. SIAMESE INDY タイポピュラーカルチャーの中のミャンマー その3
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイポピュラーカルチャーの中のミャンマー その3
前回に続き、
今日は、インディペンデント・タイ映画の中のミャンマー。

と、いっても私は、ミャンマーを扱ったインディペンデント映画をそれほど多く知らないのですが。ここでは2本、ご紹介。

一番有名なのはこれ、

『ブリスフリー・ユアーズ』byアピチャッポン・ウィーラセタクン監督。
2002年カンヌ映画祭「ある視点」部門グランプリ。東京フィルメックス最優秀作品賞。などなど。

すでに日本でも上映されたことがありますし、
今回のタイ映画祭のアピチャッポン特集でも観ることができます。

この作品の面白いところは、
一般のタイ人のもつミャンマー人像と全く違うところ。

あらすじなどの詳しい話はしませんが、

ミャンマー人の不法移民の若い男性に、
地方のタイ人女性2人は、

惹かれる。

そこには、ミャンマー人への嫌悪や偏見は見られません。

アピチャッポン監督はインタビューで、この作品は監督が前作の撮影中に偶然、動物園で見かけた不法滞在のミャンマー人が警察につれられていくことに着想されたといってます。
それは、バンコクでは決して珍しくない、日常の景色。
果たして警察に連行される前、そのミャンマー人女性は、そこにいた他の人々同様に動物園で楽しい時間を過ごせたのか?

アピチャッポン監督のインタビューのリンク

『ブリスフリー・ユアーズ』に激しい政治的メッセージはないと思いますが、
タイについて知っていると、そこに見えるものがあります。

監督の作品は、その実験性やアート性から国際的に注目されていますが、
その中に隠された(いや、隠されていないか)政治的含意を想像すると、さらに面白いです。

勝手な解釈かもしれないですが(笑)。

他にも、Natthapon Timmuang監督の『Admit』(2007)という短編ドキュメンタリー作品が、同様にタイ国内のミャンマー人労働者を扱っています。
監督はまだ学生ですが、この作品は第11回タイ短編ビデオ映画祭で上映をされた優秀作で、作業中にケガを負ったミャンマー人労働者の入院生活を淡々と撮っています。
その視点はアピチャッポンのそれと近いかもしれません。

こういった監督が、一般的なタイ人のもつミャンマー人像に対抗しているのかといえば、
わからないですが、そこへの疑問というのはなんとなく感じられます。

インディペンデント映画は、
そこにはちゃんと市場があるし、
メジャーを目指す人も多々いるけれど、
完全な商業主義でなく、
インディペンデントだからできることも大きい。

もちろんメインストリームでもメッセージの強い作品もたくさんありますけど。

将来的に、タイ人とミャンマー人の恋愛映画とかできたりしたら面白いんですがね。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/12-1e13085a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。