. SIAMESE INDY 12th Thai Short Film & Video Festivalがキター!
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12th Thai Short Film & Video Festivalがキター!
いよいよこの時期がキタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━ (←使ってみたかったんです 笑)
毎年恒例、タイ短編映画&ビデオ祭です!

shortfilm.jpg
copyright: Thai film foundation

タイで一番長く続いている映画祭、今年は12回目です。

94年に映画文化促進や映画史研究を目的として設立されたNGO団体のタイ映画財団(Thai Film Foundation)によって、97年に立ち上げられたこのインディペンデント映画祭は過去に、『心霊写真』のパークプム・ウォンプムや『レベル・サーティーン』のマシュー・チューキアット・サックヴィーラクル、『フェーンチャン ぼくの恋人』のウィッタヤー・トーンユーンとソンヨット・スックマークアナンらを輩出しており、タイ国内の映画人から最も支持の高い映画祭として追随を許しません。

一昨年も去年もほぼ毎日通い、ほぼすべての作品を見た私は、もうキットゥン・マクマークなのです。
あまりにも見すぎて、毎回流れる映画前のコマーシャルやら頭にインプットされるくらい(笑)。
てか、この時期に日本にいるのが不思議なくらいです。

今年は12周年記念で、いつもの10日より6日も長い16日間の開催!8月29日から9月14日まで。16日間って半月じゃないですか。すごいなー。
しかも会場はまだオープンしたてのBangkok Art & Culture Centre!うぉー行きてぇ。

今年も面白いプログラムがたっぷりです。
タイ映画好きはもちろんのこと、あまりタイ映画を観ない方をも十分に満足させてくれる世界からの来た質の高い短編映画も上映されます。ぜひ皆様足をお運びください。

詳しくは公式ホームページをみていただくとして、
みどころを簡単に記します。

・オープニング(要予約とのこと)
オープニングは毎年、力の入った作品が上映されますね。今回私が一番注目しているのは、Sompot Chidgasornpongse監督の『Diseares and A Hundred Year Period』。アピチャッポン監督の『世紀の光』で第二助監督をしていたSompot監督が、その検閲へのレスポンスとして作った短編作とのこと。どんなんなのか気になります!

・Electric Eels Showcase
バンコクベースの独立系のフィルムプロダクションElectric Eel Filmsの作品が上映されます。電気うなぎプロとでも呼びましょうか?(笑)
タイ国内外の短編映画祭で評価をされている作品を製作しているプロダクションです。もっとも有名なのは一昨年の短編映画祭でも上映されたアノチャー(Anocha Suwichakornpong )監督がコロンビア大学の卒業制作として作った『Graceland』。カンヌ映画祭にも出品され、アノチャーさんは一躍世界から注目される映画監督となりました(一昨年の映画祭にはアノチャーさんの作品の上映に外国人も結構きてましたし)。ちなみにきれいな女性の監督さんです。今回はアノチャー監督の新作『Like Real Love』も上映されるようです。

・Hamer Salwala Showcase
現在は主に写真家として活躍されているHamer Salwala氏の特集です。80年代後半からインディペンデント映画、実験映画を制作してきたアーティストで、初期の作品を含めて一度に見られるのはレアな機会でしょう。

・Clermont Ferrand Showcase
フランスで一番大きな短編映画祭Clermont Ferrand Film Festivalからのセレクション。Clermont FerrandのプログラマーRoger Gonin氏によるセレクション、ゲストとして映画祭にもいらっしゃいます。すごいなーClermont Ferrandきましたかーっ。

・Queer Shorts:Fluidity and Variety
クィアー短編映画特集。タイってゲイ、レズビアンにオープンかと思いきや意外や意外、クィアー映画祭が開催されてないんですよね(イスラム教国のインドネシアにQ!Film Festivalがあるのに)。実はタイでも以前そういう動きがあったのに、警察や検閲の手が入ったりしたことがあったりと一筋縄ではいってないんですね(詳細:Alternative Love Film Festival in 1998)。最近では短編でも長編でも、そういったテーマの作品はかなり多くなってきてますし、Thai Queer Short Filmといった動きもでてきているし、ある意味このプログラムは必然的な感じがします。

・AIRPLAY UK :The Best in British Music Video
なんかバンコク在住外国人が集まりそうなプログラムですね。

・S-Express
マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、台湾の短編映画プログラム。
めったにみることができない東南アジアの短編作品を観られるこの機会はかなり貴重です。

・Doc Forum
以前のエントリーで書いたパーヌさんの『The Convert』もこのプログラムで上映されます。

・Digital Forum:Low Budget but Enthusiasm
一応短編映画は30分以内の長さなのですが、30分で収まらない作品はこちらで上映されるそうです。

・Competition
もちろんメインはコンペ。

The R.D. Pestonji Award
The White Elephant Award
The Special White Elephant Award
The Duke Award (Documentary)
The Payut Ngaokrachang Award (Animation)
The Kodak Filmschool Award (Cinematography)
The International Competition Award
The Special R.D. Pestonji Award (Inspiration by R.D. Pestonji)

とたくさんの賞があります。

ここからまたタイ映画界の新たな才能が生まれることでしょう。私は昨年、一昨年とコンペを中心に見てました。
ちなみにインターナショナルコンペには、日本の壺見高校さんの『Place』という作品も上映されますよ。釜山アジア短編映画祭やポケット映画祭でも受賞されている実力派の方のようです。

あああああ、こんなん書いていたら行きたくなってしまいましたー。
在タイの方、夏休みでタイに行かれる方、日本の短編映画祭関係者の方々、
私の分もぜひお楽しみください~。

平日は17時~、土日は昼からととても通いやすいスケジュールです。

詳細はこちら。

12th Thai short film and video festival 公式ホームページ

Thai Film Foudation ホームページ

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/168-5e8ab861
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。