. SIAMESE INDY セミナー・講座
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月~ 日本各地でウティット・ヘーマムーン氏講演会が開催されます。
開高健記念アジア作家講演会シリーズ19として国際交流基金主催で、タイの作家ウティット・ヘーマムーンさんの講演会が、東京、福岡、大阪、そして函館で開催されます。

ウティット氏は「2009年、3作目となる長編小説『ラップレー、ケンコーイ』で東南アジア文学賞とセブン・ブック賞を受賞した気鋭の若手作家。」とのこと。講演内容も面白そうです。文学のみならず広く芸術に長けた作家さんだそうで、ぜひ講演をききたいのですが。
でもなぜか東京だけが平日なんですよね・・・
19時~なので時間的に定時外ですが、そんな定時ぴったりに仕事が終るなんてここ数ヶ月ないし・・・厳しいだろうな。あらかじめこの日は早く帰るって宣言しておこうかななどと今から考えております。

詳細はこちら。

国際交流基金:開高健記念アジア作家講演会シリーズ(19) タイ


スポンサーサイト
今日はタイ・セミナーの日!?
たまたまなんでしょうが、今日は2つもタイ関連のセミナーがありますね。

まずは
タイ国商務大臣によるセミナー及び懇親レセプション(PDFファイルです)

以前、アピシット首相が自ら来日し、日本に向けタイの安全性を述べましたが、
その後、またすぐにデモ、そしてパタヤのアセアン関連会議がつぶれてしまいました・・・

なのでまた大臣がきて説明をなさるのでしょうか。
なんか・・・毎度、大変ですよね・・・。
(※ちなみにセミナーの申し込みはすでに終了してます)

そして夜には以前もご紹介したArt-U roomさんで開催中のカミン・ラーチャイプラサートさん「Beyond... (sculpture)」展にてレセプションとチェンマイ大学美術学部教授 Uthit Atimana 氏によるゲストトーク があります(ま、こちらはセミナーではないですが・・・)。

詳しくは

Art-U room: カミン・ラーチャイプラサート Beyond... (sculpture)

私は、希望としては両方とも行きたいと思ってます。少なくともお昼のほうは、今回は仕事の一貫として堂々といけるんです♪

皆様もよい金曜日を!


おとといジェーン・ベヤジバさんの講演会に行かれた方はいませんかー?
実は数週間前にタマサート大学で講師をしている友人から一通のメールをもらいました。

それが

Invitation to Public Lecture 1/2009
The Happiness of Kati
Speaker
Ngampan Vejjajiva
Thailand’s S.E.A. Write Awardee

そう今年映画化もされ話題となった『タイの少女・カティ(The Happiness of Kati)』の原作者ジェーン・ベヤジバ(Ngampan Vejjajiva)の講演会なんです。

別に私が個人的にいただいたわけでなく、いわゆるタイ研究家の人たちへのメールだったわけなんですが、ひとりで「いきたーい!」と思ってました。

この講演会は一昨日の3月31日にタマサート大学のPridi Banomyong International Collegeで開催されたのですが、事前にホームページなどをチェックしてもどこにも情報がのってなくて、だからもしかしたら招待客のみのセミナーなのかもと思い、あえてブログでは事前にご紹介しなかったのです。(でもPublic Lectureなんだからきっと公に開かれたものだったんでしょうね。)

もしかしてバンコクにお住まいのこのブログの読者の方で、いらっしゃった方がいるかもと思い記事にしてみました。いらっしゃったら、ぜひどんな内容だったのかきいてみたいです!

日本でも探せばタイ・イベントはありますが、やっぱり現地にいないっていうのはたくさんのことを見逃すことになるんだなーと感じます。


『東アジア経済統合におけるメコン経済圏』シンポジウムの申し込み受付中
財団法人貿易研修センター(IIST)により、1月21日(水)に東京・虎ノ門で開催される公開シンポジウム『東アジア経済統合におけるメコン経済圏』の申し込みが現在受付中です。
日メコン交流年事業ですね。申し込みは19日必着、先着100名までとのこと。無料です。

以下のプログラムはIISTの公式ホームページからです。
個人的には白石先生のお話を聞いてみたいです。でもお仕事なので無理なのですが・・・。

詳細はこちらから
財団法人貿易研修センター(IIST):『東アジア経済統合におけるメコン経済圏』(PDF)

たまには学術的な話題もということでした。

---------------

【プ ロ グ ラ ム】

「東アジア経済統合におけるメコン経済圏」

13:30 開会

13:30~13:35 主催者挨拶 貿易研修センター専務理事 赤津 光一郎

13:35~13:55 開会講演
◆黒田 篤郎 氏 (経済産業省 通商交渉官)
「東アジア経済統合・インドシナ開発と日本の役割」

13:55~14:15 基調講演
◆白石 隆 氏 (政策研究大学院大学 副学長・教授/研究会座長)
「東アジア統合とGMS 開発」

(休憩15分)

14:30 ディスカッション
<モデレータ> 白石 隆 氏

14:30~15:30 プレゼンテーション
◆浅沼 信爾 氏(一橋大学 客員教授)
「ASEAN インフラ共同体構想」
◆工藤 年博 氏(アジア経済研究所地域研究センター東南アジアⅡ研究グループ長)
「メコン地域における国境経済圏の可能性」
◆高島 正之 氏(三菱商事 顧問/アジア物流開発 代表取締役)
「アジアのシームレス物流」
◆原 洋之介 氏(政策研究大学院大学 教授)
「経済統合下の小国の課題 -ラオスを中心にして -」

15:30~16:50 *討議・質疑応答
コメント
◆荒木 義宏 氏(日本貿易振興機構 海外調査部主査)
◆岩城 良生 氏(NPO メコン総合研究所 事務局長)
◆ケオラ・スックニラン 氏(アジア経済研究所開発研究センター研究員)
◆多田羅 徹 氏(青山学院大学 客員講師/前アジア開発銀行メコン開発室長)
◆ド・マン・ホーン 氏(桜美林大学経済・経営学系 講師)
◆廣畑 伸雄 氏(山口大学大学院 技術経営研究科准教授)

16:50~17:00 モデレータの取りまとめ

17:00~ 閉会 以上

---------------

第3回アジア美術館長会議に行ってきました。
先日ご紹介した第3回アジア美術館長会議へ行ってきました。

AAMDF1_025.jpg

初日のセッション1「美術館とコレクション」のみだったのですが、とても面白かったです。

モデレーターをする予定だったタイ文化省内コンテンポラリーアート事務局長のアピナン・ポーサヤーナン先生は残念ながら都合でいらっしゃらなかったのですが、バンコク芸術文化センター(Bangkok Art and Culture Centre=BACC)のチャトウィチャイ・プロマートハッタウェティ館長が発表者のおひとりとして、まだできて3ヶ月ちょっとのバンコク芸術文化センターについてプレゼンテーションをされました。

AAMDF2_025.jpg
チャトウィチャイ先生です

ちなみに、BACCは以前このブログでもご紹介しましたが7月末にオープンしたばかりの現代美術を中心とした11階建ての美術館・文化センターで、バンコクの商業地区サイアムにあります。MBKとサイアムディスカバリーセンターという大きな商業施設にかこまれ、BTSナショナルスタジアム駅からもすぐというかなりよい立地条件の場所に建設され大きな話題となりました。ちなみに東京の現代美術館は木場にあり、最寄の木場駅・清澄白川駅からも15分以上歩くため、立地に関してはあまりいい評判をききませんね・・・個人的にはあの辺りは落ち着いてて好きなのですが。

リンク: Bangkok Art and Culture Centre

"WHOSE ART IS IT ANYWAY?"と題され、BACCの設立背景や概要などを話されたのですが、私にとって特に興味深かったのが、館長さんがこの場所をいわゆるファインアートだけにとどめてないってところでした。映画だったりファッションだったり音楽だったりそういうのをふくめてアートなんだと。その点はまさに私の修論にピンポイントなんですよね。発表の後には他国の美術関係者などからもその点に関して質問が挙がってたので、やはりまだ抵抗がある方もいらっしゃるのかな。最近のタイのアーティストがいろんな分野を超えて活動したり、コラボしているのは、もしかしたらとっても「タイっぽい」のかも知れないですね。

プレゼン終了後にはチャトウィチャイ先生にご挨拶に伺い、少しだけですがお話できました。

AAMDF4_025.jpg

会議の場所は国立新美術館の3Fの講堂でした。新美術館は初めてだったのですが、地下鉄・乃木坂駅からつながってるのはいいですね。1階のカフェスペースがどこか社員食堂ぽくって個人的にはいまいちでしたが、外観はけっこう好きです。ちょうどピカソ展と日展が開催されていたので朝早くから結構な数の人がいました。

ところで、国立新美術館を新国立美術館といいまちがえちゃうのは私だけでしょうか(笑)。


来週の第3回アジア美術館長会議にはタイの美術館長も。
来週の11月20日、21日と六本木の国立新美術館にて第3回アジア美術館長会議が開催されます。

アジア美術館長会議はアジア美術が直面する諸問題とアジアの美術館の発展について話し合う会議で、一昨年に北京で第一回目をむかえ、去年はシンガポール、そして今年は東京で開催されるとのこと。これはなかなか貴重なチャンスじゃないですか~。

しかも参加無料ときています(ただし事前申し込みが必要です)。ただ平日の朝からなのでなかなか参加するのも難しいですよね・・・私も行けるかどうかわかりませんが、かなり自分の関心に近いところですので気になってます。

会議の内容が内容なので、タイアートに特化した議題はもちろんありませんが、セッション1「美術館とコレクション」にてモデレーターをタイ文化省内コンテンポラリーアート事務局長のアピナン・ポーサヤーナン先生がつとめられ、バンコク芸術文化センターのチャトウィチャイ・プロマートハッタウェティ館長が発表者のおひとりになってます。もしかしたらタイアートの話も出るかもしれませんね。他にも個人的にはかなり興味深い発表がありますし・・・いきたいなぁ。

詳細はこちらよりご確認ください。事前予約も下記のリンク先よりできます。

第3回アジア美術館長会議ホームページ


残念っ!
ブログを始めたばかりの頃、ご紹介した
東京外国語大学のタイ語学科、宇戸先生による
一般向けタイ映画講座

残念ながら、開講されないとの連絡がきました。

受講人数が一定数に届かなかったそうです。

って、
どれだけ少ないんだっ!(苦笑)

なんか、悲しいっすね。

開講されないのも悲しいけど、
興味を持ってる人が少ないのを、
こういう形で知ってしまったのがもっと悲しい・・・。

こりゃ、ちょっと気合を入れて、
タイ映画を盛り上げないといかんかなー。

舞台はタイ!
今日は、前にも紹介した

JFサポーターズクラブ 2008年3月のイベント案内
アジアの現在(いま)を旅するトーク ~タイ式カルチャーの魅力~

へいってきました。

JFサポーターズクラブ向けのイベントなので、
主に国際交流基金バンコク文化センターの事業の紹介が多かったです。

今でこそ映画ばかり観ている私なのですが、
実は高校の頃、演劇をやっていたこともあり、
国際交流基金の舞台演劇事業にとても興味を持ちました。

これでも一応、演劇少年だったのです…へへ。
高校の頃は東京サンシャインボーイズとか、キャラメルボックスとか
社会人になっても友達に連れられて、小劇場を中心にけっこう観てました。
下北とか中野とか高円寺とか、よく行ったなー。

野田秀樹さんの『赤鬼』は、
タイの俳優が出演してるのもあって、
ずっと見にいきたいと思ってたのですが、
超人気でチケットが取れず観にいけなかった作品。

また、2006年に私がバンコクに留学していた際は
私がいた大学の学部に、
(しかも、まさに私が学んでいた教室の1階上にあった小さな劇場に)
平田オリザさんが来て、『東京ノート』を上演されました。
無料で平田オリザさんの劇が見られるなんて、日本じゃありえないですよね!

演劇好きなら(いや、そうでなくても)、
野田秀樹さんや平田オリザさんがどんだけ大物かご存知だと思います。

両方とも、国際交流基金さんが深く関わっていたようで、
これに関しては、さすが!と、うなってしまいます。

タイでは毎年、演劇祭も開催されているのですが、
正直、舞台演劇に関しては、まだ日本ほど盛んではありません。

しかし、
昨年はあの『キャッツ』がバンコクにきて大きなニュースにもなりましたし、
(つまりEsplanadeに新しい劇場ができたし、)
パトラヴァディー・シアターのような、面白い公演を行なってる劇場もあります。
最近では、マカンポンシアターという昔から活動しているコミュニティーベースのシアターグループに日本人の方が関わってたり、(すみません、私は未見なのですが…)、
あとは、Pichet Klunchunさんのような世界を舞台に活躍する舞踏家が現れたりと
タイ舞台の世界にも新しい動きが徐々に出てきているようです。

もともと、ラコーンやリケーといった庶民向け演劇の基礎ができているタイの舞台、
これからさらに面白くなるのではないかと、ひそかに楽しみにしております。

留学中に舞台もちょこちょこ見てたので、いずれご紹介できればと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。