. SIAMESE INDY 2010年11月
FC2カウンター

プロフィール

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なかのムービーラプソディーにて、『 自転車とラジオ 』が上映されます。
12月5日に中野ZEROで開催されるなかのムービーラプソディーという上映イベントにて、『 A Moment in June 』で長編デビューしたオー・ナタポン監督の短編作品『自転車とラジオ 』が上映されるそうです。

気になっているタイ映画監督のひとりです。
観に行こうかただいま検討中。

詳細はこちらを。
短編ながらキャストも豪華だし、日本人の美術の方(今井伴也さん)が入っていらっしゃいます。

なかのムービーラプソディー 自転車とラジオ



スポンサーサイト
シンガポールでは・・・
IMG_1516 15

シンガポール出張は10月末~11月初めの1週間ほどでした。
基本的には土日関係なくずっと仕事でしたが、一応残業はないので夜と
フライトが深夜だったのもあり最終日だけはほぼ終日、自由に動けました。

平日は2度ほど友人と会う機会がありました。

ひとりはシンガポール人の友人で世界中を飛び回っているアート系プロデューサー。
元々はバンコクで私が修士論文の発表を第一回タイ映画学会(Thai Cinema Conference)にて行った際に、声をかけてくれてからの付き合いで、別の機会に日本に呼ばれてきたときなどに東京で会ったりもしています。現在もバンコクにアパートはあるものの、インドだ東京だシンガポールだ飛び回っていますね。
彼と若い2名のシンガポーリアンアーティストとともに、食事をいただいたのはなんと鉄道の駅。
シンガポールはどこもかしこも新しいビルがたち近未来な雰囲気を漂わせていますが、鉄道に関してはノスタルジックあふれ、実は私が初めてシンガポールを旅行した10年前にも来た場所だったんですね。ここからマレーシアのJBまでいきました。初心に戻った気分で、シンガポールアート界のゴシップを聞きながら(笑)夕食を楽しみました。

2人目はこれまたバンコクの映画財団で知り合ったイギリス人の研究者。彼もタイ映画の研究をしていて、タイでは大学で英語を教えながら2年くらいタイにいたようですが、私より先にイギリスへ帰国。その後、某国営放送局で働いているときいてましたが、最近、シンガポールの大学で博士課程に進むことになったときき、ちょうどシンガポール出張の際に会いました。彼とはアラブ街の中東料理レストランでご飯を食べて、そのあとパブでビールを飲みました。そこらへんの屋台でも全然よかったのに、ビールはパブとこだわるところがイギリス人だなーと思いながら、博士課程の大変さをいろいろ聞きました。研究もタイ映画についてで、まだ入ったばっかりなので調査とかはこれからのようですが、面白そうな研究をしてくれそうな気がします。

実はそれ以外にも元タイにいた人・研究者たちがなぜかシンガポールに集まっており、知る人ぞ知るあの人がシンガポールの大学で教えていたりと、上記2人と情報交換をしてまいりました。確かに研究するならバンコクよりシンガポールだよな。調査にタイへいけばいいんだしね。

最終日は、会社の同僚の韓国人のお姉さんがマレーシアに住んでいて、たまたまシンガポールへ旅行へ来るからと一緒にご飯を食べて観光してきました。チリクラブにマーライオンと、ザ・シンガポールでした。韓国にも地球の歩き方のようなガイドブックがあって、かなり詳細に書かれてましたよ。そのお姉さんは日本留学経験ありで日本語ぺらぺら、そしてソウルから飛んできていたその友人も日本語学習経験ありと、日本語だけでもやっていけちゃったり。年齢もほぼ同い年なのでノリが近くて、楽しい一日になりました。

えっと、それ以外は映画はちょこっとだけシンガポール映画DVDを購入。あとはペラナカンミュージアムにいってきました。結構好きなんですよ、ペラナカン文化が。あと、タイのカオマンガイには申し訳ないですが、個人的にはシンガポールのチキンライスの方が好きです。あのレモンのタレがたまらんですな。他には、新しいカジノにちょっとひやかしに入ってみたりといったとこかな。負けましたけどね(笑)。

というわけで、シンガポール出張はここまで。シンガポールらしく多国籍な人たちと会えた出張でした。仕事も日本人のお客さん相手にマレーシア人とカナダ人を雇ってみたいな感じでしたので・・・。シンガポールもう少し長くいたいなと思いましたね。

そしてそして実はその2週間後に今度はバンコク出張いってきまして、先週の金曜日に東京へ戻ってきたばかりなのです。そのため、ここのところ忙しくてブログも滞っていたわけです。

バンコク出張の話はまたいづれ。いろいろ書きたくても書けていないことがいっぱいです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。