. SIAMESE INDY 舞台はタイ!
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台はタイ!
今日は、前にも紹介した

JFサポーターズクラブ 2008年3月のイベント案内
アジアの現在(いま)を旅するトーク ~タイ式カルチャーの魅力~

へいってきました。

JFサポーターズクラブ向けのイベントなので、
主に国際交流基金バンコク文化センターの事業の紹介が多かったです。

今でこそ映画ばかり観ている私なのですが、
実は高校の頃、演劇をやっていたこともあり、
国際交流基金の舞台演劇事業にとても興味を持ちました。

これでも一応、演劇少年だったのです…へへ。
高校の頃は東京サンシャインボーイズとか、キャラメルボックスとか
社会人になっても友達に連れられて、小劇場を中心にけっこう観てました。
下北とか中野とか高円寺とか、よく行ったなー。

野田秀樹さんの『赤鬼』は、
タイの俳優が出演してるのもあって、
ずっと見にいきたいと思ってたのですが、
超人気でチケットが取れず観にいけなかった作品。

また、2006年に私がバンコクに留学していた際は
私がいた大学の学部に、
(しかも、まさに私が学んでいた教室の1階上にあった小さな劇場に)
平田オリザさんが来て、『東京ノート』を上演されました。
無料で平田オリザさんの劇が見られるなんて、日本じゃありえないですよね!

演劇好きなら(いや、そうでなくても)、
野田秀樹さんや平田オリザさんがどんだけ大物かご存知だと思います。

両方とも、国際交流基金さんが深く関わっていたようで、
これに関しては、さすが!と、うなってしまいます。

タイでは毎年、演劇祭も開催されているのですが、
正直、舞台演劇に関しては、まだ日本ほど盛んではありません。

しかし、
昨年はあの『キャッツ』がバンコクにきて大きなニュースにもなりましたし、
(つまりEsplanadeに新しい劇場ができたし、)
パトラヴァディー・シアターのような、面白い公演を行なってる劇場もあります。
最近では、マカンポンシアターという昔から活動しているコミュニティーベースのシアターグループに日本人の方が関わってたり、(すみません、私は未見なのですが…)、
あとは、Pichet Klunchunさんのような世界を舞台に活躍する舞踏家が現れたりと
タイ舞台の世界にも新しい動きが徐々に出てきているようです。

もともと、ラコーンやリケーといった庶民向け演劇の基礎ができているタイの舞台、
これからさらに面白くなるのではないかと、ひそかに楽しみにしております。

留学中に舞台もちょこちょこ見てたので、いずれご紹介できればと思います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/22-b2b6fe86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。