. SIAMESE INDY 『闇の子供たち』はバンコク国際映画祭2008で上映されないそうです
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『闇の子供たち』はバンコク国際映画祭2008で上映されないそうです
先日、『闇の子供たち』がバンコクで上映されると書いたのですが、ブログ読者の方から、『闇の子供たち』がバンコク国際映画祭2008のホームページから消えてますが、上映されなくなったのでしょうかといった質問をいただきました。

私もそのメッセージをいただくまでホームページからなくなっているのに気がつきませんでしたし、
もしかしたらホームページ更新中で一時的に消えてるのかなと思っていたら、
どうやら本当に上映されなくなったようです。

タイ在住の日本人の方で見たいと思ってた人には、残念なニュースですね。

タイ在住の外国人タイ映画ライターWise Kwaiさん(結構有名な方です)がこのことに書いており、映画祭プログラマーによると『闇の子供たち』が上映作品から除外になった理由は以下の2点だそうです。

・外国人がタイで映画を撮るにはThailand Film Officeの承認が要るのだが、その許可を得ずに撮影をしたから。

・センシティブなテーマだから。

2つめの理由はなんとなくわかるきがします。先日の記事にも書いたとおり、タイ人がこの作品をどう観るのかというのは懸念していたことでした。バンコク国際映画祭の主要スポンサーはTAT(タイ国政府観光庁)なので、先進国のペドファイルが買春旅行でタイに来る内容は確かに観光庁としてもいかがなものかと思ったのでしょう。

ただ1つめのは本当?といった感じです。あれだけタイのキャストやエキストラが出演して、エンドクレジットにも数多くのタイ人スタッフの方の名前がでていたので、許可をとってないなんてことがあるのでしょうか?内容が内容だからとらなかったんでしょうか??ちょっと腑に落ちないですね。

詳細はこちら。

Wise Kwai's Thai Film Journal: Children of the Dark pulled from Bangkok Int'l Film Festival

バンコク国際映画祭2008公式ホームページ

2008/9/20追記
ネットにニュースもでてました。

人身売買描いた「闇の子供たち」、バンコク映画祭で上映中止

2008/9/22追記
Variety Japan: 『闇の子供たち』バンコク映画祭で上映中止に

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

主演の江口洋介さんのインタビューを読んだのですが、「警察の目を盗みながらの撮影だった」ということで・・・やっぱり無許可だったんですね(笑)。ということは、ある程度後ろめたさみたいなものもあったのかもしれません。なんか、残念ですね。
【2008/09/19 00:33】 URL | hana #- [ 編集]


hanaさん
そういったインタビュー記事もあるのですね。

タイの一般客がどう観るのかを心配に思ってた一方で
日本でもかなり話題になっているタイを描いた作品を
タイの映画批評家や専門家がどう観るのかも気になってました。
その機会がなくなってしまったと思うと残念です。

【2008/09/19 11:51】 URL | taka #- [ 編集]

上映中止はやむを得ないかも
「闇の子供たち」は、問題提起としては正しいのかもしれませんが、事実とフィクションが混ざって、すべて事実のようになっていることが問題でしょうね。

バンコクの病院で、生きている子供の心臓を取ることはないし、
ゴミ袋に入れて子供を捨てることもないでしょう。

児童買春も一部あるかもしれませんが、タイではやはり特殊な例でしょう。

やはりタイと特定して作ったことには問題でしょうね。
【2008/09/21 16:16】 URL | ふーみん #- [ 編集]


ふーみんさん
そうですね。たしかに「真実」「事実」や衝撃的内容というのが先走ってて、
フィクションであることがあまりみえてこないですね。
【2008/09/22 09:39】 URL | taka #- [ 編集]

今日、記者会見がありました@FCCT
今日、記者会見に行ってきました。
http://youme2007.blog.shinobi.jp/Entry/699/
こちらにまとめてみましたので、またご覧下さい。

YOUME.
【2008/09/25 00:56】 URL | YOUME. #bi94IFRw [ 編集]

ありがとうございます!
YOUME.さん
詳細な記者会見のレポートをシェアしていただき、ありがとうございます!
現時点では、この作品が完全な形でタイで上映されることは難しそうですね。
ただ一方でこの作品を上映したい・観たいと思ってる人、関心を抱いている人もいるということがわかり、別の形だとしても、いずれは上映される可能性が高い気もします。
【2008/09/25 01:34】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/201-51e90c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。