. SIAMESE INDY 米アカデミー外国語映画賞のタイ代表は『サイアム・スクエア(Love of Siam)』!
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米アカデミー外国語映画賞のタイ代表は『サイアム・スクエア(Love of Siam)』!
日本では、『おくりびと』が米アカデミー外国語映画賞の日本代表に決定したことがニュースとなっていますが、タイ代表は『サイアム・スクエア(Love of Siam)』に決まりました!

日本でもアジアフォーカス2008福岡国際映画祭にて上映されており、現在はフィリピンの第10回シネマニラ国際映画祭(Cinemanila International Film Festival)でも上映中。

Love_of_siam.jpg
copyright: Sahamongkol Film

タイでは昨年のSubhanahongsa Awards(タイのアカデミー賞)で16部門のうち13部門にノミネートされ、作品賞を含む3部門で賞をとって大きな話題となりました。3時間以上のディレクターズカット版が映画館で特別上映された際には予約がとれなくなるくらいだったんです(私も観に行きました)。

まだ観てない方もいらっしゃると思うので、あえて物語の核心には触れませんが、すでに観た方はご存知の通り、テーマがテーマなので世界の舞台に立つタイ代表として選ばれたのはちょっと意外でした。でも、やっぱり人気や評判には逆らえませんよね。私も好きな作品ですので、選ばれてよかったと思います。

ちなみにこの『サイアム・スクエア(Love of Siam)』、最近、タイのテレビでも上映されたそうですが、なんと映画館中が息をのんだ(!?)例のキスシーンがカットされたそうです。
ったく一体どうしたもんでしょう・・・。

詳しくはこちらのニュースをどうぞ(英語)。

Daily Xpress: Oscar gets some 'Love'

本ブログでの『サイアム・スクエア(Love of Siam)』関連記事:

僕たちのサイアム その2 (ネタバレあり)

アジアフォーカス・福岡国際映画祭2008で『サイアム・スクエア』の上映が決定!

アジアフォーカス福岡国際映画祭 『サイアム・スクエア』のゲストは4名も!

『サイアム・スクエア』メンバーが帰ってくる!『4Romance』

バンコク国際映画祭2008の東南アジア・コンペにタイからは『サイアム・スクエア』

『サイアム・スクエア』@フィリピン&『アーカー・プー・ナーラック』@台湾の映画祭で上映

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
そうなんですよ!!
たまたまテレビを流し観してたら、なんか観たことのある映画をやってるやん?!とそのままダラ観していたら・・・そうなんです、あの名シーンなしに物語が進んでいったんですよ・・・。
なのでもちろん、あのあと息子の交友関係に過剰反応を示すノック・シンジャイの演技が、なんだかとても浮いて見えてしまって・・・・感動も余韻もイマイチなまま物語が終わってしまいました・・・。
掲示板でも、非難ゴーゴーでしたね~。いやでも、あれを切っちゃマズイですよ(笑)。
【2008/10/20 15:27】 URL | hana #- [ 編集]


ホント、あのシーンは映画の一番重要なシーンといっても過言ではないのに
(しかもあれだけ人気のある映画だから視聴者はみんな知っているのに)
カットするとはちょっとありえないですよね。テレビ局はどう言い訳をしたんでしょうね。
【2008/10/21 00:11】 URL | taka #- [ 編集]

祝!タイ代表
こんばんは、takaさん。
はじめまして、KTと申します。
ブログに投稿するのは初めてで、マナーがわからず失礼があるかもしれません。その時はご指摘ください。
機会あるごとに、takaさんのブログを楽しく拝見しておりました。
日頃から詳しい情報提供まことにありがとうございます。

サイアムスクエアをきっかけに、タイ映画ってなかなかおもしろいなと思いました。
これから、少しずつでも見ていければと思っています。
そのサイアムスクエアが、今年度米アカデミー外国語映画賞候補のタイの代表に選ばれたのはまことに喜ばしい限りです。
賛否はあれども、正当な評価をされて代表になったのですから、願わくば、この映画が最終選考に残って、外国語映画賞の候補になることを祈るばかりですが、どうなることでしょう。各国代表の何十本の中からの5本ですよね。うーん、道のりは険しいでしょうね?

できれば、ディレクターズカット178分のもので評価してほしいものです。私は見たことはないのですが。(you tubeに投稿されているものでも合計して170分ほどです)。
作品内容もさることながら、音楽も主題歌のガン・ラ・ガンを始め他の曲も含めて、全体でもとても良くできているので、アカデミー音楽賞の候補になってもいいのではと思うぐらいです。こう思うのは私だけでしょうか(笑)。

もし、幾多の難関を乗り越えて、最終候補に残れば、当然マスコミでも取り上げられ、日本公開の足がかりとなるのでしょうが、見守っていくしかないですね。
今後も、新しい情報が入りましたらどうぞよろしくお願いします。
【2008/10/24 23:02】 URL | KT #luRlwvVw [ 編集]

ありがとうございます
KTさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
KTさんの『サイアム・スクエア』への愛が伝わってくるコメントです!
バンコクの友人にも『サイアム・スクエア』ファンが多いのですが、何気にその中でアメリカ人の友人が一番この作品を評価してました。もしかしたらアカデミーでもいいところまでいけるかもしれませんね(!?笑)。 「タイ好き」という色眼鏡をはずしても、純粋に映画としてよい作品だと思います。音楽も効果的に使われててますし、日本に帰ってきた今でもときどきサウンドトラックをきいてます。台湾などでも人気があるらしいので、その評判でぜひ日本でも一般公開されるといいなと願ってます。
こちらこそ、今後もSIAMESE INDYをよろしくお願いします。
【2008/10/25 00:25】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/238-bc71fef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。