. SIAMESE INDY ブロークバック・マウンテン効果!? 2007 おさらい
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロークバック・マウンテン効果!? 2007 おさらい
2007年の3本『Love of Siam』、『Bangkok Love Story』、 『Me...Myself』とご紹介したのですが、昨年はタイ映画界にて他にも同性愛をテーマにした映画が多かった年です。

こちらのほうが、むしろ一般的にイメージするタイ映画に近いかもしれません。

というのも、やはりタイ映画というと、『アタックナンバーナーフ』をはじめとした
オカマちゃんコメディの印象が強いですし、
ニューハーフショーなどは旅行者の多くが必ず行く観光スポットですからね。

今日は、そういった作品を簡単に紹介します。

『Kungfu Tootsie』
Tat Su Fut (監督:Jaturong Mokjok)
tootsie_1.jpg
copyright of GMM,Tai, Hab Ho Hin Films 2007

カンフー×おかまのコメディー。
タイ映画というか、中国映画っぽい?俳優も中国系にカンフーだし。


『The Odd Couple』
Khu Raet (監督:Noparat Phutha-rattanamanee),
odd couple
copyright of Sahamongkol Film 2007

タイの超人気コメディアンのマム・ジョクモクさんが日本人俳優の大関正義さんと組んだコメディ。マム・ジョクモクさんの女装はもちろんのこと、タイで一番有名な日本人俳優大関さんの活躍がみられる作品です。大関さんは今年、タイ映画『山田長政』の映画で主演をされる予定で、今後日本に逆輸入されるかも知れない注目の日本人俳優さんです。


『Haunting Me』Ho Taeo Taek (監督:Poj Arnon),
หอแต๋วแตก
hor_00.jpg
copyright of Five Star Production 2007

これは、タイではよくあるホラーコメディにオカマをあわせたという、かなりローカル性溢れる作品。
一本でいろんな味が味わえる、ある意味タイ映画の特徴的な作品です。
意外にも監督は、『Bangkok Love Story』も撮っているPoj Arnon。
この監督さんは結構たくさん同性愛をテーマにした映画を撮っています。


『Ghost Station』Koi Thoe Ke (監督:Yuthlert Sippapal)
โกยเถอะเกย์
Ghost_Station_movie_poster.jpg
copyright of Sahamongkol Film 2007

これこそまさに、『ブロークバックマウンテン』の影響を受けたとわかるのは、ポスターをみてわかる、この2人のカウボーイ。
といっても別にカウボーイの話ではなく、またまた、これもタイ式ホラー・コメディ。
Yuthlert監督は、けっこう評判のいい作品をたくさん撮ってて、果たしてどうしてこの作品を撮ったのか・・・ちょっとわからないです。


『Club M2』 (監督:Thunyathorn Sivanukroa)
Club M2 (2)
copyright of Cyberfish Media 2007

タイのマスメディアが描くゲイの偏見に対抗してつくられたこの作品は、確かに、上記のようなゲイ描写(主にコメディで笑う対象)はないけれど、かなりゲイ色が強いもので、正直、ゲイとゲイフレンドリーな観客しか見ないと思います。


そういった意味でも、
大衆向けのゲイコメディと
ゲイ向けのゲイ社会を描いたものがある中で、
その両方の要素を含み、賞を取るくらい評価された
『Love of Siam』、『Bangkok Love Story』 、『Me...Myself』はけっこう貴重かなと思うのです。

『ブロークバック・マウンテン』が実際のところ、どれほど影響力があったかどうかは
わからないですが、2007年のタイ映画界はいってみれば、ゲイ映画ブームだったようです。

それがブームで終わるのか、それともひとつのジャンルとして定着するのか、
それは、今年の動きをみてみないとわかりませんね。

どの作品も、もうDVDで販売しているはずなので、気になる方はチェック!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/20-34aa6b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。