. SIAMESE INDY タイアート
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ピナリー・サンピタック:紙の痕跡と空飛ぶ立方体』@Art-U room
すっかり忘れてました。あと一週間しかないので終わる前にお知らせをば。
私も出張続きで行きそびれてました。明日あたりひょっこりいってみようかな。

東南アジアのアートにお強い青山のArt-U roomさんでただいま、タイ人アーティスト ピナリー・サンピタック(Pinaree Sanpitak)さんの紙の痕跡と空飛ぶ立方体(Paper Traces and Flying Cubes)展が開催しています。

Art-U roomはピナリーさん以外にもカミンさんなどタイの現代アートを日本に紹介されている先駆者ですね。

詳細はArt-U roomのホームページより。羽根の生えた籐、面白そうです。

Art-U room


スポンサーサイト
『ロマンス』ももちろん読みましたよー
こちらも忘れちゃいけませんね。
タム君の新作『ロマンス』ももちろん読みましたよー。

romance_020.jpg
copyright: Wisut Ponnimit

タム君の作品の中でも特に日本人ファンが好きなジャンルではないでしょうか。
いいですよー。ほろりとさせられます。

僕が特にすきなのは「ラブエレベーター」。
なんかタイミングとかすれ違いとか、人生っていろいろありますよね・・・
なんって、ひとりでしみじみしちゃました(苦笑)

アニメーションもあるみたいです。音楽もついてアニメもよいですね。



やっぱタム君、いいわ。


アピチャッポン・ウィーラセタクン「NATIVE LAND」展いってきました。
もう2~3週間前なのですが、アピチャッポン・ウィーラセタクン 個展「NATIVE LAND」へいってきました。
まだ桜が満開になる前だったので、かなり前ですよね・・・

すみません。最近、平日は(ときには土日も)仕事でクタクタで、
すっかり筆まめ(キーボードまめ)でなくなってしまってます・・・。
ま、仕事があるのはよいことなのか!?なんて疑問の毎日ですが(苦笑)。

会場は谷中のSCAI THE BATHHOUSE。元銭湯のギャラリーで、外見も入り口もいい雰囲気です。
私は日暮里駅から花見をしつつ、散歩をしながら訪ねたのですが、ポカポカで気持ちの良い道のりでした。

携帯カメラなので画質は悪いですが・・・。

お花見しつつ・・・
10-03-27_004.jpg


会場のSCAI THE BATHHOUSEです。

10-03-27_005.jpg

10-03-27_006.jpg

10-03-27_007.jpg

映像インスタレーションと写真の展示でした。
まったりと映像をみながら、アピチャッポンワールドに浸れました。

ってすみません。すでに会期は終ってます・・・。
どんな内容だったのか知りたい方はこちらをどうぞ。

SCAI THE BATHHOUSE:アピチャッポン・ウィーラセタクン 個展「NATIVE LAND」

『ナブアの亡霊』(Phantoms of Nabua)(←火の玉サッカーのほう)は以前、別の映画祭でも拝見しましたが、
もうひとつの映像作品は初見だったような気がします。
アピチャッポンワールドのようにまったりとした空間で、
なんかとても居心地がよかったです。

帰りは上野までぶらぶら歩いて帰りました。意外と近くてびっくり。
今度、あのあたりゆっくりと散策してみたいです。


パユン・ワラシャナナンさんの『代官山でつかまえて』展のオープニングにいってきました。
先週の金曜日、仕事をこっそり抜けて(!!)、パユン・ワラシャナナンさんの『代官山でつかまえて』展のオープニングにいってきました。

daikaiyama.jpg

代官山は今回で3度目・・・というわけで土地勘が全くないんです。ホームページで簡単に地図をメモってきたのですが、まあ、見事に迷ってしまい友人のナビでなんとかギャラリーに到着できました(ありがとうございました)。

ギャラリーSpeak Forも白くて広々とした素敵な空間で、パユンさんの作品とぴったりです。代官山はやっぱりお洒落な街ですね。道に迷ったお陰で(笑)、細い道(タイで言うソイですね)などに入っていって、かわいいカフェやらおしゃれな服屋さんをたくさんみかけました。バンコクのソイを歩くようなそんな楽しみがある街です。

そんなパユンさんの『代官山でつかまえて』展、とってもいいです。さすが売れっ子イラストレーター、どの作品そのまま代官山を題材とした本の表紙になりそうです。私は代官山は詳しくないので、ここはどこなどとはわからなかったのですが、それでも魅力的な作品です。代官山好きな方ならなおさらでしょう。

しかもですねー、ちょっと下世話かもしれませんが、作品のお値段が安いんです。1万円から3万円くらいですよ。これなら安月給の私でも手が届くではないですかー。あんなかわいい絵がある生活はプライスレスです。

ギャラリーにはパユンさんの大学の友人と先生とみられる方がたくさんいらっしゃって記念撮影などしており、とってもほっこりした空気が作品と相俟って幸せな空間ができてました。

私は仕事に戻るため、それほどゆっくりはできなかったのですが、会期中にもう一度いってもいいなーと思ってます。グッズも気になったのがあったけど買えなかったし、イラストもほしいなー。

おすすめです。みなさんも是非どうぞ!

catchmeindaikanyama.jpg


今日からパユン・ワラシャナナンさんの『代官山でつかまえて』展
来月15日からパユン・ワラシャナナン 『代官山でつかまえて』展で前にも紹介しましたパユン・ワラシャナナンさんの『代官山でつかまえて』展がいよいよ今日からオープンです。


catchmeindaikanyama.jpg

タイでは売れっ子イラストレーターなのに日本留学というのは実に面白いですね。彼女が見た日本はどう写っているのか楽しみです。

詳細はこちら。
Gallery Speak For: パユン・ワラシャナナン 代官山でつかまえて


会期およびオープン時間:2009年5月15日(金)- 27日(水)11:00-20:00
ただし、最終日は18時までとのこと。

こちらはSorrySorryのブログ
SorrySorry



「Beyond... (sculpture)」展いってきました。
すっかり大型連休も終わり、忙しい毎日です。
で、いまさらなのですが、ゴールデンウィーク中にいってきましたよ。

art U0
copyright: Art-U Room

カミン・ラーチャイプラサートさんの「Beyond... (sculpture)」展です。
いつか行こうと思ってたら、あっという間に最終日でした。ギリギリセーフ。

artU1_011.jpg
Art U roomさんは青山の大通りからちょっと入ったところにあります。ギャラリーばかりが入っている真っ白な建物の3Fです。

artU2_011.jpg
最終日ということもあり、人はあまり入ってませんでしたが(私がいる間に2人ほどちらっと観ていかれた方がいらっしゃいました)、その分、ゆっくりみられたかも。というか、ギャラリーってそんな混んでるイメージないですもんね。

作品はカミンさんらしく仏教(仏像)の中で、現代社会が表現されてました。お金とか車とか人間の欲がところどころにみられたり、ハートが空洞になっていたりと面白く拝見しました。東京でタイの現代アートを満喫できるギャラリーがあるのは嬉しいですね。

Art-U room: カミン・ラーチャイプラサート「Beyond... (sculpture)」


『ヒーシーイット アクア』関連イベント情報@ナナロク社さんブログ
昨日、タム君の『ヒーシーイット アクア』をご紹介したのですが、ナナロク社さんのホームページにもっと詳しい関連イベント情報がありました!

28日(木)の青山ブックセンターのイベントだけでなく、別の場所でもあるようです。簡単にご紹介。

マンガ家のしまおまほさんとトーク+サイン会
時間:5月23日(土)15時00分 ~ 
場所:ブックファースト新宿店 

サイン会+特典:イラスト入りチェキ写真付
時間:5月27日(水)18時00分 ~ 
場所:リブロ渋谷店 特設会場(渋谷パルコパート1 B1F)

マンガ評論家の夏目房之介さんとタムくんのトークショー+サイン会
時間:5月28日(木)19時00分 ~ 
場所:青山ブックセンター 本店

ドローイングパフォーマンス+サイン会
時間:5月30日(土) 15時00分 ~ 
場所 :リブロ 名古屋店

ホームページによると、どれもその書店で対象商品を購入すると
整理券がもらえるしくみになっているようです(名古屋は不明)。

私は青山ブックセンター本店で購入したので28日の整理券はいただいたいのですが、
仕事上、この時間はむずかしいなあー。夏目さんとのトークだなんてとっても面白そうなのに。

まだ、購入されてない方は上記のイベントも考慮して購入してみては。

詳細はナナロク社さんのブログをごらんあれ。
ナナロクのブログ:タムくんイベント情報!

作品の一部をホームページ上で立ち読みすることもできます。
ナナロク社:コミック『ヒーシーイット アクア』


タム君の新作『ブランコ4』&『ヒーシーイット アクア』が発売中
タム君ことウィスット・ポンニミットさんファンには朗報!
なんとタム君の作品が一度に2冊もリリースとなってます!

まずはIKKIで連載中の『ブランコ』の第4巻。徐々に話が進んできてはやく次が読みたいと思っていたところ。また1巻から読み直しちゃおっと。

そしてさらに、昨年11月に谷川俊太郎×御徒町凧×ウィスット・ポンニミット「詩とアニメと音楽となにか。」を主催したナナロク社さんから『ヒーシーイット アクア』がリリースとなってます。

hesheit aqua
copyright: ナナロク社

こちらはタイで有名な『ヒーシーイット』シリーズの第8巻の日本語翻訳版。私は早速青山ブックセンター本店でゲットしましたよー。そしたら5月28日に開催されるサイン会の整理券までいただいちゃいました。タム君、来日するんですね!→詳しくはこちら(青山ブックセンターホームページ)

タイ語版『ヒーシーイット』シリーズは一応全巻本棚に並んでますが、やっぱり日本語で読めるのはいいです。原版にはないタム君のコメントや最後に谷川俊太郎の解説まで。嬉しい一冊です。

『ブランコ4』は青山ブックセンターでは5月4日現在まだ入荷してないとのことでした。4月末日発売なのでもう本屋に並んでるはずなので探さなければっ。

詳しくはタム君オフィシャルホームページをどうぞ
wisut ponnimit web




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。