. SIAMESE INDY 2008年04月
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のアピウィラ
確かにアピチャッポンは、海外の映画祭の常連ですし、
数々の賞を受賞しておりますが、
とうとうカンヌ映画祭の審査員になってしまいました。

快挙ですね。

タイのアピチャーポン監督、カンヌ映画祭で審査員

もはやタイのP’Joeyではなく、
世界のアピチャッポン。

でも、どんなに有名になっても、
それを鼻にかけないから
タイの有名人っていいですよね。

スポンサーサイト
キネマ旬報×タイムービー
ここ数回、タイ映画本を紹介してきたので、
最後にこれも追加しておきましょう。

キネマ旬報といえば、日本を代表する映画雑誌。
そんなキネマ旬報もタイ映画の特集を組んだことがあります。

2005年10月下旬号です(小泉今日子さんが表紙)。

ページとしては、たしか最後の15~20ページほど。
主に、出版当時に公開されたあるいは
公開が控えている作品の紹介が多く、
インタビュー記事なども含まれてます。

日本で観られる作品を扱ったものなので、
マニア的なタイ映画好きには物足りないかもしれないですが、
なんといっても、あのキネマ旬報ですからねー、
かなりの快挙だと思います。

あれから、もう2年半。
タイ映画は日本でコンスタントに上映されてますが、
まだまだファン以外の視野にはあまり入ってない気もします。

だいたい私がタイでタイ映画について勉強してたというと、
たいてい、「ふ~ん・・・」って感じでみられますから(苦笑)。

これからもっと、タイ映画が日の目を浴びるのを願うばかり。

タイを知るための60章
お薦めのタイ映画関連本の紹介ついでに、これもっ!

タイを知るための60章
area studies
copyright:明石書店

いや、ここまで来るともうタイ映画とはほとんど関係ない!といわれそうですが・・・(苦笑)

でもこの本の最終章である60章目はタイ映画の章。
数ページだけれど、コンパクトに現代タイ映画の流れがまとめられてて、わかりやすいです。
インディペンデント映画についても触れられてて、よい感じ。

なぜ、この本をお薦めするかというと、
やはりタイ映画を観るのに、タイのことを知っていると、ひと味もふた味も違った味を楽しめると思うから。

もちろん、タイっぽさを全く匂わせない映画もありますが、
歴史にしても、宗教にしても、地方の状況にしても、都市の若者文化にしても、
背景を知ってると、映画も見ごたえありますね。

この本は、タイ入門ではなく、タイ研究入門です。

今度、初めてタイに旅行に行くから、どんな国か知りたいなーっていう人が手に取ると、
途中で疲れてしまうかもしれません。
(でも、トピックによってはじっくり読めると思う。)

この1冊で、タイの歴史から、政治、経済、社会、文化までひととおりの知識を得ることができます。
私もタイに行く前にこの本を読んで、予習していきました(笑)。

著者の面々は、基本的に学者の方々で、それぞれ専門のことを書かれているので、
「広く浅く」ではなく、「広く、でもそこそこ深く」なってます。
これ1冊読めば、かなりタイについて詳しくなれると思いますよ。

タイ映画を観る眼もちょっと変わるかも!?

アジア映画の大衆的想像力
さらに本の紹介。

ここまで来ると、けっこうアカデミックかつマニアックなのですが、
これまた四方田先生の、「アジア映画の大衆的想像力」です。

asia eiga no taishuteki sozoryoku
copyright:青土社

さすが四方田先生、とても読みやすく、結構アカデミックなんだけど、決してとっつきにくいわけではない仕上がりです。むしろ知的好奇心をくすぐられ、アジア映画好きなら、読破後、満足な気持ちになること間違いなし。

ただ、先生が扱う作品。はっきりいって日本のいち映画ファンが見られる範囲を超えてると思います。
内容を説明しているので、その作品を見てなくても読みすすめていけますが、やっぱり見たくなる・・・(ま、仕方ないんだけど)。

タイトルの「大衆的想像力」が示すように、この本で語られるのは、それぞれの国の大衆に共有される叙事詩的な作品。日本の『忠臣蔵』や『四谷怪談』、中国の『梁山伯と祝英台』、韓国の『春香伝』、そしてタイは『メナーク・プラカノン』。

「メナーク・プラカノン」はニューウェーブのノンスィー監督の『ナンナーク』(これは日本のレンタルビデオでも借りられます)や、ピンパカ監督の『メナーク』といった作品に触れ、話は進みます。
ピンパカ監督の『メナーク』は日本のイメージフォーラムで賞をとってますが、たぶん日本で見られる機会はないのでは・・。

エピックフィルムのみならず、タイならアピチャッポン監督、他にもフィリピンやカンボジアの映画にも触れており、実に知的なアジア映画の旅を楽しめます。

タイの章だけで読むことも可能。
アジア映画の流れの中のタイ映画という観点から読めば、あなたもかなりのタイ映画通になれることでしょう。

ちなみに、本の表紙はタイの「メナーク・プラカノン」です。

アジア映画 知の攻略 思想読本9
昨日にひきつづき、タイ映画本の紹介。

アジア映画 知の攻略 思想読本9
asia movie chinokoryaku
copyright:作品社

映画研究家・映画史家の四方田犬彦先生が編集をされた
東は韓国・中国から西はトルコ・イスラエル、そしてチュニジア(アフリカ!?)まで
ひろーくアジアの映画を扱ったものです。
タイはその一部として扱われています。

「パーフェクト・タイ・ムービーガイド」よりは、もう少しアカデミックな感じですが、
国際交流基金の石坂さんと吉岡さんのよるタイで注目すべき監督の紹介は、
タイ映画入門者から、もうちょっと詳しく知りたい人まで納得の、痒いところに手が届く説明です。

タイ映画のみについて知りたい人には、量的に物足りないかもしれませんが、
アジア映画の流れの中でのタイ映画という視点からみられる知的な映画本です。
特にアジアのニューウェーブ映画監督に興味のある人におすすめ。

「アジア映画の101人」は字引のようにも使え、お家に一冊置いておきたい本です。


パーフェクト・タイ・ムービー・ガイド
たまには、タイ映画関連の本や雑誌の紹介なんかもしてみようかなと。

このブログを読んでくださり、もっとタイ映画やタイの現代文化について知りたいと思われる方もいらっしゃると思います。

そんな方にお薦めなのが、この本です。

パーフェクト・タイ・ムービー・ガイド
perfect movie guide
copyright:アジンコート出版

ピンクの表紙が印象的です。

これは、最近(2000年前後)のタイ映画に関心のある方に、おすすめです。

基本的に、日本で公開・ビデオ化された作品を扱っているので、
読んでから作品をみたり、
作品をみてから、本を読んで知識を深めたりとできます。
インタビューが豊富なので、楽しいですし。

日本語字幕で見られるタイ映画を、
日本語で気軽に読めるタイ映画本で知る。
そういった点で、まさに入門に最適な一冊だと思います。

未公開の作品もいくつか紹介されてますが、基本は日本公開作。
2003年という、タイ映画が東京の劇場で細々とだけれど、確実に上映されるようになり、
「タイ式」が萌芽しはじめたころに発行された
タイ映画好きによる、タイ映画好きのための本といったところでしょうか。

アカデミックな内容を求める人には、物足りないと思いますが、
「タイ映画ってアタックナンバーハーフやマッハ!以外にどんなのがあるの?」
という入門者にはお役立ちの一冊です。

著者の中には、木香圭介さんや白田麻子さんといった、
現在、一線でタイ映画を応援している方々がおり、タイ映画への愛情が伝わってきます。

もっと知りたい方は、ここが詳しいです。


映画館で起立しないと・・・
タイで映画を観ると、必ず経験することがあります。

日本の映画館では経験できないそれは、

映画を観る前に、国王に敬意を表す音楽が流れ、
そのときに起立をするということ。

タイについてあまり詳しくない人に、
タイの映画館状況を話すときは、必ずこの話題になります。

さて、このブログを読んでくださってる人たちの中には、
タイで映画を観たことある人がいると思いますが、
実際、賛歌の最中に起立してない人をみたことがありますか?

この習慣を知らない外国人が、一同起立するタイ人をみて笑ったため警察に捕まっただとか、席を立てと言われて立たなかったタイ人同士でけんか騒ぎになっただとか、
いろいろ、ウワサはきいたことがあるのですが、
実際、見かけることはないですね。

起立しないとどうなるのか?

こちらです。

映画館で席を立たなかった元反クーデター活動家が不敬罪で訴えられる
(「タイの地元新聞を読む」より)

ちなみに、元ネタの2008年4月23日バンコクポスト記事は、こちら
CINEMA ANTHEM Activist denies charge of lese majeste

不敬罪です。

もちろん、今回の事件は、起立をしなかった男性が元反クーデター活動家であったり、
たまたま近くに座って彼を注意した人の怒りを買ったといったことも大いに関係していると思います。

が、やはり立たないと罪になるのか!?

一方、憲法で保障された思想・信条の自由を主張する元活動家男性の主張もわからないでもない。でも、タイに住んだことのある人ならわかると思いますが、王室は別の話。

日本に帰国する前に、タイ研究国際学会というのに出席したのですが、
自分の興味から映画やメディア関連のセッションをききにいきました。
そこで、某有名大学のタイ人学生が、やはりこの活動家と同じような主張をしていました。
彼も以前、映画館で起立しなかったことを語っていました。

タイ人の多くは本気で王室を尊敬しており、だから起立をするのだと思います。

でも、そうでない人も少数ですが確実にいるようです。そして彼らはどうするのか。

面倒になりたくなから起立するという人もいなくはないでしょう。
特別な活動をしなくても、ただ立たないということで、
今回の元活動家の男性のようになってしまうのですから。
だからこそ、そういった人々が我々の眼に触れることは、ほとんどないのだと思います。

私は、映画館で国王賛歌が流れているとき、
起立しながら周りを見渡してしまうクセがあります。やなクセです(苦笑)。

それにしても、興味深いのは、「タイの地元新聞を読む」に書いてあったのですが、

「映画館で国歌が演奏されている最中に席を立つ習慣は、第一次世界大戦中に愛国心と王室に対する忠誠心を発揚する目的でイギリス国内の映画館で導入されていた習慣が、イギリスで学んだタイ人や映画館オーナーによって国内にもたらされ、1970年代から習慣として定着し、今日に至っているという」

ということ。

70年代のどういうタイミングで導入され、
そして映される映像がどう変化していったのか

なんてのを調べていったら、博士論文が1本書けるかもしれません。
てか、もう誰かやってるかな。


タイフェスがくるぞー!
毎年恒例のタイフェス、もうすぐですよ~!

thai fes
copyright:タイ王国大使館

公式ホームページはこちら

今年は、5月10日と11日です。

金欠なので、タイには行けないけど(てか帰ってきたばっかりだし笑)、
ゴールデンウィークはおとなしめに過ごして、
タイフェスに備えようと思います!

タイに住む前は、
お手軽に食べられるタイ料理が一番のお目当てだったけど、
タイで毎日、タイ料理食べてきたし、
今年は、ステージ&文化系ブースを期待してます。

ステージは、「ポテト」、「ヤヤ・イン」、「オフ・ポンサック」、「テーワン・ノベル・ジャズ」の4組です。

何を隠そう、ポテトとオフは私のカラオケの十八番。
(といっても上手ではないのですが・・・恥)

ポテトは、キャッチーなメロディーを奏でる若手バンド。
最初はアイドルぽかったけど、最近は、いいかんじにロックバンドしてます。
みんなで合唱して歌いタイです。(私は歌詞までは覚えてないのですが・・・)

オフは、人気オーディション番組から登場した若手実力派歌手。
歌の上手さからいっても、タイの平井堅だと思います。あっちのウワサもありますし(笑)。
映画「ゴースト・ゲーム」で(準!?)主役を演じてました。
歌、うまいっすよ。

いやーこれはみに行きたいなー。

タイ関連のブースもたくさんくるし、
名刺でも作って、就職活動でもしましょうか。
久しぶりにタイ語もつかえるかな。


神田外語大学 国際言語文化学科主催 映画祭
千葉県幕張にある神田外語大学の国際言語文化学科主催にて映画祭が開催されます。

神田外語大学の国際言語文化学科は、私立大学としては珍しい、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、そしてブラジル・ポルトガル語が専攻できる学科。開設からまだ新しいですが、各語のスピーチ大会を主催したりと、積極的な活動に定評があります。

ホームページを見るに、上映作品は現時点で決まってないようですが、タイ映画のみならず、インドネシア映画、ベトナム映画、ブラジル映画と珍しい作品がみられそうな予感。
ガムラン、タイ音楽、ブラジル音楽の演奏もあるというので、楽しい映画祭になりそうですね。

神田外語大学の最寄り駅、海浜幕張には、幕張メッセはもちろん、大きなアウトレットの三井ガーデンウィーク幕張、タイに住んでた人ならなつかしいカルフール、そしてアジア経済研究所もあり(しかも開催日の第3土曜日なら図書館も開いているよう)、映画を観に来たついでに、ちょっと周辺を散策するのも一興です。当日は、チャリティーフリマや国際親善サッカー大会も開催されるそうなので、まる一日楽しめそう。

幕張では、毎年9月にアジア海洋映画祭という、海をテーマにしたアジア映画祭も行なわれており、何気にこれから「アジア」が盛り上がっていきそうな予感。
私も千葉市民なので、ちょっと期待しちゃいます。

じきに上映作品も決まると思うので、ときどき大学ホームページをチェックしましょ。

-----
「神田外語大学 国際言語文化学科主催 映画祭」

場所:神田外語大学内ミレニアムホール
日時:
5月17日(土)
10:30~12:30 インドネシア映画上映 及び ガムラン演奏
13:00~15:00 タイ映画上映 及び タイ音楽演奏

5月18日(日)
10:30~12:00 ベトナム映画上映
13:30~15:00 ブラジル映画上映 及び ブラジル音楽演奏

入場無料!


タイ式シネマパラダイス 上映スケジュール決定!
タイ式シネマパラダイスの上映スケジュール決定しました!

thaicinema
copyright: エスピーオー

詳細は、タイ式シネマパラダイス公式ホームページからどうぞ。

1ヶ月以上と長くやっているものの、作品数もかなり多いですから、
よーく作戦を練って見にいかないと、見逃してしまうかもしれませんよ。

さて、見たいのをチェックしなきゃ。

ゲストが多いので、誰が来るのか気になります。

やはり見るならゲスト回がいいですね!

Studio 9@Dining Theatre
ギャラリー、そしてカフェにつづき、
今回は、タイ映画をレストランで!です。

こちらも不定期なのですが、
タイ映画財団パトラバディーシアターの共催にて
Studio 9@Dinning Theatreという名で、
タイ短編映画の上映会が行なわれてました。

Studio 9@Dinning Theatreは、
パトラバディーシアターと同じ敷地内にあるレストランでのイベントで、
週末に夕食に舌鼓を打ちながら、パフォーマンスアートも楽しめるといったものです。
短編映画上映はそのひとつ。
他にも、ダンスだったり音楽だったりいろいろあります。

場所は、チャオプラヤー川沿い、ワット・ラカンのすぐ近くです。
タマサート大学(タープラチャン)もしくはワットプラケオ(ターチャン)から渡し舟にのって、
対岸に到着したら、そこから歩いて3分程度。

ここのレストラン、雰囲気もよく観光、デート、ちょっとオシャレにお友達との集まりにも最適。私もけっこうお気に入りです!味もいけます。

パトラバディーシアターでは、舞台芸術はもちろんのこと、
ギャラリー、ワークショップ、アーティストレジデンス、
そしてレストランにこういった食事をしながら楽しめるアートと、
幅広く面白い企画を提案している劇場です。
(劇場自体については、長くなるのでまた別の機会にでも書きます。)

さて、現時点ではやってないようですが、
ここで週末にタイ短編映画を流すイベントが行なわれてました。

タイ映画財団が共催なので、タイ短編ビデオ映画祭での優秀作の上映が多いですが、
それ以外にも注目の映像作家を特集したり、テーマごとの上映があったりと、
結構おもしろい上映をおこなってました。

こちらで、スケジュールが確認できるので、
たまにチェックしてみるとよいと思います。
こればっかりは不定期なので、今度がいつなのかわかりませんが、
気長に待ちましょう。タイなので。

ちなみにこのディナーとアートのイベントに関しては、
お食事をすれば、基本は無料です。
私もカフェラテ1杯で短編映画みたりしたこともありました(笑)。

短編映画上映以外にもさまざまなアートが楽しめるので、
こちらでチェックをして、
週末にチャオプラヤー川を眺めながら、
美味しい料理に舌鼓をうちつつ、
気持ちいい風に吹かれつつ、
優雅にアートを楽しむのも、また一興。

ぜひ一度体験して欲しいです。


Flip Cafe
さて、
昨日は、ギャラリーとタイ映画の話だったのですが、
今日は、カフェとタイ映画。

私は、タイでインディペンデント映画を数多く観てたのですが、
そういう大衆向けでない作品というのは、
なかなか映画館でみられるものではありません。

バンコクにも、Lidoやhouseといったアートシアターもありますが、
そういった劇場でかかるのは、
独立系でもかなり成功してる人たちであったり、
劇場を借りられるだけの経済的余裕がある人たちであったり。

映画祭は特別で、
大きな劇場でかかる上に、
しかもレアな作品をみる一番のチャンスです。

といっても年に数回ですので、それ以外はどうすればいいのか。

そのひとつが、カフェで映画を見るという選択です。

今日、ご紹介するのはFlip Cafe

場所はルンピニー公園近くのソイ・Ngamduplee。ゲーテ・インスティテュートの近くです。(地図は、リンク先で探してください)

私は以前、thaiindieのタンスカさんがここのカフェで上映会を開いたときにいったのですが、なかなか素敵なカフェです。コーヒーも美味しかったし。
上映するのはカフェの中ではなく、カフェの奥にある小さなお部屋で、そこにプロジェクターで映せる大き目のスクリーンがあります。寝転がれるスペースです。

私は結局、その一度しか行ってないのですが、フリップカフェのホームページから見るに、アニメーションに強いところのようですね。アニメーション上映だけでなく、ワークショップも行なっているようですし。
ただ上映に関しては、情報が去年の時点でストップしてるので、今もやってるかは不明。

実は、日本に帰国する前に近くを通りかかったので、コーヒーを飲みに行ったのですが、
お店閉まってたんですよね。平日の昼だったんですけど。
カフェテーブルなどは見えたし、お店の中で犬がないていたので、閉店してしまったわけではないようですが、あまり活動的ではないのかも。

まだやってるといいのですが・・・。

ギャラリーVER
ご無沙汰しておりました。

ソンクラーン休みをとっておりました!

といいたいところですが、
なれない仕事に、友人から頼まれた翻訳と、なんか珍しく忙しかったようです・・・。

さてさて。
前々回に紹介した上映会、いよいよ明日ですね。

といわけで、今日は、その会場となっているGallery Verについて、ちょっとお話します。

VERは2006年に、チャオプラヤー川沿いに出来たばかりの新しいギャラリーです。
VERの何がすごいかというと、ここをはじめたのがあのリクリット・ティラバーニャさんであるということ。

リクリットさんといえば、たぶん世界で一番有名なタイアーティストなのでは?
日本では、タムくんやナヴィンさんのほうが名は知られてますが、
アメリカやヨーロッパじゃ、リクリットさんじゃないかな。

バンコクだけでなく、ニューヨーク、ベルリンを拠点に活躍するリクリットさんは、
ブエノスアイレス生まれのタイ人。お父さまが外交官で、世界の国々を点々として育った海外タイ人なのであります。「国際的に活躍する」とはまさに彼のためにあるような言葉!?

そんなリクリットさんが、タイ焼きそばである「パッタイ」をアートとして振舞って、ニューヨークで話題になったのは、1990年。その後も、この食をテーマにしたアートはさまざまな形で継続してて、昨年、東京現代美術館で、タイラーメンを振舞ったのは記憶のあたらしいところです。

他にも、ニューヨークの自分のアパートをアートスペースとして、観客にそこで過ごさせたり、とにかく視点がおもしろいです。

タイ現代アートが世界的に注目を浴びるきっかけをつくったのは、この方かもしれません。

そんなリクリットさんのはじめたギャラリーVERですので、
ここでの展示会は、かなり期待がもてます。

もはや世界のタイアーティストとして名を轟かせるリクリットさんは、
タイ現代アートのお兄さん(お父さん!?)的な存在で、
私が、最後に行ったときのM.I.T Group展も若手のアーティストをたくさん起用したものだったと記憶してます。彼の育てたあるいは彼を目標としている、面白い若手アーティストがこれからどんどんでてくるかもしれませんね。

タイ現代アートに関心のある人は是非一度訪れてみるといいと思います。
ただ、タイの美術展は、オープニング以降はかなりガラッとしてるので、さみしいかもしれません…。そのぶん、オープニングには、かなりのアート関係者が集まるので、ねらい目です(笑)。
チャオプラヤー川の近くで雰囲気もよく、対岸のシープラヤーには、美術品ばかりを売る店がたくさん入ったデパートがあり、夜にはたくさんのディナークルーズ船が出るという、なにげに観光スポットでもあります。

久しぶりにVERのホームページをチェックしたのですが、
先月末から、タンスカさんのThaiindieとのコラボで、フィルムライブラリーをつくったようです。
今回のタンスカ・パーヌ回顧上映もそれの一環のようですね。
ライブラリーは常設なのかな??

gallery ver thaindie
copyright: thaiindie, gallery ver

もしかしたら、タイの映像ビジュアルアートの中心地となるかもしれません。
M.I.T Group展でも、若手映像作家・アーティストの作品がたくさん流れていたのを覚えてます。タイ映画好きも要チェックのギャラリーですよ。

あけましておめでとうございます!
サワディー・ピー・マイ・クラップ

今日から、タイ正月ですね。
タイに居る方は、水の掛け合い、楽しんでいらっしゃいますか?

私は約2年半、タイに住んでいたのですが、
昨年の4月は日本に一時帰国していたため、
タイ正月(ソンクラーン)を体験したのは一度だけです。

そのときは、
バンコクで一番盛り上がるというカオサン通りにいったのですが、
いやー、激しかったですね。

というか、カオサンに行くバス(ノンエアコンですよ)が信号待ちになった瞬間、
窓から水がザバーっときました。外に出る人は濡れるものだとあきらめてください。
この日ばかりは無礼講です。(でも、お願いだから運転手にはかけるな~危ないぞ~)

カオサンは、どこかの国の朝の通勤ラッシュみたいに、人がたくさん。

水を掛け合うのはもちろんのこと、
白い粉を水にとかしたものを、通りすがりの人の顔(ほほ)にベターっとつけあったりします。
堂々と他人に顔をさわられる(もしくはさわる)なんてのは、この機会くらいじゃないですか。
お祭りですよ。

タイに長く住む外国人の友人は、たいていソンクラーンは結構と言ってます。
タイでは正月休みで大型連休になるので、外国旅行に行く人も多いようですし、
この時期はゆっくり休む派と、外で思いっきり水かける派にわかれるようです。

私も一度経験したから、もういいかな~。
チェンマイとか他の地方のソンクラーンなら経験してみたいかも。

パーヌ監督 回顧上映会
(昨日の続き)

みなさん、来週末ですよ!

タイ・インディペンデント映画界で大活躍する2人の映像作家、タンスカ監督とパーヌ監督の過去の作品が一挙公開!!

thunska panu
copyright:thaiindie

Thunska Pansittiorakul & Panu Aree: A retrospective 2000-2008 videos compilation
日時:18-20 April 2008,
    19:00-23:00 PM
場所:VER Gallery
そして、入場は無料!


さて、昨日に引き続き今日は、パーヌ・アリー監督(P'トイ)をご紹介します。

パーヌさんもタンスカさん同様、マルチに活躍する映像作家さんで、
普段は、タイの大手サハモンコルフィルムにつとめる映画配給マンの方です。
特に、日本映画に強く、タイで、単館やアートシアターながらヒットする日本映画はたいてい彼のチョイスです。例えば、『誰も知らない』がタイでヒットしたのは有名。

私がパーヌさんを初めて見かけたのは、留学前のことでした。
御茶ノ水のスペースneoでタイの短編映画を上映するというイベントがありました。
それは、山形国際ドキュメンタリー映画祭の方が企画したイベントで、
そのときに山形がタイ映画を結構扱っていることや、
タイ映画の中でも、ドキュメンタリーがアツイということ知りました。
(タイの観客はあまりドキュメンタリー映画を観ないのですが、国際的に評価されている作品が多いです。アピチャッポンさんにしても、タンスカさんにしても、そしてパーヌさんにしても海外映画祭ではかなり常連です。)

そのイベントにパーヌさんがゲストでいらっしゃって、タイの記録映画の現状や、パーヌさん自身の作品『Once upon a time』を上映されました。当時は、私はただの観客のひとりだったので特にお話などもせず、のちのちタイへ留学してタイ映画財団にお世話になっていたときに、パーヌさんがタイ映画財団の元スタッフであり、いまでも財団と近しく活動をされているのを知りました。

またパーヌさんは映像作家、映画会社スタッフ以外にも、ライターとしてタイ映画について多く書いております。タイ映画財団が発行している「Nang Thai(タイ映画)」という雑誌にも多く寄稿されていたそうです。

のちに『Once upon a time』がいろんな国の映画祭で上映されていることを知りましたが、私が個人的に面白いなと思ったのは『In Between』という作品です。バンコクに住む4人のイスラム教徒の日常生活を撮影した記録映画です。パーヌさんご自身がバンコク出身のムスリムでもあります。

世界的に大きなニュースになっているのでご存知の方も多いと思いますが、タイではここ数年、マレーシアと国境を隣接する深南部の3つの県(ヤラー、パッタニー、ナラティワート)にて、イスラム分離派によるとされる、多くの爆弾事件が毎日のように起こり、仏教徒、イスラム教徒かまわず多くの民間人が亡くなっています。

しかし、『In Between』は決して南部のムスリムについて描いたものではありません。

彼がインタビューで答えるのは、「社会に引かれた線」*。マイノリティであるムスリムがどう生活をしているのか、それを如実に描いているのが、この『In Between』です。

(*“I did In Between because I myself feel how the line has been drawn in society --- in the world...After listening to what the subjects in my movie say, I realize that more or less those are the same things I want to say.” (バンコクポスト2006年5月19日「Straddling Two Worlds」より)

ちなみに、この『In Between』のタイ語タイトルは『ケーク』。「ケーク」とは中東やインドなどの見た目をした人たち(一部マレー系も呼ばれることがある)を呼ぶのに使われる言葉です。それはある国の人々をあらわす通称ではなく、タイ人でもインド系や中東系だと「ケーク」と呼ばれたりします。また「ケーク」には「お客」や「よその人」という意味合いもあり、タイ人でありながらよそ者扱いされることもあるムスリムを描き、社会的にも重要な作品となったと私は思います。

その一方、南部のマレー系ムスリムと、バンコクにすむムスリム(勿論、すべてではないですが、大昔にタイへ渡ってきた中東の血を引くムスリムの方が割と多くいます)の温度差というのも、実は、一考の価値がある問題だと思います。

タイのムスリムというと、ニュースで聞く南部のマレー系ムスリムを思い浮かべますが、その一方で、バンコクにも多くのムスリムが住んでいます。

そんなバンコクムスリムの生活を描くこの作品。
いろんな視点からみることが出来ます。

今回の上映会は、『In Between』はもちろん、パーヌさんの過去の作品を一度に見られる絶好のチャンスです。たぶん、私も見逃してる作品がいくつかあるはず…

パーヌさんの作品も、映画祭やプライベート上映以外では、めったにみることができません。
是非この機会、お見逃しのないよう。

タンスカ監督 回顧上映会
タイ・インディペンデント映画界で大活躍する2人の映像作家、タンスカ監督とパーヌ監督の過去の作品が一挙公開です。

thunska panu
copyright: thaiindie

Thunska Pansittiorakul & Panu Aree: A retrospective 2000-2008 videos compilation
日時:18-20 April 2008,
    19:00-23:00 PM
場所:VER Gallery
そして、入場無料!

VER Galleryは先日のバンコク実験映画祭のオープニングにも使われた、まだ新しい(できて1~2年くらい?)ギャラリーです。このギャラリーに関しても、またいつか別途お話したいです。

本日は、P'Poonことタンスカ監督について簡単にご紹介します。

彼の作品を知らないという方は多いかもしれません。
映画館やDVDでみることは基本的にできません。

しかしタイ・インディペンデント映画界では、知らない人はいない
タイを代表する映像作家さんなのです。

名門チュラロンコーン大学の教育学部芸術教育科を卒業、
現在は、映画制作のほかにも、映画雑誌にコラムを書いたり、大学で教鞭をとっています。

Thaiindieというタイ・インディペンデント作家の団体を2004年に設立、
そこのリーダーとしてタイ・インディペンデント映画をプロモートしているのがタンスカさん。
このThaiindieは、国際映画祭に多く出品している若手映画監督がたくさん所属している団体です。

彼の代表作『Happy Berry』というサイアムスクエアにお店を持つ若者たちの生活を赤裸々に描いたドキュメンタリー作品は第4回台湾国際ドキュメンタリー映画祭でグランプリをとり、いまや世界に注目されるタイ映画監督として認識されています。

そんな国際的に評価を受けるタンスカなのですが、
彼の作品をタイ国内でみる機会は、ほとんどありません。
せいぜい映画祭やプライベートな上映会くらいです。

なぜかというと、

彼の作品、タイの倫理観からすると、かなーり過激なんです。

私も数本しかみたことないのですが、

例えば、

男性器がもろにみえる(そしてその形状が変わっていく)ものや
タイの若者の赤裸々な性生活など。

彼の作品は、セクシュアリティーや若者をテーマにしたものがほとんどです。

ま、タイ検閲委員会を通ったら確実に対象になりますな。
(※タイの場合、映画祭やプライベートの上映会などの特別な場合は、検閲委員会を通す必要はありません。)

タンスカ監督の場合、むしろ意図的にそうしているのだと思いますが。

権威で隠そうとしてるものをあえて見せてやる、
そんなメッセージが伝わってきます。
(というようなことをthaiindieのインタビューでも答えてますし)

そんなタンスカ監督、2007年には、タイ文化省から中堅(30~50歳)のもっとも期待されるアーティストに送られるシラパトーン賞(Silpathorn award)の映画部門を受賞しています。

このシラパトーン賞映画部門、ペンエーク(『地球で最後のふたり』、『インビジブルウェーブ』)、ウィシット(『怪盗ブラックタイガーの涙』『シチズンドッグ』)、アピチャッポン(『ブリスフリーユアーズ』『トロピカルマラディ』)といったタイを代表する映画監督が過去に受賞しています。

こんな過激で、映画祭などの特別な機会にしか上映されないのに、シラパトーン賞をとってしまうなんて(しかも政府機関から!)
どれだけタンスカ監督が注目されているかわかるでしょう。

そんなタンスカ監督の作品が一挙公開です。
はっきりいって、こんなチャンス、めったにありません。
私も見ていない作品がたくさんあります。

できることならば、バンコクに駆けつけたい!!

バンコクにいる方はどうぞお見逃しなく。
(結構過激なのもあるので、そのあたりはご自分の判断で。笑)

もう一人のパーヌ監督については、次回、書こうと思います。

あれから1ヶ月、
このブログをはじめて、ちょうど1ヶ月が経ちました。

性格上、続くかどうか不安でしたが、
先月は、比較的時間があったので、1日1つ何か書くことを決めて、
なんとか1ヶ月間、続けることが出来ました。

内容もちょっとマニアックなので、
見に来てくださる方はまだまだ少ないですが、
頻繁に来てくださる方も何人かいらっしゃるようで、
大変嬉しく思います。

明日から少し忙しくなるので、
もしかしたら毎日更新することはできなくなるかもしれませんが、
マイペースにやっていきます。

今後とも宜しくお願いします。

『レイン』のリメイク版ももうすぐか!?
昨日に続き、タイ映画のハリウッド・リメイクの話です。

今年は、タイ映画ハリウッド・リメイクの公開ラッシュのようです。

2月にはジェシカ・アルバの『The Eye』。これはタイ・香港合作、同タイトルのリメイク。
3月は、昨日話した『心霊写真』のリメイク版『Shutter』。

そして次はこれです!何気にこれ、一番期待してます。

ニコラス・ケイジ主演 『Bangkok Dangerous』
Bangkok_dangerous_2008_poster.jpg
copyright 2008 by Saturn Films

まだ公開日は決定してないようですが、すでにyoutubeなどで予告版が観られます。


ちょうど私がタイ留学していた時期に、バンコクで撮影をしていたようで、
友人が某高級ホテルでニコラス・ケイジを見たという話をききました。
おもしろい仕上がりになりそうですね。

オリジナルのタイ映画、日本では『レイン』というタイトルでリリースされています。
(タイバージョンも英題は『Bangkok Dangerous』なので、Rainだと通じないのですが…。)

Bangkok-Dangerous-Thai-Movie.jpg
copyright 1999 by Film Bangkok

初めてみたときは、ウォン・カー・ワイ風!?
なんて思いましたが、タイ映画でもこういうスタイリッシュな感じの作品があるんだと、
私がタイ映画に興味をもつきっかけとなった作品のひとつでもあります。

監督のパン兄弟(ダニーとオキサイド)は、香港生まれで、もともと香港で活躍していたのですがこの作品のひとつ前の『タイムリセット 運命からの逃走』からタイで撮り始めています。
ある意味そこに、今までアジアの映画界の中心だった香港から、いま盛り上がりつつあるタイへのちょっとした推移がみられるような気もします。

ダニー&オキサイド・パンの作品は日本のレンタルでもたくさんリリースされてて、
タイ映画入門としては比較的入りやすいので、おすすめです。
最近はホラー系が多いようですが。

『レイン』は、結構お気に入りの作品なので、ニコラス版の『Bangkok Dangerous』がどう仕上がるのか気になります。
ハリウッド版も監督はダニー&オキサイド・パン。
セルフリメイクですね。


タイ映画『心霊写真』のリメイク版、全米公開へ
『アタックナンバーハーフ』や『マッハ!!!』がタイ以外の国でもヒットしたのはよく知られてますが、タイ映画が世界的に評価されているもうひとつの目安は、ハリウッドによるリメイクではないでしょうか。

タイ・香港合作の『The Eye』はトム・クルーズの会社がリメイク権を買い、
昨年日本でも公開された『レベル・サーティーン』もハリウッドでリメイクされる予定。
ハリウッドもタイ映画に注目しています。

そして、いまやハリウッドはリメイクブーム。

2006年には、香港映画『インファナル・アフェア』がマーティン・スコセッシにより、『ディパーテッド』というタイトルで、マット・デーモンとレオナルド・ディカプリオ主演でリメイクされ、外国映画リメイク作品としては初のアカデミー賞受賞し大きな話題になりました。

そこにはもちろん、ハリウッド映画の限界も見え隠れしますが、その一方で非ハリウッド映画で面白い作品が続々と現れてきていることの証拠でもあると思います。

さて、2週間前にアメリカで、
タイ映画『心霊写真』のリメイク版、『Shutter』が公開されました。

『Shutter』公式サイト

Shutterposter.jpg
画像はタイ『心霊写真』のポスター Copyright 2004 by Grammy Tai Hub.

ハリウッド映画といっても、日本人の落合正幸監督がメガホンをとり、
奥菜恵さんが出演していることもあり、日本でもちょっと話題になってる作品です。

落合正幸監督は主にテレビドラマ『世にも奇妙な物語』の演出で活躍され、
最近は、映画『パラサイト・イブ』『感染』などの監督をされている、
世界的なJホラー人気の一部を担う映画監督です。

3月末から全米公開となった『Shutter』、
1週目は全米興行成績第3位となかなかよい滑り出し、
2週目の今週は、残念ながら6位に落ちてしまったようです。
※全米興行成績はオリコンのホームページから

今後、興行成績はどうなるかわかりませんが、
日本人監督に、日本人俳優も多く出演されている(舞台も日本)ので
日本では確実に公開されるでしょう。

タイ映画『心霊写真』、観た方はご存知かと思いますが、かない怖いです。
これがどうリメイクされたのか今から観るのが楽しみです。

まだ観てない方、タイホラー映画の中でもかなりよく出来た作品なので、
『Shutter』の予習がてら、是非ご覧ください!
結構怖いので、その辺は覚悟を決めてください。

私は、ホラー・・・実は苦手です・・・。
GMSに注目
GMSってご存知ですか?

GSM?携帯のこと?
Global System for Mobile Communicationsの間違いじゃねーの?

とおっしゃるみなさん、

いえいえ、GMSなんです。

Greater Mekong Subregionの略。
日本語では「拡大メコン地域」というそうです。
三菱総合研究所の岡野さんによると、

「GMS(Greater Mekong Subregion)プログラムとは、1992年、ADB(アジア開発銀行)のイニシアティブによって開始された、メコン河流域諸国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム、中国雲南省)を対象とした地域開発支援プロジェクトである。」
http://sociosys.mri.co.jp/keywords/097.html

東南アジアやASEANという言葉はすでに定着しましたが、GMSはまだ聞きなれないですね。

しかし、これから重要な概念となるのではないかと(かってに)思ってます。

バンコクの大学院にて、私はタイ研究科というところに在籍していたのですが、同じ学部の東南アジア研究科とオフィスを共有し、それぞれの研究科の授業を聴講できたり、学生同士の交流がある面白いところでした。(残念ながら現在は別々のオフィスになってしまったようですが)

そのときに、このGMSに関する授業をとり、拡大メコン地域を意識するようになりました。

実際に、大学院でも雲南省出身の中国人を含むGMSエリアからの留学生が多くいました。(その一方、マレーシアやインドネシアからの留学生はいなかったのですが)

東南アジアに進出している企業でも、マレーシア、インドネシア、フィリピンには別々に事務所がある一方、バンコク事務所はタイはもちろんミャンマー、ラオス、カンボジアも見ていることが多い気がします。(ベトナムは経済発展により最近では個別に事務所を持つことも多いようですが)

中国の雲南省からミャンマーにかけてはTai族(Thai、ไทยではなく、Tai、ไทで表される)が住み、タイ人と文化的、言語的に共有するものを多く持っています。また多くの地域で、上座部仏教の価値を共有していたりと、共通点も比較的多いと思います。最近では、メコン川のダム建設が大きな問題となったり。

政治的に不安定な中国やミャンマー、経済的にこれから発展すると見込まれるラオスやカンボジアといった国々を含み、これから大きく変わりうる地域だと思います。

さて、なぜこんなにGMSの話をしたかと申しますと、

これを紹介するためです。

チャリティー 第一回メコン川音楽祭

mekong.jpg
copyright:BMI

タイ芸能ライター白田麻子さんのブログより転載です。

----------

メコン川流域5カ国+韓国+日本の実力派歌手が競演します。みんなアジアンビューティー!パフォーマンスも期待してます。

出演者:ネコジャンプ(タイ)
    ダ・ジィン(ミャンマー)
    ミエ・ソックサピーア(カンボジア)
    タンハー(ベトナム)
    ナーリン(ラオス)
    キム・ジー・ヒョン(韓国)
    鳥山明日香(日本)

<東京公演>
日時:2008年5月26日(月) 18:30開演
場所:ライブハウス 渋谷エッグマン(渋谷区神南1-6-8 B1F) http://eggman.jp/venue/
  TEL:03-3200-7710 Mail:bmi@bmi-music.com
チケット3,000円+ドリンク500円


<横浜公演>
日時:2008年5月27日(火) 17:30開場、18:30開演
場所:県立音楽堂(横浜市西区紅葉ヶ丘9-2)
全席自由 5,000円
●チケットのお求めは、メコン音楽祭実行委員会事務局
 TEL:045-321-1161 Mail:kato@kato-naohiko.com
●チケット販売開始は、4月21日(月)より
●当日券も販売いたします。

●音楽祭終了後、出演歌手のサイン会があります。

メコン音楽祭に関するお問い合わせは
非営利法人 アジアこども教育基金協会内横浜音楽魂実行委員会事務局
 TEL:045-321-1167 FAX:045-321-0139

Poster:BMI (ブログに情報&ポスター転載歓迎!いちおうBMIって、明記お願いします。)

----------

日本で開催されるから日本の歌手はともかく、韓国の歌手は何で??(その分、雲南省の人はいないのかー)とも思いますが、このメコン川流域という概念が一つの形となっている点は、とても興味深いと思います。

これから「GMS」という言葉が、「ASEAN」や「東南アジア」以外にも、文化的なイベントに用いられる可能性もありますね。

個人的にも映画を観るにも、「東南アジア」はあまりにひろいので、まずは「メコン地域」からはじめたいと思ってます(笑)。

さて、ちょっとタイの話へ戻りますと、

出演するタイの歌手は前にもちょこっと書いたネコ・ジャンプ。
タイ式秋葉系アイドルといったところでしょうか。先月のRS Girl Singer Festivalに続き連続の来日ですね。
デビュー曲の『プー(蟹)』はあの、ぶっ飛び感というか、あっけらかんとしたところが面白くて、結構好きです。(その曲以外は知らないのですが・・・)

こういう企画は今後増えてくるかもしれません。

『世紀の光』タイ公開は4月10日
『世紀の光』に新たな動きです。

これまたバンコクポストKong氏の記事からです。

The long road home
Local audiences will finally get a chance to see one of the most controversial Thai movies of recent times - albeit a censored version

KONG RITHDEE
※リンク先の記事は、『世紀の光』と検閲問題の流れも日付順に書かれていて、わかりやすいです。

syndrome.jpg
copyright: Kick The Machine

いよいよアピチャッポン監督の『世紀の光』がタイで上映される運びとなりました。4月10日よりパラゴンシネプレックスにて、1日2回、2週間の限定上映されるそうです。

今回、日の目を浴びるのは、検閲バージョン。ただし検閲対象となった6ヶ所は、あえてそうであることがわかるように組み込んである模様。そして、チケットを買うと、検閲シーンの写真ポストカードがついてくるとのことで、異例の上映となりそうです。

この上映と同時に、タイ映画財団(Thai Film Foundation)による『タイの検閲の歴史(Hitory of Thai Censorship)』展が同映画館のホールにて開催されます。

監督の本来の製作意図とは全く異なる形となりましたが、この上映がタイ映画と検閲の問題を考える上で最も重要な出来事の一つとなることは間違いなさそうです。

バンコクにいらっしゃる方は、タイ映画史の重要な証人となれます。
(私は残念ながら日本にいるのですが…)

そして、昨今の日本での『靖国』上映問題といい、決して対岸の火事ではないのです。

関連記事:『世紀の光』の行方

タムさんの『hesheit』原画展 in Bangkok
日本でも大人気、ウィスット・ポンニミット(通称タム)さんの
大人気マンガシリーズ『hesheit』の原画展がバンコクで行なわているそうです。

トムヤムプラーディップ展に、
東京KIDO Pressさんでの原画展
そしてまたまたバンコクにて原画展とは、
精力的に活躍されてますねー。

paperexhibition.jpg
copyright: Wisut Ponnimit

『กระดาษ』(意味は、英語:paper、日本語:紙)
会期:2008年3月25日~5月10日
場所:People Space

People Spaceというギャラリーはいったことないのですが、
民主記念塔(Democracy Monument)や、
バンコク市庁、大ブランコ(サオチンチャー)、ワットスタットの近くです。
カオサンからも歩いていけますし、
観光地なので、お散歩がてらいくのも悪くないです。

旧市街は、ブラブラ歩くのが楽しいですよ。

また近くにはMontと呼ばれる有名なトーストや菓子パンを売るカフェがあり、
若者に大人気です。少し待たないと入れないかもしれませんが、
歩いて疲れたときに、あのこってりした甘さは効きます。
飲み物も甘いので気をつけてください。

展示会の詳細およびギャラリーまでの地図は、
People Spaceのホームページからどうぞ。

タイ語をはじめタイ
4月は、年度のはじまり。
新大学生、新社会人の方もいらっしゃるでしょう。
(私は、まだ冬眠中なのですが・・・)

何かを始めるのにいい時期ですね。

アジア語学紀行 ~旅するタイ語~
NHK thai
copyright :NHK出版

今週から、すでにはじまってますがいかがでしょう?

日程は、
火・水・木 午後11:55~午前0:00
木・金・土 午前6:25~午前6:30

タイ語を始めるのには、いいきっかけになりますね。
(内容は、2006年の再放送だそうです。)

タイには
毎年100万人を超す日本人旅行者が訪ね、
また、約4万人の日本人が住んでいるといわれてます。
(正式に在住届が出されたのがその数なので実際はもっと多いともいわれてます)

これだけタイに関わる人がいるのなら、
もうそろそろレギュラーの語学講座になってもいいんだけどなー。

タイ式映画が盛り上がれば、夢じゃないかもしれないですね。

チョコレートはいかが?
そういえば、タイのドラマについては一度も書いてないのに気がついたので、
今日は、タイドラマのお話です。

というか、単にネタがなくなってきただけ?(笑)。

以前、日本の映画関係の方とお話をしたときに、「タイのドラマはどうですか?」と聞かれたことがあります。確かに、最近では映画配給会社も映画だけでなくテレビドラマも扱うようになってきました。

韓流ブームも、映画よりテレビドラマの影響のほうが強いと思いますし、アメリカのドラマも、以前と比べるとずいぶんたくさんレンタルビデオ屋に並んでいると思います。

タイ映画が来るなら、タイのテレビドラマも、
と思うのは必然的ですね。

さて、タイドラマの日本でのブームの可能性はあるのか?

う~ん・・・

まだ、びみょーかなぁ

ってところでしょうか。

タイ映画でも海外に出て成功している作品も多いけど、
そのぶん、ローカルな客のためのローカルな映画もたくさんあります。
で、テレビドラマも基本、後者の部類なんですよね。
だから、タイマニアな方なら面白いかもしれないけど、
日本でブームするとしたら、
やはりそのタイらしさがウケタときでしょうか。
でも、韓国ドラマブームを考えると、可能性がないとはいえませんね。

もうそろそろ、どこかの会社さんが始めてもいいかも、と思ってます。
いかがでしょうか?

さて、昨年、第1回国際ドラマフェスティバルinTOKYO 2007というドラマ祭が東京でありました。日本で初めてのドラマ祭だそうです。やはり海外ドラマの人気もあいまってトコでしょうか。

タイからは、『Heart of Chocolate』という作品が出品されました。

chocolate.jpg
copyright of SCENARIO & EXACT 2005

Mosの名で知られる永遠のアイドル、パティパーン・パタウィガーンと、
女優ピヤダー・アッカラーセーニー(Aom)によるラブロマンスです。
ホテルを所有する御曹司のチュンと、婚約者の浮気を発見し傷心のワーンは
留学先のスイスの学校で出会います。そして互いに惹かれあうのですが、そこには壁が・・・。
Mos演じるチュンは、なんとチョコレートアレルギーという設定で、
チョコレートが重要なキーワードとして物語は進みます。

そう、そして、このドラマ、前半の舞台はスイスなのです。
ずいぶん、お金かけてますねー。
雪舞う光景は、タイ人にとっては幻想的に映ったのではないでしょうか?

私は、バンコクに住んでいるときにVCDで一気に観たのですが、
これはけっこう見やすくて、面白かったです。
韓国ドラマほどではないですが、次をみたくなるような構成にもなっているし、
寝不足の日々を送りました。

タイっぽい要素もたっぷりです。
まずは、お金持ちばかりの設定ということ。
スイスに留学できるタイ人なんて、本当に限られていますから。
タイのドラマに出てくる人はたいてい、
みんないいお家に住んでるんですよねー(笑)。
一種のあこがれなのでしょうか?
あまりリアリティがないように思いますが、ドラマにリアリティは求めないのかな。

あとは、これは、ツンデレというんですか。
好きなのにつっぱったり、好きじゃないようにみせたり。
ちょっとモドカシイんですけどね。
ま、これは、タイだけじゃなくて、アジアドラマ全体にいえると思うのですが。
やっぱりメロドラマがいいんですよね。

タイドラマが日本語吹き替えで見られる日も近いのかな。

※ドラマVCDはタイのCD,DVDを売ってるお店でお求めいただけます。字幕は通常ありません。
タムさんの個展@東京
mixiで発見しました。

東京・清澄にあるKIDO Pressで、まもなくタムさん(ウィスット・ポンニミット)の個展が開かれるそうです。

詳細はこちら、KIDO Pressさんのホームページで。

タムさんといえば、もはや説明する必要もないほど、
日本でもおなじみとなりました。

日本で一番有名なタイアーティストじゃないかな?

タイ一有名な芸大であるシラパコーン大学を卒業後、漫画家としてデビュー。
漫画家のみならず、映像作家やミュージシャンとしても活躍するマルチな才能の持ち主です。日本(神戸)留学を経て、現在はバンコク在住です。

日本では、本、DVD、アニメーションライブ、雑誌連載、レストランデザイン(新丸ビルのMusmus)と広くに渡り活躍してて、いま一番アツイ、タイのアーティストさんです。

詳しく知りたい方は、タムさんのホームページをどうぞ。

現在、バンコクでもトムヤムプラディップ展に参加中ですが、
同時に日本での展示会ですね。

オリジナル新作版画12点とドローイングが展示される予定だそうです。

会期は以下の通り、

2008.4.5.(sat) ~ 2008.5.8.(thu)  12:00~19:00
Opening Reception 4.5. (sat)   18:00~22:00
*日・祝・月曜は休廊

会場: KIDO Press ビューイングルーム

※会場までの地図はKIDO Pressさんのホームページを参照ください。
タイアド
タイ映画がアツイっていうけど、
私は、映画のみならずタイのクリエイティブは全体的に面白いと思います。

それは、アートだったり、音楽だったり、マンガだったり、書き物だったり。
そういう面白いのが集まるのがタイのFatフェスティバルで、
元はインディペンデントの音楽祭だったけど、いまや、インディー文化祭というか、
音楽を中心に映画やらアートやら雑誌やらが集まって、大変なことになってます。

でも、なんでタイの広告があまり取り上げられないんだろう?

たぶん、広告業界でなら、けっこう話題にはなっていると思うのですが、
タイのCMってアツイと思いますよ。

なんつったっていまや国際的な映画監督となったペンエークも広告出身、
でもってタイは世界的な広告祭、カンヌ広告祭の常連さんでもあるんですよね。

そんなタイの面白いテレビコマーシャルが、実は日本でも観られます。
(てか、最近じゃYoutubeでも観られるのか・・・)

カレッタ汐留にあるアド・ミュージアム東京です。

昔から広告はけっこう好きだったので、
ヒマなときに何度かいったことがあるのですが、
今日も新橋に用事があったので、寄ってきました。

現在は、『D&AD賞2007展:広告とデザイン-その卓越したクリエーティブ』と題した企画展が行なわれてますが、常時展もあり、その一部に、日本や海外の広告祭で受賞をしたTVコマーシャルをみられるセクションがあります。タイの作品は、アドフェストと呼ばれるアジアの広告祭の受賞作品のコーナーでたくさん見られます。

受賞作品なので、どれも見ごたえあります。
4話か5話の連続ドラマのようなCMなんかもあって、広告というより、エンターテインメントとして楽しめたり、なによりタイのCMは笑わせてくれるのが多いですね。

タイらしさが活きたものが観られますよ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。