. SIAMESE INDY タイ映画祭がやってくる!
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ映画祭がやってくる!
thaicinema


なんと今年、東京でタイ映画祭が開催されます。

配給・宣伝はアジア映画に特化した映画館「シネマート」を経営するエスピーオー。
韓流ブームで一躍注目され、
独特の手法で韓国映画祭(韓流シネマフェスティバル)を開いている同社が
今度はタイへ目を向けたというわけです。

「韓流」は相変わらず人気ではありますが、
一時の最盛もだいぶ落ち着いてきた感があります。
そこで「タイ式」というわけです。

いよいよ来たか、というのが率直な感想です。

タイ映画は、その数は少ないものの、
毎年、劇場、ビデオ作品を含めリリースされています。
しかし、こんなにたくさんの作品が一度に見られるのは映画祭ならではでしょう。

さて、タイ映画祭というと、5年前の2003年にも
独立行政法人の国際交流基金にて
開催されたことがあります。

そのときとの大きな違いは、
タイ映画がいよいよ商業ベースに乗ってきているということでしょう。

なるほど、「マッハ!」のヒットに始まり、ここ数年で「風の前奏曲」、「フェーンチャン 僕の恋人」、「地球で最後の二人」、「インビジブルウェーブ」と良質な作品がコンスタントに上映されています。
そういった意味では自然な流れかもしれません。

今回のタイ映画祭で一番の見所は、「キング・ナレスワン」。

タイでは最も人気がある王様の一人であるアユタヤ時代のナレスワン大王。
ナレスワン王の幼少から描いたこの3部作は、
王族の一員であるタンムイことチャートリーチャルーム・ユコン監督により
タイ映画史上最大の制作費が投入された歴史大作です(3部作目はまだ現在も制作中)。

スケールの大きさや制作費の高さは、ハリウッド映画の宣伝でもよく使われますが、
歴史作品というと、やはりその背景や偉人をどれだけ知っているか、あるいは知りたいと思わせるか、というのがセールスポイントになると思います。
果たしてこのナレスアン王を、我々タイマニア以外にどうアピールするか、実に興味深いです。

2003年のタイ映画祭では、
やはりタイで大ヒットした「バーン・ラジャンの戦い~11人の勇者」の上映が予定されましたが、この作品が、攻めてきたミャンマー軍と勇気を持って戦ったタイのバーン・ラジャン村の村民を讃える内容で、日本ASEAN交流事業には合わないと上映が差し控えられたことがありました。

そして今年のタイ映画祭・タイ式シネマパラダイスの「キング・ナレスワン」も、
ミャンマーに支配されたタイを独立に導いたナレスアン大王を描いていることからもわかるように、タイの愛国心、およびミャンマーとの戦いが描かれるといった意味で、「バーン・ラジャンの戦い」と、とても似ています。

このあたり、タイの大ヒット作の仕掛けが見え隠れするかもしれません。
(この辺の話はまた別の機会にでも。)

今回はASEAN交流事業でもASEAN映画祭でもなく、
純粋に商業的な映画祭なので、ミャンマーに気遣って、
急遽中止になるといったことはないでしょう。

果たして、タイで大絶賛されたこの作品が日本の観客にどう受け入れられるか、
とても興味深いです。

タイでDVD販売されているものは、字幕がなく、また歴史モノなので言葉も難しいので、
日本語字幕で観られるこの機会はとても貴重だと思います。
意外とエンターテイメント性もあるので、それほど構えずに観に行ってみるとよいでしょう。

タイ式シネマパラダイスのホームページはこちら
会期:2008年5月31日~6月27日
場所:シネマート六本木
上映作品はオフィシャルホームページでご確認ください。

※タイ式シネマパラダイスのポスターはタイ芸能ライターの白田麻子さんの「タイ映画&アジアな毎日」より。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/2-d49953af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。