. SIAMESE INDY 『夏休み ハートはドキドキ!』審査員特別賞を受賞@第4回アジア海洋映画祭イン幕張
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夏休み ハートはドキドキ!』審査員特別賞を受賞@第4回アジア海洋映画祭イン幕張
おめでとうございます!

AMF1_025.jpg
写真:小さいですが、真ん中の黄色いTシャツの方がソンヨット監督、その両隣に蒼井そらさん(左)とチャンタウィットくん(右)です。表彰式終了後にゲスト全員での写真撮影。

第4回アジア海洋映画祭イン幕張で『夏休み ハートはドキドキ!』が審査員特別賞を受賞しました。グランプリに次ぐ賞です(グランプリと審査員特別賞しかありません)。コンペ6作品の中で上位2位になったのは快挙です!

みなさんは第4回アジア海洋映画祭イン幕張どのように楽しまれましたか。

AMF4_025.jpg
写真:劇場の入り口です。

私は昨日7日の日曜日のみでしたが、十分に堪能いたしました。

まずは14時からのインドネシア映画『フォトグラフ』を鑑賞。ナン・アハナス監督の『囁く砂』が好きなので、ぜひ観たいと思ってたのです。こちらも撮り方がとてもかっこよくて、話も良く出来ていると思いました。が、人間ドラマ中心の話なのにあまり深くまで追及してない感が残りちょっと残念な気がしました。

そのあと、急いで15時半からホテルスプリングスで開催されてた表彰式に参加。ギリギリで間に合いました。

『フォトグラフ』以外の作品はすべて監督がいらっしゃってて、他にも出演俳優が来てる作品もありました。その中で、グランプリを台湾映画の『海角七号』そして審査員特別賞をタイ映画『夏休み ハートはドキドキ!』が受賞しました。審査員特別賞が決まったとき、なんかまるで自分のことのように嬉しくなってしまいましたよ!本当におめでとうございます。受賞作は2作品とも日本人の女優さんが海外の映画で大活躍しているという共通点もありますね(『海角七号』の田中千絵さんと『夏休み ハートはドキドキ!』の蒼井そらさん)。海を越えた活躍といった点からも、まさに海洋映画祭にぴったりだったのかもしれません。

その後18時半より『夏休み ハートはドキドキ!』を鑑賞。いやぁ日本語字幕で観られるなんて感慨深いです。特にこの作品はタイの劇場でなく、DVDでしかも友達と一緒に話とかしながら観たので(そういう見方も嫌いではありません)、字幕もなかったし、いろいろ聞き流してたところなどもたくさんあるのに気がつきました。特にチェンマイのパートは翻訳が大変そう。前にチョムプーさんも少し書いていらっしゃった”リン・ジャックジャック”は”猿の惑星”と”恋の惑星”をかけていましたね。他にもカムプワンなどタイ語独特の表現が多くて、いやー翻訳の方もさぞ頭を使われたんだと思います。

二時間たっぷり、確かに入り込めない人には少し長いかもしれないけれど、私は二回目でも飽きずにすっと入っていけてあっという間の二時間でした。タイがなつかしくなってしまいましたよー!!!

AMF2_025.jpg
写真:質疑応答のときに登壇されたゲスト3名

映画のあとの質疑応答もおもしろかったです。盗撮防止のためにチョークでフィルムにアルファベットと数字がかいてあるのは、私もタイで映画観始めたころは知らなくて気になったんですよね。サブリミナル効果!?なんか特別な暗号!?とか最初は思ってたし(笑)。監督の説明に周りの観客の人たちがすごいうなずいていたのがちょっと面白かったです。あとすごかったのが蒼井さんの撮影秘話(カットされた部分のはなし)。女優魂で海に入ったのですねー。それから質問をされた方が、日本人の描き方が変じゃなくてよかったとおっしゃってて、やっぱり皆さん、映画を観るときに気にされるんだなと改めてハッとさせられました。また別の方が日本人向けにつくっているではといったような質問をされてましたが、『フェーン・チャン』もそうですが、この作品も日本人好みの話だと思います。どうなるかはもちろんいいませんが、物語の終り方もいいですよね。今度は映画祭でなく日本の劇場で一般公開されるのを期待してます!

AMF3_025.jpg
写真:ゲスト3名のサイン入りポスターも劇場に貼られてました。

劇場を出てもゲストの3名は観客のリクエストに応えて写真撮影やサインを書いたりととても快く対応してくださり気持ちがよかったです。タイ式シネマパラダイスの時は、質疑応答が終るとさっと控え室へ行ってしまいゲストとお話をすることができなかったので、やはり日本では難しいのかなと思っていましたが、今日はかなりコミュニケーションできましたよ。私はチャンタウィットくんと蒼井そらさんのサインを映画祭プログラムの裏にいただきました。ゲストと直接話せると知ってれば、DVDを持っていってサインしてもらったのにー。監督のサインも欲しかったけど、監督は大人気でお話する時間がなかったです・・・。

今日はアジア映画に浸って、大満足の一日でした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

見ました!同じ会場にいらしたのですね、私がどれだかわかりましたかー?(笑)
もともと学校ものが好きなので、この映画とってもよかったです!自分ブログにも書きましたが、「今のタイの若者」という感じで、日本人にも親しみやすかったですね。ただ、蒼井そらちゃんの役については、「日本人の女のコはあんなに軽くない!」とちょっとむっとされている方も・・・。私は同行した友人と話したのですが、あのあおいちゃんは、キュートでよかったし、タイ人なら誰でも遊ぼうという感じでなく、意気投合したタイの男の子に彼女がいること知らなかった、という気もしました。ただ、あれは「あおいちゃん」個人のキャラというのでなく、日本の若い女性はみんなあんなのかと思われるのは困るということでしょうね!
福岡映画祭の「サイアムスクエア」もみたいよー!(字幕つきで・・・)
【2008/09/08 11:27】 URL | チョムプー #rkLpwrN2 [ 編集]


チョムプーさんもいらっしゃってたのですね。いやーどの方かはわからなかったですよ。でも私もサインをもらうのにうろうろしてたので、きっとお会いしてるはずですね。

あおいちゃんはフーンくんに3年付き合う彼女がいるなんてもちろん知らなかったと思いますよ。確かに旅先で男の子と意気投合してパーティーにいくというのを「軽い」と思われる方もいらっしゃるかもしれないけれど、さすがに日本人の女性がすべてとはそうだとは思われないと。

私も字幕つきゲストありで『サイアムスクエア』みたいですー!
【2008/09/08 21:44】 URL | taka #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/09/09 20:09】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/190-6154d4ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。