. SIAMESE INDY Bangkok Art & Culture Centre いよいよオープン!
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bangkok Art & Culture Centre いよいよオープン!
今朝の投稿でサイアムに建設中のBangkok Art & Culture Centre(これが正式名だそう。ちなみにタイ語はหอศิลปวัฒนธรรมแห่งกรุงเทพมหานคร)について少し書きましたが、実は今日7月27日がオープンだそうです!シリントーン王女がいらっしゃっての開館式が行なわれたようです。延び延びになっていましたが、ようやくなのですね!

せっかくならもう少しタイに残っていればよかった・・・

siam art_025

実際に一般の人に開放されるのは明後日の29日からで、一番最初の展覧会はシリントーン王女の写真展"Always Roaming with a Hungry Heart"だそうです。

プミポン国王の写真を撮るのがお好きなのは有名ですが、シリントーン王女も写真撮影がお好きで、一昨年のプミポン国王即位60周年記念式典にて、演説中の国王をカメラで撮られる姿が大きな話題となったのは記憶に新しいですね。国王の写真を撮る微笑ましいシリントーン王女の写真がタイ中に出回りました。展覧会の会期は2008年7月29日~8月24日。夏休みにタイへ行かれる方は是非この記念すべき展覧会をお楽しみください。

詳細はこちら:

Bangkok Art & Culture Centreのホームページ:"Always Roaming with a Hungry Heart"
.
写真展に関するバンコクポストの記事:THE WORLD THROUGH HER EYES

ちなみに写真展のあとは、昨年、日タイ修好120周年記念で東京現代美術館で開催された『Show Me Thai』展を企画した文化省現代芸術文化委員会総合ディレクター アピナン・ポーサヤーナン先生がキュレーターを務める”Traces of the Siamese Smile: Art+Faith+Politics+Love”展が予定されているそう。ネーション誌の記事によると、タイアートのすべてがわかるような豪華な展覧会になるようです。これは絶対に見逃せない!でもアートセンターのマネジメントに関しては、前途多難というかまだまだステップがありそうですね。

詳細はこちら。

ネーションの記事:Arts centre will open with a bang, but what then?

センター内の他の施設も含めて、大注目のBangkok Art & Culture Centreです。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/132-3ed1c0ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。