. SIAMESE INDY タイ映画
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代タイがわかる⁉︎タン・ウォン~願掛けのダンス


東京国際映画祭で次に見たのは、

タン・ウォン~願掛けのダンス

“タン・ウォン”とは踊りを始める前に構えるポーズのこと、とのことで、タイ舞踊の話かなと思いきや、けっこうしっかりとした社会的メッセージが込められたドラマでした。

とはいえ、重いストーリー展開ではなく、タイの高校生を通した『タイ』という国への批評が感じられました。

日本をはじめ、韓国やシンガポール、西洋との関係。タイ国内の問題、エリート教育やいじめ、カトゥーイ(オカマ)など…現代タイに向かい合うバンコクの若者が等身大で描かれていました。

外国人である日本の観客がどう見たのか、ある意味、興味深いかも。

あっという間に閉幕を迎えた東京国際映画祭のタイ映画特集。

皆さんは楽しみましたか?

スポンサーサイト
秋の夜長にタイ映画を。先生の日記 みてきました

ようやく東京国際映画祭のタイ映画特集を見に行けました!

平日のサラリーマンには、夜しか空いてる時間がないのです…汗

先生の日記。

ホント、タイ映画ってこういうの御上手と関心してしまうハートウォーミングストーリーです。フェーンチャンの監督のひとりだもんね。

かわいいのひとことにつきます。久しぶりにタイ映画の世界にどっぷりはまれました。

怪我してあんな色の河泳いだら破傷風なってもしらんよーとか思わせないキュートな先生と子どもたち。デジタルに囲まれてるからこそ、日記や手紙が余計にロマンチックなツールなんだとしみじみ。

元気がチャージされ、たまには仕事帰りに映画をみてみるもんだと思いました。

ちなみに場所は日本橋。意外と夜は短く、映画を見終わったあとは、お腹を空かせてウロウロしていたのでした…


ラオスに行きたくなる 『สะบายดี 2 ไม่มีคำตอบจากปากเซ From Pakse with Love』
今年一番目のご紹介は『สะบายดี 2 ไม่มีคำตอบจากปากเซ From Pakse with Love』
(すみません、古いDVDを取り出してきまして・・・汗)

アナンダ・エヴァリンハムが主演の『サバイディー・ルアンパバーン』(英題:Good Morning Luang Prabang)に続く第二弾。ただし今回の主演はアナンダではなく、レイ・マクドナルド(Ray MacDonald)です。

第一弾の記事:
『サバイディー・ルアンパバーン』観てきました。

レイ・マクドナルドは個人的に好きなペンエーク監督の『Fun Bar Karaoke』にて主演デビューを飾ったお気に入りの俳優なので、ちょっと嬉しいですね。

前作にも言えましたが、ラオスの観光映画的な要素は大きいですね。特に対タイ人に対する自然と素朴さあふれるラオスのPRといったような・・・。

お話はベタなラブストーリーです。日本人にも受けそうなほのぼのしたストーリーです。

sabaidee21.jpg




やっぱりタイ映画はカワイイ『ม.3 ปี 4 เรารักนาย』
前回の『田舎の先生』が比較的重かったので、次は軽いの観たいななんて思い、DVDコレクションの中から選んだのが『ม.3 ปี 4 เรารักนาย』でした。

m3p42.jpg

ほら見た目が爽やかでしょう?(笑)

MSNのチャットから始まるあたりは2000年代突入です。
バンコクとプーケットを結ぶม.3(中学3年生)のオンラインの淡い恋愛とその兄姉のปี 4(大学4年生)のラブストーリーなのですが、タイってこういった自然な美男美女がいていいなって思ってしまうくらい爽やかなキャストなんです。
あまりにみんな笑顔がまぶしすぎて、自分が年とったのを思い知らされてしまいました(笑)

想像通りの軽いラブストーリーで話は進んでいくのですが、
後半から、怪しい雰囲気に・・・
なんか強引な展開は正直、あまりいいと思いませんでした。
(ネタばれになるので詳細は書きませんが・・・)

若者向けの作品ですかね。一気に観てしまえました。
T-POP音楽たっぷりなところもいいですね。

ม.3 ปี 4 เรารักนายトレーラー


久しぶりのタイ映画は『田舎の先生(ครูบ้านนอก บ้านหนองฮีใหญ่)』
ご無沙汰してます。
4月からだから8ヵ月も更新をサボってました・・・(汗)

新しい仕事、新しい住まいにもだいぶ慣れてきました。
仕事は忙しいですが、やりがいがあり楽しんでいます。

その代わり、タイ映画とはだいぶ縁遠くなってしまい、
これはいけないと思い、余裕もでてきたのでまずは自宅に大量に収集しているタイ映画DVDを取り出してきました。

久しぶりに観たタイ映画は『田舎の先生(ครูบ้านนอก บ้านหนองฮีใหญ่)』です。

kruu bannok

1978年に制作された日本でも知られているタイ映画作品ですが、私が観たのは2010年のリメイク作品。

久しぶりの字幕なしタイ映画に一部イサーン語というわけでかなり頑張りました(笑)

監督はオリジナルと同じスラシー・パータム。校長先生役に国民的コメディアンのマムさんを起用して、お堅いだけでなくクスッと笑える場面も散りばめられてますし、タイ式アクション映画で有名なパンナー・リットクライも出演して華麗なアクション場面もあり、エンターテイメント要素も含まれてました。

一方で設定は当時のままなので、現代東北タイとはまた別でしょうね。雰囲気は懐かしいといいいますか、外国人の私でもひと世代前だなあと感じるものでした。でも久々のタイ映画としてはよいものだったかと思います。政治が不安定なタイでこの作品がリメイクされたというのもなにかあるのかもしれませんね。

来年はもっとたくさんみて追いつきます!(笑)

ครูบ้านนอก บ้านหนองฮีใหญ่トレーラー


2012年の初タイ映画は『レッド・イーグル』でした
みなさま、あけましておめでとうございます。

本当にご無沙汰しております。半年くらい更新をしておりませんでした(汗)。
仕事もバタバタしていたのもありますが、最近はブログ以外にもSNSやらなんやらあって、
そちらを追っかけていて、限りある時間の配分がかわってきてまして、
ブログがおざなりになっていました。スミマセン。

さて、前回最後に更新したのが2011年の7月でした。
そのあと、クアラルンプール、バンコク、台北と3か所ほど海外旅行(うち2つは出張でしたがw)もいってきて、更新したいこともありましたし、また大量に現地作品のDVDなんかもゲットしてきたのですがほとんど観られてません・・・(汗)

というわけで、もう2012年突入です!

今年一発目の映画は、タイ映画『レッド・イーグル』でした!

redeagle.jpg


タイ映画史上の映画スター、ミット・チャイバンチャー主演で60年代にシリーズ化したレッド・イーグルが、2010年に、ウィシット・サーサナティアン監督によりよみがえった作品。主演も数々の注目作に出演しているアナンダ・エヴァリンハム。彼はタイ映画で今一番、旬な男優さんですね。どれだけ主演するんだってくらいここ数年タイ映画でよく見かける顔です。

私はウィシット・サーサナティアン監督ファンなので、ずっと観ようと思ってて見逃していた作品(たぶん、うちのどこかにタイで買ったDVDが眠ってるはず・・・笑)。さて、その『レッド・イーグル』は日本の映画祭などでもかかっていたのですが、このたび、日本でDVD化されたとのことで、即購入で観ました!この勢いが大切ですね(笑)

感想としては、まあよかったなというところです。正直、いままでのウィシット作品とは雰囲気が違い、期待していたのとは異なっていたけど、アクション映画として楽しめました。それにしても、原子力発電所建設の賛成派と反対派の対立というのは、今の日本を予見していたかのような、なんともいえない気持ちになりました・・・。ただ最後の終わり方だけはズルい!あとスポンサーへの配慮とかは苦笑モノです。

レッド・イーグルのアクションヒーローとしての存在の仕方が興味深いと思います。普通に悩む繊細な現代のヒーローです。



というわけで、細々と更新していこうと思いますので、みなさま今年もよろしくお願いします。
今年も良い作品がたくさんみれますように。

今週~来週末は第3回アジアンクィア映画祭で東南アジアの映画を。
7/8(金)~10(日)、15(金)~17(日)に六本木のシネマート六本木にて第3回「アジアンクィア映画祭」が開催されます。

タイ映画も『ジェリーフィッシュの恋』(Yes or No อยากรัก ก็รักเลย)が上映されますね。
それ以外にもシンガポールやフィリピンなど東南アジアの作品も多いので、一度に観られるチャンスですね。
ヤスミン特集とも重なるし、忙しい週になりそうです。

上映作品やスケジュールの詳細はこちらから。

第3回「アジアンクィア映画祭」
  

Yes or No อยากรัก ก็รักเลยのホームページ




『萌えるタイ読本』に記事を書きました。
ずっと仕事でバタバタで更新できてません・・・ブンミおじさんをみにいったこと、家でもいくつかタイ映画DVDをみたことなどなど書きたいことはあるのですが、あっという間に時間ばかりが経ってしまいます。ま、とはいえ映画を観る時間があるということは、ブログ更新する時間もあってしかるべきなんですけどね(笑)

さて、今日はちょっとしたご報告です。

以前、『このタイ映画がすごい!2009』に書かせていただいた際にお世話になった発行人の小泉さんよりお声掛けいただき、このたび『萌えるタイ読本』に寄稿させていただきました。

moeruthai2011.jpg


残念ながら私のパートは萌える要素ゼロです(笑)。

タイの映画館入門というか、タイに旅行で行く方などに向けて、ぜひタイ映画を映画館でみてほしいな、その際にちょっと知ってたら役立つかなといった内容のものを書いてます。このブログに来てくださる方はすでにおなじみのことばかりかもしれませんが、よかったらぜひ手にとって見ていただけると幸いです。

ちなみに『このタイ映画がすごい!2009』は電子書籍版が最近出たそうです。そちらもよろしければどうぞー。

詳細は下記の萌えるアジアさんで。

萌えるアジア




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。