. SIAMESE INDY 2009年09月
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『怪奇映画天国アジア』 読みました
なぜ前回のエントリーで、『4bia』を観たのを思い出したのかというと、実はちょうどこちらを読み終えたからなのでした(笑)。

四方田犬彦先生の『怪奇映画天国アジア』です。

kaikieiga asia

アジアといっても主に扱っているのは東南アジア。特にタイとインドネシアの怪奇映画にかなりのページがあてられています。タイなら『ナンナーク』のメー・ナーク・プラカノン、インドネシアのポチョンやジェランクン、マレーシアのポンティアナックにカンボジアのケン・コンとどれも国民的幽霊のオンパレードです。

ちょうど私が留学をしていたころに調査、研究でタイにもいらっしゃってたとうかがってます。それがこうして本として読めるのは嬉しいですね。怪奇映画好きから、東南アジア映画に興味のある人、はたまた映画研究者まで幅広く読めます。秋の夜長にいかがでしょうか。


スポンサーサイト
タイ映画『4bia สี่แพร่ง 』観ました
いやー本当の本当にいまさらなのですが、観ました。
といっても観たのはまだ暑いころ。やはりホラーは夏でないと、というのが日本人的な感覚ですよね。

4biaposter.jpg copyright: GTH

4つのオムニバスのホラー映画ですが、出来はかなりいいですね。2つめの「Tit for Tat」は怖いというよりちょっとグロイに近かったですが、どの作品もそれぞれの味がでてて面白かったです。個人的には4つめの「The Last Flight」が好きですね。Pim役のCherman/Laila Boonyasakがとてもいい演技してます。普通に日本で公開されてもおかしくない質の高さだと思います。


フィリピン映画『Tuli』観ました。
Tuliとはフィリピン語で割礼を意味する単語だそうです。

知らなかったのですが、フィリピンでは年頃の男の子(10歳前後)が割礼をする習慣があるそうです。そんな割礼と、女性への愛を求めるひとりの女性Daisyを通してフィリピンの村社会を描いている作品です。

tuli.jpg

インディペンデント系映画ならではの勇敢のある作品だと思います。フィリピンにはこんな作品もあるんですね。フィリピンのインディーシーンも面白そうです。

インドネシア映画『Perempuan punya Cerita (Chants of Lotus)』 観ました。
またまたインドネシア映画の紹介です(すみません、一度観始めるとこれもあれもとなっちゃって・・・へへ)。先日ほど紹介した2つの作品もかなりシリアスで重い内容の作品なのですが、これにはかなわないかもしれません。

4人女性監督による4つの場所の4人の女性を描いた4本のオムニバス作品がこの『Perempuan punya Cerita (Chants of Lotus)』。いやあ、これかなり見ごたえあります。

chants of lotus


この先ネタバレあるので注意


1つ目の「Chant from an Island」は、乳がんにおかされた助産婦のはなし。彼女が病院から島に戻ってきたとき、知的障害のある島の女性がレイプされそして妊娠をする。彼女は中絶を試みるが、島の閉鎖的な社会の中では中絶は重大な罪と考えられており・・・


2つ目は「Chant from a Tourist Town」。高校生の性の実態を描いた作品なのだが、なんとこの高校ではグループセックスにより妊娠をした女子生徒がでてくる・・・


3つ目は「Chant from a Village」。ナイトクラブで働き女手ひとつで娘を育てるEsiはある日、自分の恋人が娘に性的いやがらせをしていることを知り、逃げ出す。しかしそこに優しく声をかけてきた男性がおり、実はそいつが人身売買をしているやつで騙され娘をつれていかれてしまう・・・


そして最後が「Chant from the Capital City」。夫がドラッグをしていたため、HIVをうつされた妻。夫はエイズで先に死んでしまうのだが、義母は妻によって自分の息子がHIVをうつされたと信じ込み、子供の親権を渡すまいとしている。病に冒された妻は病気と闘いながら、娘と逃げるのだが・・・


とまあ、簡単な内容を書いただけでもその重さがわかる作品なわけです。かなりショッキングなので心してみてほしいと思います。でもこういった作品がきちんと市場にでてくるのはすごいなというのが一番の感想です。インドネシアの映画はもっと保守的なのかと思ってましたが、意外とやるなあというのが一番の気持ち(なぜか上から目線!?苦笑)。女性監督による女性を描く作品という企画がでてくるのも非常に面白いと思います。



プールとあわせていかが?D-Mark Magazine 第21号読みました
dmark0909.jpg

今月号のディーマークマガジンの特集は一つ前の記事でご紹介したチェンマイ舞台の映画『プール』の監督である大森美香さんのインタビュー記事です。

ぜひ、『プール』を観た帰りにタイ料理屋によってディーマークマガジンをみつけたら読んでいただきたい記事ですね。なんでチェンマイなのか、そのあたりがちょっと見えてくる気がします。


この先ちょっと映画のネタバレありなので注意。


実は作品の中でちょっと気になったのが、母である京子が娘さよがまだ学生であるのに自分の母(つまりさよのおばあちゃん)に預けてタイに来てしまったことなんです。そういうことってあるのかなあなんて疑問に思っていたのですが、これはタイに限らず自分の居場所をみつけてしまうとそういうこともあるんですかね。

多くの場合、家族がいる場所が自分の居場所なんだろうけど、もしかして世界のどこか別の場所に自分の居場所があるのかもなあなんて思わせてくれるそんな作品です。

ちなみに監督、若くてきれいな方です(写真付ですよ)。


大森監督のインタビュー記事ともうひとつの特集記事はなんとTCEBさん。同業であるMICE業界がとりあげられるなんて、なんだかちょっと不思議な気持ちです(笑)。いやいや、ぜひ活性化してほしいんですけどね。

『プール』、観てきました。
あっというまに一週間経ってしまいましたが、先週の公開にあわせて、『プール』みてきました。
『プール』にいってきます!

pool_012.jpg


個人的に、こういう作品は嫌いじゃありません。あのゆっくりと眠くなりそうな進み方はタイの時間の流れっぽくていいなーなんて思いながら観てました。
かもめ食堂をかなり意識したつくりで、インテリア、ファッションだったり食べ物に気を使っているのがわかりますよね。物語というより、そういった雰囲気を味わうのにぴったりな作品かもしれません。

初の映画出演で主役級のさよ役の伽奈さんは、いい意味でもそうでない意味でもちょっと存在感が強かったです。安定感のある小林聡美さん、もたいまさこさん、加瀬亮さんの中で自由に演技をされてて生き生きしているのですが、もっとこちら側の話も膨らませてほしかったなーというところもなきにしもあらず。

荻上直子監督が個人的に好きなのでクスクスっと笑わせてくれるところがもうちょっとほしかったなというのはありますが、今回は監督も脚本も違うので、かもめファンを裏切らないようにしているなというのが随所伝わってきました。いえ、もちろんこちらはこちらでよい作品だと思います。タイに住んでいた身としてはあまり冷静な判断ができないのでそれは各個人にゆだねるとしても、「こういう生活いいよなー、タイに帰りたいなー」なんて思いながら観ておりました。ただ、あんな自然の中のオープンスペースでご飯を食べると虫が寄ってきて大変だとは思いますが・・・(そのあたりは経験談から笑)。

美味しい食べ物がたくさんの映画。揚げたてのバナナが超うまそうだったし、あとは市尾くんの鍋がおいしそうでおいしそうでたまらなかった(プログラムにはレシピも付いてます)。

おもわず映画を観終わったあとに、友人とすぐ近くのタイスキのCocaへ駆け込みました。Cocaで食べたのは初めてですが、なかなか美味しかったですよ。タイスキもなつかしいです。
終始ノスタルジーを感じてた一日でした。ま、冷静な感想はあまり期待しないでください(笑)。


スリランカフェスティバルいってきました!
以前、「今月は各国フェスがたくさん。まずはブラジルフェスティバル!」でも紹介したスリランカフェスティバルにいってきました。

ここ2ヶ月ほど、仕事がらみでスリランカの方々とやりとりしていたこともあり、かなり関心が高まっていたんです。

規模としてはタイフェスにはもちろん及びませんが、なかなか面白いイベントです。
まず、スリランカといえばセイロンティー!紅茶のブースがたくさん出ているんです。いろんなところで試飲ができました。お値段もピンからキリまで。紅茶好きにはたまらないと思います。

人気があったのはもちろん食べ物ブース。タイフェスに負けないくらい(もしかしたらタイフェス以上?)の大行列でした。わたしがいただいたのは、写真にあるものです。(すみません、これまたカメラを忘れて携帯でとったものなので見苦しくて・・・)

srilanka fes_080

カレー焼きそば。そばを細かく切りながら焼き、それに鶏肉のほぐしたものとカレーをかけていただきます。ピリ辛で美味しいです。いっしょにいただいたのはライオンビールのstout、黒ビールです。こちらも飲みやすくて美味しかったですよ。

デザートはマンゴーたっぷりのカキ氷。マンゴー果肉とトロトロのシロップに練乳をかけていただきます。シロップといっても全然甘くなくむしろ酸っぱいので、練乳の甘さがちょうどいいです。甘すぎず日本人向けだと思いました。現地でも同じ食べ方をするのかは不明ですが・・・(笑)でもとてもおいしゅうございました。

それ以外にも、こちらはスリランカの絵本。チャリティーということで無料でいただけるかわりに寄付をするというコーナーでいただきました。スリランカの作家が書いた絵本を日本語で読めるなんて。もうひとつはシンハラ語の絵本。全くわかりませんが・・・でも文字はタイ語とちょっと似てますよ。

srilanka pic_012

あと日本で一番有名なスリランカ人といえばウィッキーさん。そう、あのズームイン朝の名物英会話コーナーの方です。生ウィッキーさんをみられたのもちょっと感激でした。小学生の頃、毎朝見てましたからなつかしかった。他にもインド映画DVDのお店でDVDを買ってみたり(スリランカ映画は置いてませんでした・・・)、もちろんお仕事関係の挨拶をしたりとなんだかんだでかなりゆっくりと楽しんできました。規模的にもちょうどよく(タイフェスは人に酔います・・・)また来年も行きたいなと思ってます。


ちなみに、帰りに明治通りを歩いてたら、普通にトゥクトゥクがとまってました。運転手さんは後ろの席で寝てたし、なんかまさにバンコクの光景なんですけど・・・渋谷も変わりつつあるんでしょうか(笑)。

tuktuk.jpg


Good Design ExpoのタイDEMark
なんかずっと仕事がいそがしくて、ようやくこのシルバーウィークで一段落できた感じがします。

というわけで、もうひと月近く前の話ですが、グッドデザインエキスポいってきました。

これです→今週末はタイのデザインを楽しみに行くぞ!Good Design Expo2009

美術大学や大手企業のブースの間に囲まれて現れるタイのブース。ナショナルパビリオンとしてはタイだけでしたので、ある意味、タイのデザインのプレセンスをアピールできたのではないでしょうか。

いわゆる「タイ」といったものではなく、どの国にも通用しそうなデザイン。でもどこかタイらしさが見え隠れするようなデザインで多くの来場者を魅了していたと思います。
個人的にプロダクトデザインは好きなので、かなりゆっくりと会場を観て回っていたら、あっという間に閉幕の時間。実はタイのブースもそれほど時間をかけて観られなかったのが残念。

残念ながらカメラを忘れてしまったのです・・・(涙)
なので携帯で撮ったものを・・・やはり写りが悪すぎてよくわからないですね・・・

gooddesignexpo1_050.jpg

ちなみに六本木のデザインハブでも今日まで「微笑みの国、タイのデザイン展 -タイ王国 Design Excellence Award 2009受賞商品から-」が開催されてました。ひえー、いつも終ってからの情報で申し訳ないです~。

国をあげてデザインに力をいれているタイの姿が見えてきますね。
インドネシア映画『LOVE』 観ました。
love kabir bhatia

タイ映画にもこの手のものは多いですがDVDのパッケージがこんな感じで、しかもタイトルは『LOVE』ときている。そしたらこれはティーンネージャー向けの青春恋愛映画だと思うじゃないですか?そしたら意外や意外、恋愛映画は恋愛映画なのですが、かなりシリアスで重かったんです・・・まあいい意味で裏切られてといいましょうか。


注意:この先、ネタバレあります。


5組のカップルの恋愛模様が描かれているのですが、

1.少年と少女。少女は不治の病におかされており、少年の気持ちを考えて交際を断るのだが・・・
2.田舎から彼を探して一文無しででてきた女性と彼女を助ける羽目になった印刷所の青年。こちらもなんとか行方不明の彼を見つけ出すのだが、新しい女と一緒で・・・
3.知的障害の娘を持つ両親。母親の浮気でかなり冷え切っている・・・
4.若くて美しい売れっ子作家と、作家を目指している本屋のバイトくん。
5.アルツハイマーのおじいさんとそのおじいさんがたまたま食べにきた食堂のおばさま

となんとも一筋縄ではいかないカップルばかりなのです。この青春ロマンティック作品的な表紙とは裏腹にかなり修羅場がたくさんな恋愛模様。見ごたえはあります。いや、作品としてもとてもよく出来ていると思います。



インドネシア映画『Ayat-Ayat Cinta』 観ました。
インドネシア映画『Ayat-Ayat Cinta (The Verses of Love)』観ました。
ここのところ、インドネシア映画のDVDを立て続けに観ていますが、どれも出来がとてもよく、見ごたえのある作品ばかりです(たまたまそういう作品に運良くあたってるのかも)。

ayatayatcinta.jpg


注意:この先ネタバレありです。


『Ayat-Ayat Cinta 』はエジプトに留学するファーリという好青年の恋の物語なのです。・・・が、最初はなかなかロマンスっぽい雰囲気で、正義を愛するファーリへいろんな女子が惹かれていくのですが、途中からかなり雰囲気がかわっていきます。

ファーリがアイシャと結婚をすると、密かに恋心を描いていたマリアは事故にあい意識不明になり、ヌルルはショックでファーリを避け、そしてノウラはなんと彼にレイプをされたと裁判を起こします。ファーリ君、正義感たっぷりで誰からも好かれる好青年なのですが、女性の心だけは全くといっていいほど気がつかず・・・

イスラムの恋愛であるので、正直いろんなところで新たな発見があってかなり興味深くみれました。特にアイシャとマリアの両方から愛されるファーリが最終的に両方を妻と迎えるのは、日本人からするとちょっとびっくり。物的証拠がないのに危うく冤罪で死刑にされてしまうのかと、ドキドキしちゃいました。物語として飽きさせず、次の展開が気になるつくりで楽しめます。

なかなかの大作で、おすすめです。



『プール』にいってきます!
ヘルシンキの次にくるのはチェンマイ!今から楽しみな『プール』!

で以前に書いた『プール』、いよいよ今日から公開ですよ~!

というわけで、早速観に行ってきます♪

ではっ。

プール 公式ホームページ
今月は各国フェスがたくさん。まずはブラジルフェスティバル!
それにしても9月はお祭りがたくさん!映画祭しかりですが、毎年タイフェスが開催される代々木公園では、毎週末、各国のフェスティバルが開催されます。

brasilfes2009scjp_012.jpg

今日と明日はブラジルフェスティバル!
ブログの東南アジアとは直接関係ないですが、
アツイブラジルの文化にも関心があります。というかブラジル料理のほうにもっと惹かれるかも(笑)。

詳細はこちら。
第4回 ブラジル・フェスティバル

ただ、明日は一日お仕事なのでちょっといけそうもなく・・・残念ですが来週こそは!と思ってます。

ちなみに来週はスリランカフェスティバルです。

srilanka fes2009_040

実は、来週、再来週と2週間連続でスリランカの方々とお仕事をするため、
ここ1ヶ月ほどその準備でいろいろやりとりをしていたり、
本とか読んでちょこっとお勉強をしたりと個人的にいまとっても関心が高まってます。

そのあとにもベトナム、インドと続くので楽しみな9月のフェスティバルです。

ちなみにスリランカフェスティバルの詳細はこちら。

スリランカフェスティバル2009



Sintok シンガポール映画祭 in 東京 今日から開催中!
シンガポールの映画をこんなにまとめて観られるなんて本当にめったにない機会だと思います。

タイ式シネマパラダイスのおこなわれたシネマート六本木で今日から来週末まで開催中。うわー是非行きたい!でも明日はお仕事なんです・・・。平日も難しいし、来週末にいけるかしらん。

エリック・クーやタンタンピンなどシンガポールを代表する作品がみられます。タイ式シネマパラダイスのようにエンターテイメント作品からアート作品まで楽しめますよ。ゲストもたくさん、見逃せません。

ぜひお楽しみください!

公式ホームページはこちら。

Sintok シンガポール映画祭


今日からタイフェス in 大阪!
ご存知の方も多いと思いますが、今日、明日と大阪でタイフェス開催中です!

このポスターも結構好きです。
thaifes osaka_020

詳細はこちら。

タイフェスティバル Thai Festival

全国のタイフェス情報が満載です。それだけタイ好きな方が多いってことですよね。

9月はお祭りがいっぱい!まずはお台場でロイカトン祭り!
実際のロイカトン祭りと比べるとちょっと早いですが、タイらしさを味わうにはこれくらい暑い時期の方がいいかもしれませんね。

ロイカトン祭りは私のお気に入りのお祭りでもあります。見た目としてとってもきれいだし、なんかロマンチックですよね。これが日本でも味わえるのは貴重です。

tokyo loykratong

9月5日~6日にお台場にて開催されます。今週末ですね。今週末はちょうどお台場でお仕事が・・・ついでに寄る時間があるかな(苦笑)。タイ料理の屋台でもでてればご飯でも食べにいこうかしらん。

詳細はこちらをご覧ください。写真とかみるとかなりタイっぽいお祭りですね。

東京タイロイカトン祭り2009




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。