. SIAMESE INDY คล้องช้าง@タイ・フィルム・アーカイブ
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

คล้องช้าง@タイ・フィルム・アーカイブ
映画博物館、タイ映画上映イベント以外にも、
タイ滞在中にはタイ・フィルム・アーカイブへ映画をみにいきました。
※タイ・フィルム・アーカイブは土日祝は開いておりませんのでご注意。

タイ映画博物館と上映ホールは結構派手なのですが、
fm0_025.jpg

フィルム・アーカイブ自体は地味な建物です。
fa_025.jpg

スタッフの方が丁寧にどの作品をみたいのかをきいてくれます。
私は4年前に初めてフィルム・アーカイブにきたときに観た作品をもう一度観たいと思ってきたのですが、当時はタイ語もわからなかったし、タイトルなぞまったく覚えてませんでした。そこで作品の説明をして、いくつか候補らしいものを見させていただきました。

『I am from Siam』
ラーマ6世がなくなってすぐの頃の作品のようでした。ラマ7世の即位式などもあったので。カラーで音もあり。主にタイの文化・風俗を英語にて紹介する映像です。

『Siamese Playlei』
ラーマキエン上映を撮影したもの。白黒。途中から無声に。

『See Siam』
こちらも英語でのタイの風俗紹介。

『ฉลองกรง๑๕๐ปีเปิดสพานพุทร์』
サパーン・プット(Memorial Bridge)の開橋式の様子。白黒・無声。

『รตราง』
バンコクのゴールデンマウンテン付近を走る路面電車の様子。カラー・無声。
いまでも路面電車走ってれば、渋滞に巻き込まれなくていいのに・・・。

ついでにNHKの『タイはこうして独立を守った』というものまで見せてもらいました。

そしてようやく私が探していたものと遭遇。それは
『คล้องช้าง』_(象狩り)という作品です。

実はこの作品、全編日本語。日本の取材チームがタイ(当時はシャム)とはどういう国かというのを撮影しに来た作品です。4年前、タイ語力ほぼゼロの私に、ドームさんが薦めて下さった作品なのです。

何年の作品かはわからないのですが、タイではなくシャムといっており、そのシャムへいくのには、”我が国最南端の台湾から”といってるのと、シャムの周りはまだフランス領インドシナとなっていることからも、60年以上前の作品でしょう。約1時間の映画です。

最初は寺、チャオプラヤー川(メナム川といってる)、タイ式の家、ワイ、タイ舞踊、プット橋開橋式などといったタイの文化や風俗の紹介があり、シークルン撮影所やスネークファームなども映ってます。そしてアユタヤ(アユチヤといってる)を紹介し、その後、象狩りへ。北部の山岳にいる野生の象を2ヶ月かけてロッブリーの追い込み場へ連れてきます。

私が以前見たのは、タイの文化・風俗紹介の部分だけだったので、まさか「象狩り」の話だったとは知らなかったのですが、探していた作品と出会えてよかったです。アーカイブスタッフの方に感謝。

ネットで調べてみたら、この作品の一部がyoutubeに上がってました。



フィルムアーカイブのあとは、すぐ近くのタイ映画財団へあいさつにいきました。アーカイブからバスで2~3停留所分はなれたところにあります。学生時代に大変お世話になったところです。

タイ映画財団は普通のオフィスで、一般には開放されていないので用がある人はアポをとっていかないといけません。オフィスに入ると看板猫のスースーが迎えてくれました。
fa2_025.jpg
写真ではわかりにくいですが、右と左の目の色が違っててエキゾチック。人懐っこいかわいいコです。

スタッフのみんなは、8月にあるタイ短編映画&ビデオ祭の準備で忙しそうでした。応募作品の中から映画祭で上映するものを選考してる最中で、私もいくつかいっしょに鑑賞させてもらいました。

そのあとはみんなで美味しいイーサン料理と会話を楽しんだのでした。昔を思い出して、なつかしい気持ちになりました。

「今年の流行は大き目のサングラスっ♪」とオシャレに気をつかうスースー。
fa3_025.jpg
男の子ですよ(笑)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/117-0a443738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。