. SIAMESE INDY タイ式、もう一本入りました~!
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ式、もう一本入りました~!
前にもこのブログで紹介した、
もうすぐはじまるタイ映画祭、
タイ式シネマ☆パラダイスの上映作品が一本、追加されました~。
(それに伴い、開催期間も延びるそうです。)→ここ

ウィシット・サーサナティアン監督の『シチズン・ドッグ 』です。

citizen dog1
copyright of Five Star Production 2004

2004年の作品なので、ちょっと前のものですが、
個人的にウィシット監督作は好きなので、とても嬉しいです。

ウィシット・サーサナティアン監督といえば、
監督第一作目の『怪盗ブラックタイガーの涙』が日本でも話題になりました。
私の記憶が正しければ、
当時、渋谷の単館系映画館に行列ができてましたよね?たしか。
(私自身はDVDでしか見てないのですが…)

また、ウィシット監督は『ナンナーク』という
タイ映画が世界的に注目されはじめるきっかけとなった作品の脚本も書いていらっしゃって、
ニューウェーブ・タイ映画を語るときに、絶対に外せないひとりです。

みなさん、この作家さんは、注目しておきましょーね。

さて、この『シチズン・ドッグ 』、
タイの『アメリ』と形容されるカラフルなテクニカラーと不思議ちゃんキャラばかりの、
と~っても可愛らしい作品です。
主人公は男性なので、『アメリ』ほど乙女チックではないのですが、
そのぶん男性にも観やすくなってます。
というか、私の知る限り男性ファンの方が多い気もします。

個人的に、もしタイ映画が来るとしたら、
こういう、ほんわか&ちょっぴりアート系かなと思ってるのですが
(タム君のマンガとかも同じ系統だと思うし)、
この上映作品追加はうれしいですね。

タイ発売されてる『シチズン・ドッグ 』のDVDは英語字幕もついてないので、
タイ語は難しいという方は、この機会を逃さないように。

この作品は、単にタイ好きな方だけでなく映画一般を好きな方(特に単館系)にお薦めしたい作品です。

主演のマハーサムット・ブンヤラック(通称ジーン)は、
タイのインディー系音楽界で名をはせる「Saliva Bastards」というバンドでリーダーをつとめているタイ式イケメン俳優です。Fat Fesのライブでは若い女の子たちがキャーキャーすごかったです…。
このバンド、上手い下手の議論はいろいろあるようですが、
タイの元祖インディー系超人気バンド「Modern Dog」のポッドさんがプロデュースしていることもあり、かなり注目されています。
私もけっこう好きで、今でもかなりの頻度で聴いてます。

この『シチズン・ドッグ 』でも「Modern Dog」の歌がフィーチャリングされてたり、
ジーン君演じる主人公の名前がポッドであったりと、このドッグなコラボも楽しみのひとつです。

あと、『地球で最後のふたり』や『インビジブル・ウェーブ』のペンエーク監督がナレーションをつとめていたりと、隠れた楽しみがいっぱい。

タイで一番アツイ、インディー系の映画と音楽のコラボとでもいいましょうか、
とにかくお薦めの一作です。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/23-d9b0d2dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。