. SIAMESE INDY Malaysia
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア映画祭 CineMalaysiaへいってきました
お久しぶりです。

先日まで渋谷にて開催されていたマレーシア映画祭 CineMalaysiaにいってきました。

cineMalaysia1.jpg

鮮やかな水色のポスターがCineMalaysiaのもの


都合があわず1作品しかみられなかったのですが、日本国内でこんなに大規模にマレーシア映画が見られるなんてすごいですよね。

私の東南アジア映画の入口はタイ映画で、日本では一番頑張っている印象があったのですが、マレーシアもきてますね!

今回、私が観た作品はSonglapという乳児売買の組織で働いている兄弟の話で、ドラマとしてもしっかりして見ごたえがありました。劇場にも人が結構入ってました。

映画館ではマレーシア映画関連グッズも販売していてしっかり購入してきましたよ。マレーシア映画の勉強もちゃんとしなくっちゃ。


スポンサーサイト
そうだ、京都へ行こう 「女性らしさ」の冒険――「愛しい母」ヤスミン・アフマドの思い出とともに
さて、ユーロスペースでヤスミン作品を楽しんだ後はこんなシンポジウムはいかがでしょう?

シンポジウム 「女性らしさ」の冒険――「愛しい母」ヤスミン・アフマドの思い出とともに

こちらは東京ではなく京都での開催ですが、ヤスミン作品をさらに楽しむのに役立つ発表がありそうですね。
しかも、ヤスミン作品のヒロイン、シャリファ・アマニさんもいらっしゃるとのことで面白い話が聞けそうです。

タイ映画でもこういうのやりたいですねー。

詳細は上のリンクからどうぞ。
主催は、マレーシア映画文化研究会です。リンクありがとうございます!


ユーロスペースでヤスミン・アフマド監督レトロスペクティヴ
御無沙汰してます。
仕事が忙しく更新できてませんが、私はなんとかやってます(苦笑)。

さて、簡単なお知らせを。

今月中旬に渋谷のユーロスペースで「ヤスミンの世界 ヤスミン・アフマド監督レトロスペクティヴ」が開催されます!

ヤスミン監督の作品が一度に観られますよ。
私も土日のどちらかに出たいなと思ってます。
『タレンタイム』は号泣なので、独りでみなきゃ(笑)。

詳細はこちらをどうぞ。

ヤスミンの世界 ヤスミン・アフマド監督レトロスペクティヴ


ヤスミン・アフマド監督作品に関する記事
マレーシア映画文化研究会のブックレットでも書いていらっしゃる野澤喜美子さんのヤスミン・アフマド監督作品についての記事が、映画専門大学院大学のホームページから読めます。

ヤスミン・アフマド監督の名前はよくきくけど、作品みたことないなどという方にはその魅力が伝わる内容です。

"「Cre Biz」クリエイティブ産業におけるビジネス研究 第5号"
から
「映画を信じられなくなった人たちへ―― ヤスミン・アフマド監督が照らす光 ――」
をクリック。

他の映画研究論文も読めますよ。


ヤスミン・アフマドの世界2『細い目』『グブラ』『ムクシン』に寄稿させていただきました
続きまして、今年2度目のうれしい東南アジア経験は、これまたマレーシア映画。

おいっ、お前はタイ映画じゃないのかとつっこまれそうですが、マレーシア映画も面白いんですよ。

というわけで、以前も少し書きましたが、大阪の民族学博物館で上映されたヤスミン アフマド監督の『タレンタイム』を観て来ました。ついでに言いますと、この上映にあわせましてマレーシア映画文化研究会から発行されましたヤスミン・アフマド監督のオーキッド3部作『細い目』『グブラ』『ムクシン』がさらに面白くなる


ヤスミン・アフマドの世界2『細い目』『グブラ』『ムクシン』

sepet.jpg

というブックレットに寄稿をさせていただいております。

私の書いたもののタイトルは「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」といいまして、『細い目』で流れるタイの音楽を中心にヤスミンとタイの関係について書かせてもらいました。マレーシア映画をマレー、中華、タミルなどそれぞれの専門家が解説をされ、作品を見終わった後に読まれるとさらに作品が楽しめるブックレットです。ぜひお手に取ってご覧ください。

タイ映画にもこういった研究会があったらいいなと思う今日この頃です。
映画専門大学院大学でマレーシア映画講義受けてきました。
御無沙汰してます。

ってのが最近のエントリーの始まりに必ず付いてしまうのは切ないですが。。。

年明け早々、怒涛の仕事三昧で、徹夜ありの、会社の床で寝てみたり家まで遠いからカプセルホテル泊ってみたりと、まあよく働いています。こんな御時勢なのにね。

というわけで御無沙汰してますなのです。

さて今年もあっというまに1か月半が過ぎようとしてますが、それでもそこそこ充実した東南アジア映画生活は送れているかと思います。

まずは1月上旬、ネットサーフィンしてたら映画専門大学院大学の公開授業というのを見つけ、それがたまたまマレーシア映画の回。しかもマレーシア映画文化研究会に書かれていた深尾淳一先生のクラスで、これはっということでさっそく予約、授業をうけてきましたよ。物腰の柔らかい先生で、前週にタイとベトナムの映画を扱ったそうで、その話もちらほらと。そちらも是非でてみたかったです。

マレーシア映画の講義は主にニューウェーブが中心で、このあたりはもともと好きだったのでふむふむ。でもなにより良かったのはマレーシア映画史を体系的にみられたことだと思います。少しですが、マレーシア映画の全体像が見えてきた気がします。当然ですが、タイと発展の仕方が違いますよね。やっぱり映画って各国の政治や社会と関係が大きいんだなーと改めて実感。久しぶりに学生として教室で学べてちょっと嬉しい1日でした。
タレンタイム@みんぱく(大阪)
いまさらなのですが、あけましておめでとうございます。

早速、なかなか更新のないブログなのですが(苦笑)、本年も気ままな更新になりそうですが、どうぞ宜しくお願いいたします。

さて、これまたショートノーティスで申し訳ないですが、明日1月22日に大阪の万博記念公園にある国立民族学博物館にて、ヤスミン・アフマド監督の『タレンタイム』が上映されます。素晴らしい作品ですので、ぜひ多くの方にご覧いただきたいですね。

私も出没予定です。では会場で!

詳細はこちら
http://www.minpaku.ac.jp/museum/event/movies1101.html

マレーシア土産 その3
マレーシアお土産に本も大量に買ってしまいました。
重いのにね・・・でもなかなかマレーシアの本は日本じゃ買えないからこの機会を逃すまいと。

スリヤKLCCの紀伊国屋で購入したので、一般的なマレーシアの書店がどうかはわかりませんが、
英語とマレー語、中国語のコーナーにわかれていて面白かったです(紀伊国屋なので日本語コーナーもありましたが)。

マレーシア人にとっての英語がどの程度普及されているのかは知らないのですが、
とにかくたくさんの英語の本がでていて観光客でも本が買えてうれしいですね。

今回、調子に乗ってこんなものをお土産に買ってきました。といっても英語の本を読むのはやはり日本語とは比べられないくらい遅いので、いつになったら読み終えるのか・・・ですが(笑)

映画関係

yasmin ahmad films
YASMIN AHMAD'S FILMS
ヤスミンの作品を扱った本があるなんて嬉しいですね。ヤスミンが亡くなった後に書かれたものです。

120 malay movies
120 MALAY MOVIES
正直日本でマレーシア映画ってほとんど知られていないと思います。入門として読んでみたい。

peranakanculture.jpg
PERANAKAN CULTURE
あの鮮やかなペラナカン風な色が好きです。せっかくだから勉強してみたいなととった1冊

NEWS_Majapahit.jpg

Found-in-Malaysia-book.jpg

generation.jpg

上記3冊はマレーシアに関する最近のいろんな意見が書かれた本みたいです(まだ裏表紙の内容だけでまだ読んでません)。こうした批評がマレーシアでどこまで許されているのか興味深いですね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。