. SIAMESE INDY 2008年のSilpathorn Award Visual Art部門はAraya Rasdjarmrearnsookさん
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年のSilpathorn Award Visual Art部門はAraya Rasdjarmrearnsookさん
以前、2008年のSilpathorn Award映画部門はノンスィー監督!にて、今年のSilpathorn賞についてちょこっと書きましたが、映画部門以外にも注目したいアーティストさんがたくさんいます。

昨日、ピナリーさんをちょこっとご紹介したので、今日はタイ女性アーティストつながりとでもいいましょうか。私もずっと気になっているアーティストさんなのですが、たまたまDaily Xpressさんで記事を見つけたこともあるので、Araya Rasdjarmrearnsookさんに注目!Arayaさんは「死」をテーマにした作品を数々と発表されている女性アーティストです。実は私がまだいち旅行者としてタイに来ていた2002年に偶然、バンコクのナショナルギャラリーでArayaさんの"Why is it poetry rather than awareness?"展と出会い、度肝を抜けれた記憶があります。死体の服を着せ替えさせたり、死体へ詩を読みきかせる作品を含め彼女の作品はタイ国内でも批判や賞賛を含め多く批評されています。また90年代には女性をテーマにした作品をつくっており、タイの女性アーティストのパイオニア的存在としても注目を受けています。

現在、チェンマイ大学で教鞭をとっているArayaさんですが、チェンマイ大学はやはり国際的な評価の高い故Montien Boonmaさんが教えていたところで、彼の学生であったNavinさんをはじめとして多くの面白い、特に発想が斬新なアーティストを輩出している大学。以前、チェンマイ旅行に行ったときにキャンパス内を散策したのですが、広大で山に囲まれてとっても素敵な大学でした。

友達にも、タイの現代アートのことを知りたきゃチェンマイに行かなきゃ、といわれるくらいアツい地。私も一度、ゆっくり滞在したいと思いながら、そんな暇もなく留学を終えてしまいました。Pandit Chanrochanakit先生(ラムカムヘン大学の先生)がハワイ大学の博士論文としてかかれた『The Siamese. Diorama and the Thai National Imaginary in. Contemporary Thai Art』はArayaさんやNavinさんの作品を含めてチェンマイベースのアーティストについて詳しくてとても面白いです。おすすめ。

Daily Xpressの記事:

ARTS/CULTURE: Death and Bravery
SILPATHORN AWARDS National treasures

さらに詳しくArayaさんについて知りたい方、作品をみてみたい方はWeb上タイアートミュージアムの
RamaIX Art Museumがおすすめ。ここのデータ量はすごいです。

Rama IX Art Museum: Website of Thai Contemporary and Modern Art

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/173-0f4915f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。