. SIAMESE INDY タイ映画博物館へいってきました
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ映画博物館へいってきました
以前、往年のタイ映画上映@サラヤーでも書きました2008年7月5日(土)にタイフィルムアーカイブ(ホー・パパヨン・ヘンチャート)で行なわれた『วิวาห์พาฝัน』の上映へ行ってきました。

当日は、映画上映のみならず映画博物館の紹介や主演女優を呼んでのイベントなどもあり、なかなかにぎやかでした。作品が1971年のものであるということもあり集まったのは50歳前後のおじさま・おばさま。普段シネマコンプレックスではあまり見かけない世代の人たちが、嬉しそうに博物館を巡り映画を楽しんでいる姿をみて、なんだかこっちまでワクワクしてしまいました。

今回は、映画博物館内での写真撮影がOKだったので、写真にそって簡単にご紹介したいと思います。ちなみに映画博物館は予約制で毎週土曜日のみ開放、スタッフの説明を聞きながら館内をまわります。

fm0_025.jpg
映画博物館です。派手な黄色でよく目立ちます。バンコクからバスで来るときも車窓からこの黄色を目にして、ああ着いたと思うわけです。

fm00_025.jpg
タイに映画撮影カメラをもたらし、初の映画監督ともなったサンパサート殿下(Prince Sanbassatra)の銅像です。サンパサート殿下はチュラロンコーン王の弟で、「タイ映画の父」として考えられてます。ちなみにタイ短編映画&ビデオ祭のDuke Awardは、サンパサート殿下のニックネームDukeからきてます。

fm1_025.jpg
入り口を入ると博物館の説明があります。

fm2_025.jpg
ペンエーク監督ファンならすぐわかりますね(ヒント:日本でもビデオ化されている作品です)。

fm4_025.jpg
ナン(=映画)の起源は影絵。

fm5_025.jpg
タイ映画史の初期に日本人が重要な役割を果たした証拠ですね。タイ初の常設映画館をつくった渡辺知頼はチュラロンコーン王よりRoyal Japanese Cinematographの許可を得ました。

fm6_025.jpg
天井を仰ぐと、アイツが!(これでわかる方は、かなりのタイ映画通ですね。)

fm11_025.jpg
巨匠ラット・ペスタニーと『地獄のホテル』のセットです。

fm7_025.jpg
『東北タイの子』『山の民』のウィチット・クナーウット監督のお部屋です。

fm8_025.jpg
字幕付けの説明もきけます。

fm10_025.jpg
昔は5バーツ、10バーツで映画がみられたのですね。では劇場に入ってみましょう。

fm14_025.jpg
昔の劇場を再現したものです。木製のいす、スクリーンには広告です。

fm15_025.jpg
劇場後方部には、弁士用のブースもあります。

fm12_025.jpg
博物館の横には小さな喫茶スペースもありました。

fm13_025.jpg
なかなか素敵な雰囲気ですよね。

博物館自体はかなり小柄ですが、2階立てで、幅広くいろんなものが展示されています。もちろん写真に載せてないものもたーっくさんありますので、ぜひご本人の目で確かめてください!

7月5日の上映イベントに関しては次回、ご報告します。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

映画博物館というのがあるのですか!
バンコクにも子どものためのものも含め、いろいろなミュージアムができているようですねー。しかし、今回バンコクに行って、駐妻集団に聞いたら、タイ映画をどこでやってるかわからない・・・バンコクの大きいシネコンでは、ハリウッド映画しかやってないよーと言ってました(汗)。
これ、映画にくわしい方に案内してもらって見に行きたいですね。タイでは同じ時期に滞在できなかったんですね、残念です、ってお会いしたことないんですが(笑)。どうしても主婦なんで長期滞在できなくて。
【2008/07/22 17:46】 URL | チョムプー #rkLpwrN2 [ 編集]


映画博物館はまだできてからそれほど経ってないんですよ。
滞在中にMuseum of Siamというタイとはタイ人とは何かということを学べる子供向けの博物館へいったのですが非常に面白かったですよ(また後ほどブログにてレポートしますね!)。
あと、私のホームステイ先の家の近くには”子供博物館”なる名前の場所もありました。そこへは結局いかなかったのですが、いろんなミュージアムがあるのですね。
私も一度働き出したら、こんなにゆっくりとタイに行く機会もなくなると思います。ぜひ東京でのタイ関連イベントのときにお会いできればいいですね。
【2008/07/22 21:04】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/115-56c74e8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。