. SIAMESE INDY 11月5日 タイ深南部における抗争パネルディスカッションと写真展“Lost Loved Ones: Portraits from the Deep South into the Red Zone”
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月5日 タイ深南部における抗争パネルディスカッションと写真展“Lost Loved Ones: Portraits from the Deep South into the Red Zone”
大学院の専門が専門だったので、授業でもタイ深南部について話を聞くことが多くありました。
日本でもニュースになったことがあるのでご存知の方も多いと思いますが、タイ南部(特にDeep Southと呼ばれる、ヤラー、パタニ、ナラティワートの3県)ではイスラム分離派によるとされる爆発事件やテロが頻繁に起きています。

私がタイに留学し始めた2005年にはすでに大きな問題となっており、政府もさまざまな対応をしてました。しかし現在でも解決には至らず、いまだにタイ深南部では日常的に事件がおきており、仏教徒のみならずイスラム教徒の民間人も犠牲にあっています。

その一方でバンコクに住んでいると、そういったことに対しなかなか実感が沸かないのも事実でしょう。しかし最近では、『Citizen Juling』という記録映画がタイ深南部問題を直接的に扱かったり、また直接ではないものの、イスラム教徒と結婚しタイ南部サトゥン県へ嫁ぐ仏教徒の女性を描いた記録映画『The Convert』がつくられたりと、アーティストもタイ深南部問題や仏教徒とイスラム教徒との共存を意識するようになっています。(すみません。どちらの作品も未見なので詳しくは語れないのですが・・・)

映画作品について書いた以前の記事はこちら
もしかしたらタイでは観られない!?『Citizen Juling』@トロント国際映画祭
『Citizen Juling』@バンコク国際映画祭2008
『The Convert』@第12回タイ短編映画祭

そして今回、日本人写真家・後藤勝さんによる「Lost Loved Ones」写真展がバンコクにて開催されます。ひとつの流れとしてとても興味深いです。

lostlovedones.jpg

オーガナイザーの方より頂いた情報によるとこの写真展は

-------------------------
FCCTは後藤勝の写真展を開催します。2004年から、「レッド・ゾーン」と呼ばれる、武装化された仏教徒とイスラム教徒の村々を取材しました。このタイ最南部地域では、2004年以来3000人を超す民衆が殺され、今もなお仏教徒とイスラム教徒が隣り合わせで生活しています。この抗争は地域のイスラム・仏教徒双方の人々の生活全てに影響を及しました。この写真展では最愛の家族を失った人々を撮影したポートレイト・シリーズが展示されます。
-------------------------
といったもので、

バンコクのタイ外国人記者クラブ(The Foreign Correspondents Club of Thailand )のアート/フォトギャラリーにて、11月5日より28日まで開催されます。(月曜~金曜日/午前10時~午後11時)

また、この写真展にあわせて、11月5日にはパネルディスカッションが予定されています。

-------------------------
このイベントは後藤勝の写真展「Lost Loved Ones」にあわせて企画されました。パネルディスカッションが5日に行われ、後日7日(午後7時~)にはオープニングが予定されています。

場所:タイ外国人記者クラブ(FCCT)http://www.fccthai.com/
日程:11月5日水曜日 午後8時 (写真展オープニングは11月7日金曜日 午後7時)
チャージ:300バーツ(FCCTメンバー以外)

タイ外国人記者クラブ(FCCT)はタイ深南部地域での暴力と政治動乱に関するパネル・ディスカッションを主宰します。このプログラムは、一般市民の努力によって行われているイスラム・仏教徒間の対話を支持するために行われます。パネル・ディスカッションは、失われた社会の正義、そして異教徒間にある問題を話し合うという目的で行われます。
-------------------------

パネリストには、写真家の後藤勝さん、映画『Citizen Juling』の監督のひとりで現議員のクライサック・チュンハワンさん、タイ青少年イスラム教徒協会(ヤラー州)のイスマアエ・サラエさん、ヒューマン・ライツ・ウオッチ(アジア)のスナイ・プァスクさん、平和活動家のLamai Manakarnさんといった方々が参加される予定です。またYaenaさんというタイ深南部での争いにより夫を亡くされた方がマラユ語(タイ南部で使われている言葉)にて歌を歌われるそうです。

バンコクにいればぜひ行きたいイベントです。ご興味のある方はぜひ。

さらなる詳細はYoume.さんのブログでも確認できます。
Youme.さんのブログ

開催場所等は
タイ外国人記者クラブ(FCCT)公式ホームページ

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ご案内、ありがとうございます。
地元から参加される方々の生の声を是非みなさんに聞いて頂けるといいなと思います。
なかなか叶えられない機会なので、関心のある方は是非いらしてください。
展示数の関係から、写真展だけでは張り出せないポートレイトもあり、それらを含むスライドショーも当日上映予定です。

youme.http://siameseindy.blog47.fc2.com/?no=255&ul=57749244546eae00
【2008/11/03 13:01】 URL | youme. #bi94IFRw [ 編集]


Youme.さん
パネルディスカッション&写真展の成功を願っております。Youme.さんのブログでのレポートも楽しみにしておりますね。
【2008/11/04 11:48】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/255-8d396711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。