. SIAMESE INDY この実験、見逃すな。
FC2カウンター

プロフィール

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この実験、見逃すな。
ビルマ人権の日のニュースから、4日連続でタイポピュラーカルチャーとミャンマーの話になりましたが、今日はうってかわって映画祭ニュース。

そして私はまた行けない(涙)。

タイ現代アートや映像文化に関心のある方は、これを見逃してはなりませぬ。

第五回バンコク実験映画祭
The 5th Bangkok Experimental Film Festival
通称BEFF5!

見逃せない理由

その1、

なぜなら、これを逃したら次、いつになるかわからないから!

この映画祭、不定期です。
前回は2005年12月。
私は当時、タイへ着たばかりで大学院にテンパっていたので、見事に逃しました。
来年は絶対と思ってたけど、ありませんでした。
そして今回もいけない・・・。

次がいつなのかはわかりません。
行けるなら、行きましょう。

その2、

なぜなら、主催者が超豪華だから!

現代タイアート、映画の中心にいる3団体が主催してます。

Project 304

アーティストとキュレーターの集団です。
1996年にオルタナ・スペースとしてはじまったProject 304は、
国際的に著名なタイ現代美術家の故Montien Boonma氏も設立メンバーのひとりというアーティスト集団。

特に私が注目してるのは、シカゴ大アートスクール卒のこの3人。

タイの異才、P'Joey、アピチャッポン監督、

そのアピチャッポン作の『アイアンプッシーの大冒険』主演のコンセプチュアル・アーティスト、P'michael こと、マイケル・シャオワナーサイさん

現在、ジム・トンプソン・アートセンターのキュレーターであるP'Jiab、グリティシア・ガーウィンウォン女史

タイアートを”超”面白くしているメンツです。
もちろん、他にもすごいアーティストがProject304のメンバーだったりします。
詳細は、オフィシャルホームページをチェック。

Kickthemachine

いわずもがな、アピチャッポン監督の製作会社。
すんばらしい名前です!

Thai Film Foundation

1994年に映画史研究、映画保存、映画文化の重要性の促進のために、映画活動家らによって設立されたNPO団体。
1997年より毎年「タイ短編ビデオ映画祭」を主催しています。この映画祭は、タイで一番歴史のあるもので、多くの映画人に支持されています。他にも多くの映画上映、センサーシップ関連のセミナー、タイ映画学会(Thai Cinema Conference)も企画してます。
タイ映画の縁の下の力持ちです。

その3、

なぜなら、プログラムも面白そうだから!

これは直接、見てもらうのが一番ですね。

BEFF5のオフィシャル・ホームページ

バンコクポストKong氏の記事もわかりやすいです。

映像作家にも強い衝撃を与えた2006年のクーデターが、
どう表現されるのか、

アピチャッポンやタンスカといった国際的に支持される独立系映像作家のとったミュージックビデオってどんなものか、

ぜひみてみたいです。

タイ以外の作品は、David Teh氏がキュレートされているそうです。
彼もバンコクのアート系イベントでよくみかけました。
たしか、オーストラリアの大学で教えてるとかきいてたのですが、キュレーターさんでもあったんですね。

かなりハードコアな実験映画が多いようなので、
う~ん・・・理解できん的な作品もあるでしょう。

しかしそれも実験映画の醍醐味。

この映画祭、激しくお薦めです。
バンコクキアンはぜひ楽しんで!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/14-d23f683f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。