. SIAMESE INDY ブロークバック・マウンテン効果!? Bangkok Love Story
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロークバック・マウンテン効果!? Bangkok Love Story
さて、先日、タイ映画『Love of Siam』のお話をしましたが、
今日もその関連で、タイのゲイ映画について。

というのも、2007年は本当にゲイ映画の当たり年でした。
私は、これを勝手に、「ブロークバック・マウンテン効果」と呼んでいます。

『Love of Siam』がタイのアカデミー賞であるSubhanahongsa Awardsで作品賞や監督賞を含む3部門を受賞したのは先日書いたとおりですが、
それに次ぐ作品が、この『Bangkok Love Story』(เพื่อน...กูรักมึงว่ะ) なのです。
タイ語を直訳すると『友よ・・・オレはオマエを愛してる』(仮)みたいな感じでしょうか。

Bangkok_Love_Story_poster.jpg

copyright 2007 by Sahamongkol Film International

このポスターを見てもらえばわかると思いますが、
かなりハードなゲイ映画です。
(もちろんポルノではないです!)

そして、この作品、脚本賞、撮影賞と音楽賞を受賞し、
実質、『Love of Siam』に次ぐ、2007年タイ映画界の優秀作品なのです。

Best Screenplay (Poj Arnon監督)
Best Cinematography (Tiwa Moeithaisong)
Best Sound(Wachai Rawongsarut)

このポスターがMBKと呼ばれるバンコクの中心にある巨大ショッピングセンターの外に堂々と張られたとき
(つまり建物6~7階分くらいの大きさのもの、渋谷交差点の広告みたいなものと想像してください)、
さすがタイ!と、うなってしまいました。

てか、ジーンズの中に手をつっこんでますよ!!

しかもこんなシーン、実際の映画の中じゃないし(笑)。
※でもそれに準じるものはあるので、期待してる方はガッカリしないように。ただ、ヨーロッパ映画みたいな激しさは求めないでください。

Best Cinematographyを受賞しているように、ミュージックビデオ並みにスタイリッシュに撮っているのが特徴的な作品です。
タイトル通り、バンコクを舞台にした作品なのですが、いつものバンコクが色眼鏡を通して、映ってます。

物語はかなり典型的なメロドラマで、
それこそ少女漫画かなにかを原作にしてるんじゃないかと思わせるほど、メロメロです。

だって殺し屋(男)とそのターゲット(男)が恋に落ちちゃうんですよ!

観てるほうが恥ずかしくなっちゃうようなセリフが飛び出してきたりしちゃうんですよ!!

でも、脚本賞受賞ですよ!!!

そして、音楽もそんなメロメロを助長してくれるようなものだったと記憶してます。

超正統派のメロドラマ。

タイの方はやはりメロドラマが大好きなんだと思います。
テレビドラマなんかをみても、お約束的な作品がたくさんあります。

もちろん、
「男×男」のメロドラマというのは、タイでも初めてじゃないですかね。

まさにAmazing Thailand!
(タイ観光庁のキャッチ・フレーズ)

このかなり衝撃的なポスターを含めたマーケティングはかなり功を奏したといえるでしょう。

特に物語の前半は、主人公のイケメン2人の上半身裸と下着姿というサービスショットがたっぷりなので、ゲイオーディエンスだけでなく、女性にもアピールできたのかもしれません。
(興行成績については知らないのですが・・・)

ちなみに、この作品、The 34th Brussels International Independent Film Festival でグランプリを取ってて、結構あなどれません。

世界中のLGBT関連映画祭での上映が今後、見込まれるでしょう。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/18-53ab1b43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。