. SIAMESE INDY 『The Convert』@第12回タイ短編映画祭
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『The Convert』@第12回タイ短編映画祭
前回、前々回とタイ映画と宗教についてちょこっとみてきたので
是非、こちらの作品も紹介したいと思います。

今月末からはじまる第12回タイ短編映画祭(12th Thai Short Film and Video Festival)にて、
パーヌ・アリーさん(加えて、昨日も紹介したバンコクポストのKong RithdeeさんとKaweenniphon Ketprasertさんが共同で監督を務めてます)の新作『The Convert(มูอัลลัฟ)』が上映されます。มูอัลลัฟとは新たにイスラム教徒になること、イスラム教に改宗することを意味する単語のようです(オンラインのタイ語辞書には載ってなかったのですがググるとそういった意味が出てきました)。

バンコクに住む仏教徒の女性がタイ南部サトゥン県出身のムスリムの恋人と結婚を決め、バンコクでの仕事も家族も離れタイ南部へ移住するという記録映画とのことです。

と、ここでふとどこかで聞いたことのある話だなーと思ったのですが…この女性のバンコクでの仕事は古着販売と雑誌の編集…え、もしかしてこの女性って、タイ在住の日本人ならみんな知ってる某フリー誌の方ではないでしょうか。私もタイ在住のときはよく読んでいたのですが、彼女はD誌の名物編集者だったので、彼女が編集から離れるときによくその話がD誌の記事でよく語られてて(ムスリムの男性に嫁ぐとか、そのためにお辞めになるとか)、名前も同じみたいだし。もちろん確かではないのですが、そうだとしたらD誌でも特集くむかな?

ちなみに、この作品は昨年、釜山国際映画祭のAND (Asian Network of Documentary)のファンドを獲得した作品です。

第12回タイビデオ&短編映画祭は8月29日~9月14日までの予定。この作品は5つのドキュメンタリー映画上映のプログラムで公開されるようです。

詳しくはこちら。

5 different tastes from 5 documentaries @ Bioscope community

The Convert @ THAICINEMA.org

第12回タイビデオ&短編映画祭に関してはまた別の機会に詳しく書きます!

関連記事:
Bangkok Blog by Panu Aree
パーヌ監督 回顧上映会

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
ええ!あのJちゃんだったんですかぁっ!
その作品の事はパヌから断片的に聞いて
いましたが、主人公がJちゃんだったとはっ!
(orgに載っていた作品スチルでも確認しました、あの横顔は間違いない!)
 実は彼女とは某P’JのD誌特集記事で、一緒にスタジオを訪ねたこともあったりして・・・彼女もファンだそうです。
世界は狭い。是非見たいですね~
【2008/08/19 06:09】 URL | みゃう #Ei04aunU [ 編集]

イニシャルトークみたいですが
やはりJさんなんですね。私はJさんのことを個人的には知らないのですが、D誌上やAさんからも少しお話を聞いたことがあったので、ぜひこの作品、見たいですね。D誌のFさんが宣伝をしてくだされば、今年の短編映画祭に日本人客が増えるかなー。
【2008/08/19 20:07】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/164-7394f9a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。