. SIAMESE INDY Bangkok Postの映画批評家によるJapan International Contents Fes 2008レビュー
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bangkok Postの映画批評家によるJapan International Contents Fes 2008レビュー
このブログでもおなじみBangkok Postの映画批評家Kong Rithdeeさん、先月の東京国際映画祭にいらっしゃってたそうで記事があがってました。

といっても、映画祭自体のレビューではなく、Japan International Contents Festival 2008のもの。東京国際映画祭(TIFF)をはじめ、the Tokyo Asia Music Market (Tam)、the Japan Animation Market (Jam)といったイベントが同時に開催されていたのですね。

日本のアニメや漫画は世界的に人気なので、コンテンツビジネスでもアジアのリーダーシップをとりたいところなのでしょう。最近、香港映画はすっかりおとなしいですし。一方で韓国はアジア各国に韓流ブームをもたらした韓国ドラマ、映画、K-POP、そして釜山国際映画祭もかなり力入ってますし、タイでもバンコク国際映画祭の際には、the Thailand Entertainment Expo が同時開催されていましたし、いまやコンテンツも国を代表する重要な輸出品となっていますね。

詳細はこちらの記事をどうぞ(英語)。

BANGKOK POST : Cultural boost: Japan aims to raise its profile with the world's largest content gathering

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/264-cb0c2d80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。