. SIAMESE INDY 『フェーン・チャン』の監督たちが帰ってくる!『Bittersweet』
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フェーン・チャン』の監督たちが帰ってくる!『Bittersweet』
日本でもタイ映画『フェーン・チャン―ぼくの恋人-』のファンの方は多いですよね。

6人の監督が撮ったこの作品、タイでも大ヒットし、その監督たちもいまやそれぞれ個人がタイを代表する映画監督となっています。

有名なところでは、先月の第4回アジア海洋映画祭イン幕張で審査員特別賞を受賞した『夏休み ハートはドキドキ!』のソンヨット・スックマークアナン監督。それに福岡アジアフォーカスでの上映された『早春譜(Seasons Change)』のNithiwat Tharathorn監督、やはりアジアフォーカスで上映された『親友(Dear Dakanda)』やタイ式シネマパラダイスでも上映された『ヌーヒン』といった話題作を撮っているKomgrit Triwimol監督などは日本でも知られてます。

Adisorn Trisirikasem監督はちょっとした問題で別の意味で話題になってしまった『Lucky Loser(Mak Tae Returns)』を撮ってますし、Witthaya Thongyooyong 監督はタイの有名ラッパー、ジョーイボーイを主演に『The Possible(Kao Kao)』を撮ったりと、タイ映画好きならどれも観たことのある作品ばかりですね。(Vijjaphat Kojew監督のみまだソロ作品を撮ってません)

そして、この6人の監督がまた1つの映画をつくるそうです!

といっても、『フェーン・チャン』とはちょっと違ってて、今度は各監督が短編を2編づつ撮り(1名は3編)、全13編の短編作品をひとつの映画としてリリースするそうです。

それは パリに『Paris je t'aime』、ニューヨークに『New York I Love You』があるようなバンコクのラブストーリー。

しかもですよ、これまた日本人にも人気のあるBoyd Kosiyabongseとモダンドッグのポッド(Thanachai Uchin)のアルバム『Bittersweet』の13曲をインスピレーションとして撮られるそうです。

いやー、たまらん内容ですよねっ。もういまから楽しみです。

詳細はこちらの記事をどうぞ(英語)。
Daily Xpress: Bangkok in love

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
こりゃ必見ですね
フェーンチャンの監督たちの作品というだけでも、かなり興味をそそるのに、
P'Boydの"Bittersweet"の曲をもとに撮るとあっては、見ないわけにはいきません。
これこそ、劇場でしっかり見たいけど、またDVDかVCDで見ることになるのかなぁ…。
また何か情報が入ったら是非教えてくださいね!
【2008/10/23 01:15】 URL | Hiro #ZA9zVw0U [ 編集]

楽しみですね
ホント映画も音楽もどっちもすごいから今からどう仕上がるのか楽しみですよねー。またニュースをみつけたらご紹介しますね。大ボリューム&スクリーンで観たいです。
【2008/10/23 15:46】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/239-cf4a864e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイ映画『BITTERSWEET』BOYdPOD THE SHORT FILM

新春、タイ映画紹介第3弾です。 今日は、劇場公開は既に終わっていますが、12月にDVDが発売された 『BITTERSWEET』BOYdPOD THE SHORT FILMを紹介します。 ぽむ・ゆー・てぃー・にー【2009/01/09 22:53】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。