. SIAMESE INDY ギャラリー巡り 旧市街編
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャラリー巡り 旧市街編
タイ滞在中に行ったギャラリーやミュージアムなどもぼちぼちアップしていきます。

バンコク旧市街は観光地とあわせて美術館やギャラリーもそこそこあると思いますが、今回の滞在で行ったのはメジャーどころの3ヶ所でした。

最初はThe Queen's Galleryです。
qg_025.jpg

『Convergence of Science and soul』展
Thaotong4兄弟(Preecha, Suchart, Somchai, Suvichan)による展覧会。4兄弟が全員アーティストというのもすごいですよねー。それぞれの味が出てて面白かったです。
でもクイーンズギャラリーに来た本当の目的は、こちらでした。

La Fete(フランス文化祭)の一環で開催されていた
『The first portraits of Siam (1850-1860)』展
1850-1860年当時の王様や大臣ら、シャムの女性や舞踏家などを撮った写真です。150年以上前の非常に貴重なものだと思います。見ごたえもありました。
『100xFrance, History of French photography from its origin to present day』展
は、フランスで写真が発明されてから、現在までどう発展してきたのかを表したもの。こちらも興味深かったです。

次は、クイーンズギャラリーの目と鼻の先にあるKing Prajadhipok Museumです。
kpm6_025.jpg
ギャラリーというよりこちらは博物館ですね。プラチャティポック王(ラーマ7世)に関して学べます。タイ最後の絶対君主、ラーマ7世王の行なった業績を含め、タイ近現代史を学ぶのに最適の場所でしょう。(ちなみに館内はフラッシュをつかわなければ写真撮影OKでした)

kpm0_025.jpg
プラチャティポック王が日本にいらしていたなんて知りませんでした。

でも、私の目的は実はこれだったのですが。
kpm1_025.jpg

kpm3_025.jpg
やっぱり映画です(笑)。

ラーマ7世王は映画を愛し、ご自身も映画を撮られました。
王が愛用されたカメラやフィルムも展示されてます。
kpm2_025.jpg

kpm4_025.jpg

博物館内には小さな上映室があり、毎日午前と午後の二回、短編映画を上映します。

kpm5_025.jpg
上映室です。

スケジュールは月毎に異なるそうですが、基本的にラーマ7世に関するもののようです。
私が観たのは(たぶん内容から)『Magic Ring』というラーマ7世王が撮られた作品だと思います。(貼ってあったスケジュールが前月のものだったのと、上映途中から入ったのでタイトルがわからなかったので、もしかしたら違うかもしれません。)

端から端までみていったら丸一日かかりそうなくらいラーマ7世王に関しては充実した博物館です。時間に余裕を持って見にいきたいですね。

最後に寄ったのは、カオサンから歩いてすぐのナショナルギャラリー
ng_025.jpg

たぶん3年くらい行ってなかったと思います。
企画展は、子供向けのタイのお菓子展。これはこれで面白いのですが、あまりアートとは関係なかった気が・・・。小学生の団体さんがいらっしゃってました。
常設展は、絵画から彫刻までタイの現代アートを概観するのによいです。こちらも充実した内容なので、ゆっくり時間をかけて楽しみたいです。

旧市街はみるところがたくさんあって、一日じゃ足りませんね。

エントランスでタイ語を話すと、どこもタイ人価格で入場できました。たぶん肌が日に焼けていたのと、あまり多く語らなかったのが吉と出たのでしょう(笑)。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/124-349f4166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。