. SIAMESE INDY 『Friendship』を観てきました。
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Friendship』を観てきました。
もう8月に入りましたが、いまだに7月のタイ滞在のときに行ったり観たりしたことをレポートしてます。毎日ひとつづつコツコツと書いているので、もう少しお付き合いくださいね(笑)。
-----

タイ映画『Friendship』を観てきました。

Friendship.jpg
copyright:Right Beyond

アジアフォーカス・福岡国際映画祭でも上映される『サイアム・スクエア(Love of Siam)』で一躍スターダムにのしあがったマリオ(Mario Maurer)とペンエーク監督最新作『Ploy』のアフロが超印象的だったサイパン(Apinya Sakuljaroensuk)が主演のドラマです。この2人が主演ならこれゃ観にいかんと、と行ってまいりました。

ポスターはどうみてもどこにでもありそうな学園ラブコメ。旬の俳優二人をそんなどこにでもある学園ラブコメなんてもったいないと思って観に行ったら意外にも(!?)ちゃんとしたドラマでした。

懐かしの(!?)超人気アイドル・ジェイ(Jetrin Wattanasin)が大人になったシンハー(マリオ)を演じており、思わず成長過程であんなに顔がかわるんか?とつっこみたくなるところですが(笑)、ストーリーは懐かしの友人たちが集まる同窓会で学生時代を回想するところから始まります。それはまるで『フェーン・チャン -ぼくの恋人-』みたいなのですが(『フェーン・チャン』は結婚式だったけど)、話を観すすめていくと全く違う展開でした。

生意気盛りのシンハー(マリオ)は転校してきたミトゥナー(サイパン)のことが気になり、ちょっかいを出します。一方、ミトゥナーは学校の友人へ隠し事をしているのですが、あるときそれがシンハーに見つかってしまいます。そんな中ふたりはお互いに惹かれていくのですが・・・。

とまあやっぱり学園ドラマな展開なのですが、物語が進むにつれ少しづつ雰囲気が変わっていき、(もちろん言いませんが)予想外な結末を迎えます。たぶん多くの観客の期待をいい意味でも悪い意味でも裏切ってると思います。個人的にはいい意味と捉えますが。

『ハンコック』と同じ週の封切りもあるし、タイ映画では『ラック・サーム・サオ』がかなり順調なため、あまり日の目をみてないようでちょっと残念ですが、そこそこの良作だと思います。サイパンはあのアフロのイメージが強くて、最初は彼女だってわからないくらいですが、純粋でかわいい女の子を演じてました。マリオもサイパンも今後のタイ映画には欠かせなくなるだろう注目の若手俳優です。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/130-5a4c7c51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。