2.田舎から彼を探して一文無しででてきた女性と彼女を助ける羽目になった印刷所の青年。こちらもなんとか行方不明の彼を見つけ出すのだが、新しい女と一緒で・・・
3.知的障害の娘を持つ両親。母親の浮気でかなり冷え切っている・・・
4.若くて美しい売れっ子作家と、作家を目指している本屋のバイトくん。
5.アルツハイマーのおじいさんとそのおじいさんがたまたま食べにきた食堂のおばさま

となんとも一筋縄ではいかないカップルばかりなのです。この青春ロマンティック作品的な表紙とは裏腹にかなり修羅場がたくさんな恋愛模様。見ごたえはあります。いや、作品としてもとてもよく出来ていると思います。



インドネシア映画『Ayat-Ayat Cinta』 観ました。
インドネシア映画『Ayat-Ayat Cinta (The Verses of Love)』観ました。
ここのところ、インドネシア映画のDVDを立て続けに観ていますが、どれも出来がとてもよく、見ごたえのある作品ばかりです(たまたまそういう作品に運良くあたってるのかも)。

ayatayatcinta.jpg


注意:この先ネタバレありです。


『Ayat-Ayat Cinta 』はエジプトに留学するファーリという好青年の恋の物語なのです。・・・が、最初はなかなかロマンスっぽい雰囲気で、正義を愛するファーリへいろんな女子が惹かれていくのですが、途中からかなり雰囲気がかわっていきます。

ファーリがアイシャと結婚をすると、密かに恋心を描いていたマリアは事故にあい意識不明になり、ヌルルはショックでファーリを避け、そしてノウラはなんと彼にレイプをされたと裁判を起こします。ファーリ君、正義感たっぷりで誰からも好かれる好青年なのですが、女性の心だけは全くといっていいほど気がつかず・・・

イスラムの恋愛であるので、正直いろんなところで新たな発見があってかなり興味深くみれました。特にアイシャとマリアの両方から愛されるファーリが最終的に両方を妻と迎えるのは、日本人からするとちょっとびっくり。物的証拠がないのに危うく冤罪で死刑にされてしまうのかと、ドキドキしちゃいました。物語として飽きさせず、次の展開が気になるつくりで楽しめます。

なかなかの大作で、おすすめです。



一夫多妻制って大変だわ・・・『分かち合う愛(ber bagi suami)』観ました。
インドネシア映画『分かち合う愛(ber bagi suami/Love for share)』を観ました。

Berbagi Suami

一夫多妻制をテーマにした3話のオムニバス映画なのですが、非常に面白かったです。
話自体もさることながら、音楽とか映像とか3話のつながりとかも凝ってていいなと。

一夫多妻制自体は全くもって馴染みがないので、果たして成り立つのかなどと結構興味本位で見入ってしまいました。嫉妬とかドロドロしたメロドラマではなく(そういう要素ももちろんなくもないですが)、意外とコミカルなエッセンスが散りばめながら、女性のたくましさが伝わってくる作品でした。

きっと本国インドネシアでも公開時には話題になったのではないかな。
日本でも東京国際映画祭やアジアンクィア映画祭などでかかったそうです。やっぱり評価が高いのだと思います。

見ごたえあるのでおすすめの一作です。


『マス・エンダン』鑑賞会@アセアンセンター 本日です。
2007年に、宮崎県の海水浴場で沖に流された女子中学生を助けようと海に飛び込み、帰らぬ人となったインドネシア人漁業実習生エンダン・アリピンさんを追ったドキュメンタリー映画、『マス・エンダン』が本日、日本アセアンセンターにて上映されます。

上映会のあとには制作者の講演、インドネシアのお菓子とコーヒーもついているそうですので、ゆっくりとアットホームな上映のようですね。お時間のある方はぜひ。

詳細はこちらからどうぞ。PDFファイルです。

映画「マス・エンダン」観賞会のご案内


来週、リトルインドネシア・イン・ジャパンが開催されます!
平日なのが残念ですが、来週の25~27日まで、日本アセアンセンターにて、第二回リトルインドネシア・イン・ジャパン2009が開催されます。

インドネシアの製品展示以外に、

・現代舞踏
・アンクルン演奏
・ワヤン影絵芝居
・バティックとワヤン制作実演
・伝統舞踏

と盛りだくさん。
ちなみにワヤンとは影を意味し、ワヤン・クリWayang Kulitでジャワの影絵芝居を表すそうです。

ジャワの影絵芝居はみたことないのですが、以前カンボジアのプノンペンを訪ねた際に影絵芝居を劇場でみて、とても感激したことがあります。ぜひ見比べてみたいなー。でもこれまた平日なんですね・・・18時だとちょうど終業時間なので、サラリーマンには厳しいかも。

ワヤンについては、こちらの日本ワヤン協会さんが詳しいです。

日本ワヤン協会ホームページ

第二回リトルインドネシア・イン・ジャパン2009の詳細、スケジュールなどはこちらを参照ください。

インドネシア大使館 東京 Little Indonesia

こちらには去年の様子も。

インドネシア大使館 東京 Little Indonesia2008



カリスマブロガーの世界を堪能。インドネシア映画『KAMBING JANTAN: THE MOVIE』
kambingjantan.jpg

Raditya Dika さんという人のブログが書籍化され、さらにそれが映画化されたそうなんです。
インドネシアにもそういう文化があるんですね。ネット→本→映画といえば日本で言う『電車男』みたいな例なのでしょうか

話としてはオーストラリア留学している青年Raditya Dika氏の遠距離恋愛です。このDikaさんが面白い人なのでかなりコメディ色が強いですが、書籍化されさらに映画化までされちゃうくらいですからインドネシアではそうとうカリスマ的な人気なんでしょう。しかもこの映画もDikaさん本人が本人役で主演してるんですよ。多才な方ですな。

いち日本人としてはどのあたりがインドネシア人の心をつかんだのかはあまりわからず、普通におもしろ青年の切ない遠距離恋愛物語のように見ました。きっとブログとか文章が面白いんだと思うのですが、さすがにインドネシア語はわかりませぬ・・・

こちらがそのブログ
Raditya Dika, dan hal absurd lainnya

トレーラー

インドネシアでもAYUは歌姫 『Garasi』
AYUはAYUでも浜崎あゆみではなく、Ayu Ratnaです。インドネシア映画『Garasi』で主演かつこの映画をきっかけにデビューしたバンドGarasiの女性ボーカルです。

garasi.jpg


2006年に東京国際映画祭で上映されたそうなのでご存知の方も多いかもしれませんが、インドネシア映画『Garasi』を観ました。

仲間とケンカしてバンドから抜けたガイア(Ayu)、パデポカンという民俗音楽を演奏する一家の息子であるアガ、日本留学から逃げてきたアワン(変な日本語Tシャツ着ている笑)の3人がひょんなことからバンドを組むことになり、レコードデビューを目指す青春映画です。

このバンドが意外や意外、かっこいいです。Ayuの歌声がいい。結構激し目のロックですが、見た目は宇多田ヒカルっぽく、雰囲気は『NANA』の中島美嘉のようなクールな感じです。

(この先、ちょっとネタバレありなので要注意)

それにしてもインドネシアぽいと思ったのが、ガイアが実は不倫ゆえの子どもであることが発覚したときに騒ぎよう。やはり倫理観の違いでしょうか。なんか出生のうんぬんってところもちょっと『NANA』っぽいと思いましたが、青春映画としてはなかなかの出来だと思います。Garasi、かっこいいですし、インドネシアではきっとすごい人気なんだと想像できます。

ちなみにこの作品でも舞台はジャカルタでなくバンドン。前回ご紹介したインドネシア映画『From Bandung with love』ももちろんバンドン。映画のロケとしても人気があるのか、それともたまたま連続でバンドンが舞台の作品をみただけなのかな。

Garasi のBukan


Garasi のDiam



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。