. SIAMESE INDY バンコク
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコクに非常事態宣言
とうとう発令されてしまいました。

昨晩の深夜(今朝方早く)に反独裁民主戦線(UDD)が市民民主化同盟(PAD)側を襲撃し、死者1名を含む40名以上の負傷者が出たそうです。そして今朝、サマック首相がバンコクに「非常事態宣言」を発令したそうです。

死者までがでてしまうとは・・・。

非常事態宣言発令により、「5名以上の集会の禁止」、「報道の検閲」等があるそうですが、外出禁止令は発出されてないそうで、別のブロガーさんの記事を読んでも、バンコク中心街はいつもどおりの様子だそうです。ただ、カオサンなどのデモ現場に近い場所に行かれる方は、十分に注意されたほうがいいと思いますよ。

日本語での最新のニュースは

バンコク週報さん

タイの地元新聞を読むさん

newsclip.beタイ発ニュース速報サイトさん

などが速いです。

気になります。


スポンサーサイト
タイ映画DVDの買い出し
タイに来た重要な目的のひとつ(!?)、それはタイ映画のDVDを買うことです。
これで日本に帰ってもタイ映画を楽しめますからね。

私がよく行くのは、クロントムというところです。

klongtom.jpg
このクロントムセンターの中や周辺にCD、VCD、DVDを売る店が多くあります。
土日は大きなマーケットが開かれ、日本のガイドブックでは(どこから来たのかわからないような怪しいものも売っているので)泥棒市場などとも呼ばれてます。ちなみに夜はDVD関連の店は閉まってるのでご注意。その代わり大量のコピーDVD店が出店されてます(昼間もですが)。こちらは買っても日本に持って帰るのは違法ですので、買わないように。

さて、タイ映画DVDですが、バンコク中心のチェーン系ショップ(メンポーンなど)でも売ってます。私もよくつかいます。しかし、そういったお店はそのときにリリースされたばかりのものを中心に、数が限られていることが多くあります。

このクロントムがよいのは、ちょっと前のDVDもかなりの在庫があるのと、
値段がバンコク中心のチェーン店より安いです。安いといっても30バーツくらいですが、大量に買う私のようなものには、これが結構な値段になります。だって50本DVDを買ったら、1500バーツ(=5000円弱)も違いますからね!

私のお気に入りはJBICSというお店(VCDがとても豊富)とSHIBUYAという店(こっちはDVDが豊富)です。どっちも日本みたいな名前ですね(笑)。

さて、久しぶりのクロントムなのですが、ちょっと雰囲気が違います。
いつもの行きつけのJBICSやSHIBUYAのある通りが改装されているではないですか。そしてどちらの店も店じまいされてます。

周遊してみると、SHIBUYAに関しては別の場所へ移転されてました。以前より大きな店になってます。残念ながらJ-BICは見つけられず・・・。
結局、他にも何店かめぐり大量に買出しをしてきました。

今回の個人的な一番の掘り出し物はこれです!といっても結構いろんなところで売っていると思いますが。

DSCN0502_025.jpg
『ブンチュー』シリーズのコレクターズボックス版DVDセット!

タイ式☆シネマパラダイスのパンフレットにも書いたのですが、『ブンチュー』といえば80年代半ばからタイ映画界を席巻した青春モノを代表する作品です。シリーズ化され大人気を博しました。そしてなんとその最新版が、来月タイで公開されるのです!(私が日本に帰国した後なのですが・・・)。
それにあわせて、ブンチューの過去の作品がDVDとして発売されているのですが、このコレクターズボックス版DVDセットはまだあまり見かけません。値段も定価よりかなり安くなってて、それにTシャツやポストカード、文房具セットがついているのでちょっとお得です。

ちなみにこのDVDセットシリーズ1,2,5,6,7,8の6枚セットです。なぜかは知りませんが3,4はないんです(権利系の問題なんですかね??)。3,4を個別に売ってる別の店も探してるんですが、まだ見つかってないです。売ってないのかなあ。

ちなみに今回の滞在で買ったタイ映画DVDの数、現時点で50を超えました・・・2月の帰国のときにもうこれ以上荷物はもっていけないと諦めたDVDがかなり安くなって売ってたので大量に購入。さて、また今回も大量の荷物を抱えていかないといけないようです。それに最近はこういったコレクターズバージョンが多くリリースされ、かなりかさばるので持ち帰るのを考えると頭が痛いです。

何も気にせず郵送できるくらい、経済的に余裕を持ちたいものです・・・(苦笑)


[READ MORE...]
サムヤーン市場のいま
チュラロンコーン大学へいったついでに、
以前の「サムヤーン市場が閉鎖!」で書いたサムヤーン市場をみてきました。

samyan1.jpg

もぬけのからです。

samyan2.jpg

さみしいな。
数年後にはここにも高いビルが建っているんでしょうね。

う~ん、さみしいな。

サムヤーン市場が閉鎖!
ショッキング~!

なんとチュラ大生の台所ともいうべきあのサムヤーン市場が閉鎖されたそうです。

サムヤーン市場閉鎖 チュラ大の食堂、43年の歴史に幕

サムヤーン市場はサイアムとは逆側の地下鉄サムヤーン駅近くにある市場。
チュラロンコーン大学・法学部近くです。
1階は普通の生鮮食品なども売っている市場で、2階は食堂。
食堂といってもそのほとんどがステーキ屋というかわったところなどですが、
「ステーキを食べに行く=サムヤーン市場」ってくらい
チュラ大生にはおなじみの市場でした。

文学部とは真逆だったので、しょっちゅう行くことはできませんでしたが、
夕食を食べに友達と結構いきました。
元チュラ大生の友人といったので、思い出とか聞かされたものです。

という私ももう元チュラ大生。
そしてサムヤーン市場での思い出があるんですね・・・
正直、ショックです。涙。

そして、ニュースによると再開発によりオフィスビルになるそうですが、
これまた、がっかりでなりません。

先進国に住んでいるもののかってなノスタルジーやら驕りなのかもしれないですが、
できれば、こういう歴史ある場所は残して欲しいです。

大学周辺の土地をもつチュラロンコーン大学は、
サイアムスクエアの再開発や、サムヤーン駅前のジャムジュリースクエアなど
なんか一気に再開発に手を染めてて、ちょっと悲しいです。
大学の学費などもときどき話題になり
商業主義へ進んでいるようで、ちょっと疑問をもってしまいます。

というのは私だけの考えじゃなく、
文学部の先生なんかともこの話題になったことがあります。
今のチュラ大の学長は、もともと商学部の方であったこともあり
ビジネスのことばかり考えているのでは、なんて思っちゃいます。

大学だって生き残るのが大変なのかもしれないですが、
仮にも国立大。しかも最高学府です。

サムヤーン市場へは、今回のタイ滞在中にも行こうと思っていたので、
閉鎖されたとはつゆ知らず、かなりショックです。

ま、いろいろ変わるのはしかたないのですが・・・。
Bangkok Blog by Panu Aree!
タイ芸能ライター白田麻子さんのブログにて知りましたが、ミニシアター系の映画配給を中心に活躍されているワイズポリシー社のオフィシャルサイトにて、パーヌ・アリーさんがブログをはじめたそうです。日本語翻訳もついています。

Bangkok Blog by Panu Aree

同ブログは、東京ブログ、ニューヨークブログやロンドンブログといった世界中の文化の中心に住む人が書くブログの中のひとつ。バンコクの文化がこうしておもしろいと思われるようになったのは、非常に嬉しいですね。

パーヌさんは以前のエントリーでも書いたことがありますが、タイの大手映画配給会社のバイヤーだけでなく映画監督としても活躍しているマルチな才能の持ち主。日本映画にも造詣が深く、これからどんなブログになるか楽しみです。

ちなみにワイズポリシーさん、東京ブログではシネマート六本木でのタム君ライブについても書かれてます。バンコクカルチャー、日本でもかなり注目されてきているんじゃないですか。

”お気に入り”ブログにまたタイ仲間が増えました。
僕たちのサイアム その1
映画博物館もそうなんだけど、
私にとって、サイアムもちょっと特別な場所です。
ブログ名にするくらいだしね。

2年間、サイアムにある大学に、
ほぼ毎日通ってました。
放課後はよくサイアムをブラブラしたもんです。

タイの渋谷とか、タイの原宿とか形容される
サイアムスクエアは、
バンコクの文化発信地。
若者の中心地。


・・・


だった。

サイアムスクエアには
かつて「センターポイント」と呼ばれる
その名の通り、バンコクっ子の集まる中心地がありました。

小さな噴水があって、待ち合わせ場所としても、大いに賑わってました。

それが、去年、

消えちゃいました。

ちょうど自分が大学院を修了した時期と重なって、
とてもへこみました。

もう、サイアムの時代は終わりなの?

このブログは始まったばかりなのに!?!?

Newsclipsからこんなニュースです。

----

若者の街「センターポイント」、バンコクの大型SCに復活

2008/3/19 (01:23)

【タイ】バンコクの繁華街サイアムスクエアで人気を集めた若者向けショッピング街「センターポイント」が大規模ショッピングセンター(SC)のセントラルワールドに移転し、今年半ばに開業する。名称は「センターポイント@セントラルワールド」。伊勢丹バンコク店の上の7、8階に入居し、7階には若者向けの商品を扱う小売店、8階には小劇場、スタジオなどを誘致する。床面積1万平方メートル、投資額約2億バーツ。

 開発・運営会社のインフィニティ・モールはセンターポイント@セントラルワールドが好評だった場合、同じコンセプトのショッピング街をセントラル・デパートの北部チェンマイ店、中部ノンタブリ・ンガームウォンワン店にも出店する計画だ。

-----

確かにセントラルワールドは新しくて、広くて、きれいだ。

でも

やっぱり違う。

たしかに若者も来るけど、
もっと幅広い年齢層だし。

渋谷109が、六本木ヒルズに移った感じ?
(違う?)

サイアムスクエアのスウェンセンにはかなり通ったし、
映画人はいつも、ニューライトだし、
マンゴータンゴもiberryもここが一番だし、
ソムタムヌアもカントン・スキも、
スカラもリドも、
...

やっぱりサイアムはあのままでいてほしい。

ビバ・サイアム!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。