. SIAMESE INDY 2009年08月
FC2カウンター

プロフィール

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念!「サバーイ・プロジェクト」のセミナーが台風で中止
先日、来週はタイデザインウィーク!サバーイプロジェクト開催でご紹介したセミナーですが、実はこっそり申し込んでいました。

いまちょうどアセアンセンターさん関連のお仕事をしてて、何度か打ち合わせできていたもので、今回も挨拶がてらセミナーに行こうかな・・・なんて考えていたのです(苦笑)。

そしたらご丁寧に台風のためセミナーは中止とのご連絡をいただきました。・・・うーん、残念!

これでサバーイプロジェクトを観に行くきっかけもなくなってしまいました。
むりやり打ち合わせしたもらっちゃおうかしらん(笑)。平日しかないのが厳しいなー。


スポンサーサイト
8月30日の読売新聞朝刊に『花と兵隊』の記事がでています。
チュムプーさんからも教えてもらいました。

8月30日の読売新聞朝刊の社会欄に大きな記事を発見しました!
「兵士の魂 映画で帰国 タイ残留元日本兵6人の晩年を追った監督」
という記事です。かなり大きくてすごいです!

現在も関東、関西にて上映中。ぜひお時間のある方は劇場まで足をお運びください。

8月8日 『花と兵隊』の初回を観てきました。

未帰還兵を追ったドキュメンタリー映画『花と兵隊』、8月8日から公開

hanatoheitai.jpg

『花と兵隊』公式ホームページ

松林監督のブログ:還らなかった日本兵








そういえば・・・今年のアジア海洋映画祭ってどうなってるんでしょう・・・
昨年、タイ映画の『夏休み ハートはドキドキ!』審査員特別賞を受賞したアジア海洋映画祭イン幕張

毎年9月に開催されているのですが、今年はどうなんだろう・・・なんて数週間前からそわそわしていたのですが・・・ホームページもブログも一向に更新されなくて・・・どうなっているんでしょう。

今年は開催されないんでしょうか。地元の千葉市での開催というので私にとっては特別な存在だし、ゲストも豪華で、めったに見られない東南アジアの作品が多く上映されるというのもあって楽しみにしています。確かに「海」をテーマにしている作品というとかなり限定されてしまいますが、それでも海が広いようにアジアも広い。絶対面白い作品がたくさんあると思います。ぜひ近いうちに映画祭情報が得られることを望んでいます。

ご存知の方いらっしゃいましたら、ぜひ教えてくださいね。

アジア海洋映画祭イン幕張公式ホームページ

アジア海洋映画祭イン幕張公式ブログ


第13回タイ短編映画&ビデオ祭 受賞結果です。
Thai short film fes 13

第13回タイ短編映画&ビデオ祭の受賞結果が出ています。

タイ語はこちら
Thai Short Film & Video Festival: ผู้ที่ได้รับรางวัล เทศกาลหนังสั้น ครั้งที่ 13

英語はこちら
Thai Film Foundation: Shortfilm award list

数年後には、ここに載ってる監督が長編のヒット作品を撮ってるかもしれませんよ。


一夫多妻制って大変だわ・・・『分かち合う愛(ber bagi suami)』観ました。
インドネシア映画『分かち合う愛(ber bagi suami/Love for share)』を観ました。

Berbagi Suami

一夫多妻制をテーマにした3話のオムニバス映画なのですが、非常に面白かったです。
話自体もさることながら、音楽とか映像とか3話のつながりとかも凝ってていいなと。

一夫多妻制自体は全くもって馴染みがないので、果たして成り立つのかなどと結構興味本位で見入ってしまいました。嫉妬とかドロドロしたメロドラマではなく(そういう要素ももちろんなくもないですが)、意外とコミカルなエッセンスが散りばめながら、女性のたくましさが伝わってくる作品でした。

きっと本国インドネシアでも公開時には話題になったのではないかな。
日本でも東京国際映画祭やアジアンクィア映画祭などでかかったそうです。やっぱり評価が高いのだと思います。

見ごたえあるのでおすすめの一作です。


Mayちゃんがめっさかわいい!D-Mark Magazine 第20号読みました!
もうすぐ9月号がでちゃうけど、D-Mark Magazine 第20号(8月号)読みました。

巻頭は松林さんのインタビューじゃないっすかー。作品の裏話がたくさんで読みごたえあります。ぜひ映画を観て、それでまたこの記事を読んだら一層作品への理解が深まるかも。

そして特集はスイバケです。最近、夜遅く帰宅して深夜番組をみてるとよくスイバケのCMと出会います。メディアへの露出も多くなってきましたね。Mayが9月から日本に留学し始めたら、さらにいろんなところでスイバケを観られるかもしれません(でも学業第一ですぞ)。

ニューアルバム『pop save the world!!』絶賛発売中です。


新曲 『あいにいこう~I・NEED・TO・GO』 夏っぽくて明るいキラキラポップです。

なんかMayはタイ人というよりすっかり日本人っぽい顔つきで、日本語もうまいし、初めてみる人は日本人のグループだと思いますよね、きっと。


来週はタイデザインウィーク!サバーイプロジェクト開催
さて、今週末に開催されるグッドデザインエキスポの記事に続きまして、
来週8月31日(月)~9月4日(金)まで日本アセアンセンターでサバーイプロジェクトが開催されます。

sabuy_050.jpg

日本アセアンセンター:「Sabuy Project/サバーイプロジェクト」開催のお知らせ

いやー今週末から来週末までタイデザインづくしの一週間ですね!

残念ながらこちらは平日のみなのではて、いけるかどうかはわからないのですが、
実に面白そうな展示です。初日の8月31日にはセミナーもあります。
講師の北河原さん、タイで一度お会いしたことがあります。聴きに行きたいけど、ちょっと時間的に厳しいなー。代休消化しちゃおうかなあ(なんて笑)。

詳細は、
日本アセアンセンター:「Sabuy Project/サバーイプロジェクト」開催のお知らせ
からどうぞ!



今週末はタイのデザインを楽しみに行くぞ!Good Design Expo2009
仕事柄、お勉強にもなりますし今週末はこちらに行く予定です。

good design banner235_43e

グッドデザインエキスポ2009です。
え、それなに?という方、こちらが公式ホームページの説明でございます。

----------
グッドデザインエキスポは、グッドデザイン賞2次審査会後の会場を公開して行うアジア最大規模のデザインイベントです。1.7万平米を超える東京ビッグサイトの巨大な空間に、新製品を中心に、身近な生活用品から乗用車や建築まで、私たちのくらしと社会をとりまく、あらゆるデザイン2,000点以上が一堂に会します。
----------

そして、この2次審査会にはタイの作品もエントリーしています。

タイにはこのグッドデザイン賞と連携したDE賞(DEmark)というのがあり、そこで選ばれた60作品がそのまま日本のデザインエキスポの会場でも観ることができるんですよ。

グッドデザインエキスポ2009:タイ王国デザインエクセレンスアワード

タイはもちろん、デザイン一般にも興味があるので今週末はプライベートでいってきます!
東京ビッグサイトには仕事柄もう飽きるくらい何度も通ってますけどね(笑)

ちなみにタイのDEmarkの公式ホームページはこちら。

DEmark:Design Excellence Award


第13回タイ短編映画&ビデオ祭 本日閉幕です。
Thai short film fes 13

すみません。今年は仕事が忙しすぎて全く追えませんでしたが、13日からはじまっていた毎年8月恒例のタイ短編映画&ビデオ祭が本日閉幕しました。ぜひ映画祭に参加された方のレポートなどどこかで読めるのを楽しみにしてます。

バンコクに住んでいたときは通いづめましたが、やはりこうして東京でサラリーマンをしているとそうは
行かない・・・ちょっとさみしいです。

siam-and-a-century_poster_o.jpg

今年は「Siam and a century」というプログラムがあって、このあたりはかなり私の関心のあるところですからぜひ行きたかったです。私がタイに住んでいた2006年頃からやはりこういった社会や国のことを題材にした短編作品が続々と出てきているような気がします。クーデターにタイ南部の問題、空港占拠と政治が不安定な状態ですから、それは自然なことなのかもしれませんが、もしかしたら70年代みたいにひとつの運動のような形に発展するかもしれません。注目です。

授賞式はあさって25日。そこでまたタイ映画界の貴重な才能が生まれることでしょう。
映画祭に行かれた方、ぜひレポートお願いします!

Thai Short Film & Video Festival 公式サイト


『闇の子供たち』 本日、そして9月にもWOWOWで放送されます
昨年の夏、大きな話題となったタイが舞台の人身売買の話、『闇の子供たち』。
何度か本ブログでも書きました。

『闇の子供たち』 明日8月2日より全国ロードショー
『闇の子供たち』観てきました。そしてバンコク国際映画祭2008でも上映されます。
『闇の子供たち』はバンコク国際映画祭2008で上映されないそうです
『闇の子供たち』上映中止に伴う記者会見が昨日、9月24日バンコクにて行なわれたそうです。
映画『闇の子供たち』の原作本を読みました
『闇の子供たち』のタイ人俳優プラパドン・スワンバーンさんが舞台挨拶をおこなったそうです。
『闇の子供たち』が2月19日にタイで上映されます。

その話題作がいよいよテレビでも放送されます。地上波ではないのですが、WOWOWにて本日(8月23日)の夜11時5分、そして9月28日の夜10時から放送されます。WOWOWを観られる方はぜひご覧ください。(我が家はWOWOW入ってませんが・・・)

WOWOW:闇の子供たち

ちなみにDVDはすでにリリースされてます。



「よこはま若葉町 多文化映画祭」 今日から来週日曜日まで!
異文化雰囲気溢れる横浜の若葉町で今日から開催されているのが、「よこはま若葉町 多文化映画祭」です。

中国、タイ、韓国朝鮮、ブラジル、フィリピンなどを舞台にした映画が多数上映されます。

タイ関係で言えば、

以前、「『空とコムローイ~タイ、コンティップ村の子どもたち~』観ました。」でも書きました、三浦淳子監督の『空とコムローイ ~タイ、コンティップ村の子どもたち~』とポップ&ニサ監督の『デック 子ども達は海を見る』。どちらも見ごたえのあるドキュメンタリー作品です。お楽しみください。

他にもフィリピンを舞台にした『アボン小さい家』、『BASURA バスーラ』、『神の子たち』、『忘れられた子供たち』も上映されます。ドキュメンタリー映画好きにはたまらない映画祭になりそうですね。

詳しくはこちらもホームページからどうぞ。
ジャック&ベティ:よこはま若葉町多文化映画祭

横浜下町パラダイスまつり*よこはま若葉町多文化映画祭


『マス・エンダン』鑑賞会@アセアンセンター 本日です。
2007年に、宮崎県の海水浴場で沖に流された女子中学生を助けようと海に飛び込み、帰らぬ人となったインドネシア人漁業実習生エンダン・アリピンさんを追ったドキュメンタリー映画、『マス・エンダン』が本日、日本アセアンセンターにて上映されます。

上映会のあとには制作者の講演、インドネシアのお菓子とコーヒーもついているそうですので、ゆっくりとアットホームな上映のようですね。お時間のある方はぜひ。

詳細はこちらからどうぞ。PDFファイルです。

映画「マス・エンダン」観賞会のご案内


かわいらしい作品『Best in Time』観ました(いまさらですが・・・苦笑)
ホント、いまさらなのですが、

今日からヨンユット監督の新作『Best in Time』がタイで公開です。
『Best in Time』にも出てます。ヤリンダーはいいねー。

でも書いた『Best in Time』を観ました。

best in time2


面白いのは若者の恋だけでなく、おじいちゃんとおばあちゃんの恋を描いているところ。ちょっと美化しすぎな気もしますが、でもそれがとってもかわいらしくてきゅんときちゃいます。特におばあちゃん、いい味出してますねー。

それに加えてクールなペーが内気な青年の役を演じたり、あの犬の眉毛とかいろんなかわいいポイントがたくさんの作品でした。ヤリンダーが放送禁止用語(!?)を連発するトコとか、テレビで上映するときはどうするんでしょうかね。

けっこう面白かったのでおすすめです。





来週、リトルインドネシア・イン・ジャパンが開催されます!
平日なのが残念ですが、来週の25~27日まで、日本アセアンセンターにて、第二回リトルインドネシア・イン・ジャパン2009が開催されます。

インドネシアの製品展示以外に、

・現代舞踏
・アンクルン演奏
・ワヤン影絵芝居
・バティックとワヤン制作実演
・伝統舞踏

と盛りだくさん。
ちなみにワヤンとは影を意味し、ワヤン・クリWayang Kulitでジャワの影絵芝居を表すそうです。

ジャワの影絵芝居はみたことないのですが、以前カンボジアのプノンペンを訪ねた際に影絵芝居を劇場でみて、とても感激したことがあります。ぜひ見比べてみたいなー。でもこれまた平日なんですね・・・18時だとちょうど終業時間なので、サラリーマンには厳しいかも。

ワヤンについては、こちらの日本ワヤン協会さんが詳しいです。

日本ワヤン協会ホームページ

第二回リトルインドネシア・イン・ジャパン2009の詳細、スケジュールなどはこちらを参照ください。

インドネシア大使館 東京 Little Indonesia

こちらには去年の様子も。

インドネシア大使館 東京 Little Indonesia2008



8月8日 『花と兵隊』の初回を観てきました。
先日ご紹介しました松林監督の未帰還兵を追った作品『花と兵隊』を観てきました。

hanatoheitai.jpg


8月8日初日の最初の2回は監督・プロデューサーによる舞台挨拶があるときいてましたので、土曜日だけど早起きして朝一番の回に行ってきました。

編集中のものは何度か拝見していたのですが、完成した作品は初めてです。
音楽や字幕も入りとても見やすくなっていました。作品の流れもよかったと思います。

会場は朝10時の上映にも関わらずほぼ満席で、面白いのがその客層。半分以上がシニアで、そこに20代がちらほらと面白い客層の構成でした。「俺も同じ経験をしたよ」とはなしていたおじいさんもいらっしゃり印象的でした。

劇場を出るときに、次の回を見る人たちが劇場の外まで列をつくっているのをみて、作品への関心の高さを感じました。さまざまなメディアでも取り上げられていますし、監督、苦労の甲斐がありましたね。

舞台挨拶の詳細は、こちらの記事をご覧頂くとして、
Cinema Topics Online
私が監督の言葉で印象的だったのは、
私たちは戦場は知らない世代だが、戦争は知っているといった意味の言葉。

戦争は遠く離れた昔のものではないことを実感しました。

もちろん監督は未帰還兵のことを学んで取材に向かってますが、
私のような未帰還兵や戦争についてあまり詳しくない多くの同年代に見てほしいです。
作品に出てくる未帰還兵の皆さんも戦場にいたのは20代で、
そのころの気持ちや記憶を語っています。だからこそもっと近く感じるのではないかなと思います。

渋谷のシアターイメージフォーラムで上映中です。

imageforum.jpg
カメラを忘れてしまったので携帯電話で撮った上映後の劇場前です。

『花と兵隊』公式ホームページ

松林監督のブログ:還らなかった日本兵





未帰還兵を追ったドキュメンタリー映画『花と兵隊』、8月8日から公開
かつて太平洋戦争中にビルマ戦線へ多くの日本兵が送られた。そして敗戦をむかえても日本へ還らなかった兵隊たちがいた。それはなぜなのか?

hanatoheitai.jpg

そんな未帰還兵を追ったドキュメンタリー映画がこの『花と兵隊』です。未帰還兵らはタイやタイ・ミャンマーの国境付近にて家庭を築き生活を続けてきました。戦後約60年が経ち、彼らも90歳前後の年齢。そういった点からも彼らの言葉を記録するというのは非常に大切なことだと思うのです。毎年8月になると戦争について考える機会が多いですが、今年はこの映画でタイにいる未帰還兵のことを知り戦争について考えるのもいい機会だと思います。

監督は現在30歳、撮影時はまだ20代であった松林要樹監督。実は私と同い年です。そして松林監督とは、私がタイに留学中に知人を通して知り合い、タイでもそして日本に戻ってからもときどきご飯を食べにいったり映画のことを語ったりしました。

そして本当に作品の一部ですが、私もこの映画に関わらせてもらってます。公開にたどりつくまでの監督の苦労を知っているので、人一倍にこうして劇場で上映されることを嬉しく思います。

実は試写会にもお誘いいただいていたのですが、平日だったこともあり、(私はサラリーマンなもので・・・)まだ完成版をみてません。断片断片でしっている映像が敏腕編集マンの辻井さんによってどう編集されたのかも楽しみです。

8月8日から渋谷のシアターイメージフォーラムにて公開。その後、大阪、名古屋、神奈川と全国で公開されるようです。多くの方に観ていただきたい作品。私も初日に観に行きます。

『花と兵隊』公式ホームページ

松林監督のブログ:還らなかった日本兵







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。