. SIAMESE INDY 『ビルマ、パゴダの影で』観てきました。
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ビルマ、パゴダの影で』観てきました。
現在、渋谷アップリンクXで上映中の、『ビルマ、パゴダの影で』観てきました。

タイ映画ではないですが、この記録映画は、ビルマとタイの国境、難民キャンプでも取材されています。
カレン族やシャン族はタイにも多く住んでおり、タイでも政治的にとても重要な位置に立たされていると思います。

先日のエート・カラバオもSSA(Shan State Army)への支持を表明していたりと、
ポピュラーカルチャーでも取り上げられている話題です。

ビルマで何が起きているのかということを知るには、よい導入になると思います。

勝手にレビューです。

----
スイスの女流監督であるアイリーヌ・マーティーの
この記録映画『ビルマ、パゴダの影で』は、
ビルマ軍政の人権弾圧問題を顕現した意義ある作品だ。
ビルマときいて、アウンサンスーチーの名しか出てこない多くの人にとって、
この作品はこの国の現状へのよい導入となるだろう。

しかし、それと同時にいえるのは、
この作品は、よい導入にしかならないということだ。

アイリーヌ監督は、以前、ビルマに旅行者としてやってきて、この国に魅惑されたという。
そして、この映画の撮影のために彼女は、ジャーナリストを受け入れないビルマに対し、スイス向けの観光PR映像を撮るためと偽り、ビルマに入国した。

政府から送られた観光ガイドが終始つき、彼女は本来の目的である撮影ができないため、ガイドを偽り、ホテルを抜ける。

そして、彼女はカレン族やシャン族の村へ行き、弾圧を受ける人々の声を撮る。
彼女の視点は、少数民族へ向いており、彼らの証言を描くことによりビルマ軍政を痛烈に批判する。

しかし、それはあまりに直球過ぎ、淡々とした証言が強い衝撃を与えるものの、客観性は欠けている。

両親を失ったシャン族の少年が、
将来SSA(Shan State Army)へ入隊し、両親を殺害したビルマ軍と闘いたい
という言葉は重く、そして印象的だ。

目には目を。

暴力には暴力でしか戦えないのか。
美国と偽ろうとする国家には、偽ってでしか取材できないのか。

誤解をさせてしまうのはイヤなのではっきりいっておくが、
私はもちろん軍政に反対だ。
少数民族や少数の宗教が弾圧を受けるのも許せない。

しかし、この作品の少数派への熱心な傾倒は、物事を単純化させているように思われてもしかたがない。

この国の約8割を占めるといわれるビルマ族のすべてが軍政に賛成しているわけではなく、ましてや、9割を超す仏教徒の多くは軍政に反対をしているのではないか。

「ミャンマー」とは軍政がつけた名前だからと、「ビルマ」を使う人は多い。
呼称の選択が、政治的立場を表明することになる。
少なくともこの映画ではそうだ。

私は個人的に、どちらの呼称も使う。
私がミャンマーというとき、そこに軍政への賛同の気持ちはなく、
また、ビルマというときも同様だ。

もともと、ビルマとミャンマーは同じ意味を指し、
口語か文語かの違いで、日本を「ニホン」と呼ぶか「ニッポン」と呼ぶかくらいの違いだそうだ。

軍事政権の主張は、英国人が呼んでいたBURMAはビルマ族をさし、
MYANMAR(ミャンマー)は他民族が共存する連邦国家としての呼称というものだ。

そういった意味では、ビルマを使うことが皮肉にも、この国をビルマ族の国と呼ぶことになってしまう。

メディアを通し我々の耳には、ミャンマー軍事政権よりも、アウンサンスーチーの主張のほうが詳細に届く。

ゆえに、この作品は、実際に何か起こっているのはなんとなく知ってたけど、
こんな酷いことがおきているということを、気づかせてくれるよい作品なのだが、
そこに、この国が抱える根本的な問題は残念ながら見えてこない。

なぜ少数民族は迫害を受けているのか。

もちろん、こういった認識により迫害の問題が表面化され、
それは、この国への関心や研究を一層深めるきっかけとなるかもしれない。

そういった意味で、この作品は意義があると思う。

しかし、皮肉にも、政治的観光PRになってる気がしないでもない。

『ビルマ、パゴダの影で』
という、民族(ビルマ)と宗教(パゴダ)を表す語をつかった、
このタイトルが物語っているようだ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/17-06968c4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。