. SIAMESE INDY もしかしたらタイでは観られない!?『Citizen Juling』@トロント国際映画祭
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしかしたらタイでは観られない!?『Citizen Juling』@トロント国際映画祭
さて、昨日の続きです。

『In the Shadow of the Naga』に加え、もうひとつ話題のタイ映画作品がトロント国際映画祭で上映されます。

citizen juling
『Citizen Juling(พลเมืองจูหลิง)』です。
(このポスターだけですでに検閲ひっかかりそう・・・)

『Citizen Juling』はタイ南部のナラティワート県でアートを教えていたJuling Pongkunmulさんという仏教徒の女性が、テロリストによって誘拐された後に危害を加えられ、意識不明となりその8ヶ月後に亡くなったという有名な事件を扱った記録映画です。その政治的な内容からも、タイで一般公開されるのは難しいのでは思われる作品。220分の長編記録映画です。

Ing K、Manit SriwanichpoomそしてKraisak Choonhavan議員という知る人からするとこれゃすごいと思うメンバーがつくりました。

Ing Kさんは作家、画家、映画監督とマルチに活躍する女性アーティスト。映画関係では『Thailand for Sale』(1991)で脚本、そして『Green Menace: the Untold Story of Golf』(1993)、『Casino Cambodia』(1994)、『My Teacher Eats Biscuits』(1998、検閲委員会に引っかかった作品)では監督もしています。 監督としては約10年の歳月を得ての今回の『Citizen Juling』です。

Manit Sriwanichpoomさんはご存知、ピンクマンシリーズで国際的に有名な写真家の方です。以前、ギャラリー巡り シーロム編で紹介したKathmandu Photo Galleryのオーナーでもあります。彼の写真もかなり政治的な内容を含んでいます。作品を観たい方はぜひこのギャラリーへ行かれるのをお薦めします。

そしてKraisak Choonhavanさんなのですが、故チャチャイ元首相(Chatichai Choonhavan)の息子さんで、現役の政治家の方です。実は私、7月にタイに行ったとき韓国人の友人の絵画展「Still-life still life art exhibition」のオープニングでKraisakさんの姿を拝見しているのですね。まさかこんなすごい映画をつくっている方だとはつゆ知らず、それにけっこうな大物だと友人から聞いたので、話しかけなかったのですがもったいなかったかも。彼はJulingさんの絵画展も企画したそうで、どうやらアートには造詣の深い方だったよう。また、彼が警察や軍隊といった権威と闘う政治家という立場もあり今回の記録映画もより人々の中に入っていけたようです。

Kraisakさんのホームページ(タイ語)

映画の内容、背景、そしてインタビューに関しては、このブログではおなじみのBangkok Post映画批評家のKong Rithdeeさんの記事がとても詳しいので、是非読んでみてください(英語です)。

Uncompromising documentary examines the troubles in the South, using the abduction and subsequent death of an innocent teacher as a focal point

『In the Shadow of the Naga』と『Citizen Juling』という話題作をもってきたトロント国際映画祭。タイ映画ファンなら是非、注目しておきたいです。また、今後タイでの公開などがあるのか、これからもニュースなど追っていきたいと思います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
バンコク国際映画フェスティバルで上映されますよ。
こんにちは。この映画、バンコックの国際映画フェスティバルで上映することが決まったということで、カトマンズギャラリーからさきほどメールが来てました。今回このブログをはじめて拝見したので、すでに既述だったらごめんなさい。

Thailand Premiere: Bangkok International Film Festival, SF Cinema Central World

Friday 26 Sept 2008, 4.45 pm

Monday 29 Sept 2008, 4.10 pm


youme.
【2008/09/21 20:12】 URL | youme. #bi94IFRw [ 編集]


youmeさん
ありがとうございます。早速今日(9/22)の記事に書かせてもらいました。
この作品がタイで上映されるというのはある意味快挙だと思います。
ご覧になられたらぜひご感想などお聞かせください。
【2008/09/22 09:43】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/163-39a9cafb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。