. SIAMESE INDY パーイってどんなとこ? その1
FC2カウンター

プロフィール

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーイってどんなとこ? その1
さて、昨日からはじまったパーイ国際映画祭ですが、パーイって一体どんなところでしょう。

実は何を隠そうこの私、今年の正月はパーイで迎えたのです。パーイはなかなかよいところ、私のお気に入りの観光地でもあります。

パーイへはチェンマイからバスに乗っていけます。山中ですので、何十回(いや何百回?)という山道のカーブに揺られます。はっきりいって怖いです。落ちたら一巻の終わり・・・でも乗ってるバスはかなりボロボロと、運転手に命を預けるスリリングな乗車が楽しめます(苦笑 でも本当です)。

一応、飛行機でもいけますので、予算に余裕のある方や乗り物酔いする方は飛んでいくとラクですよ。

あとはカオサンから直通のバスもあるようです。ただこちらは外国人専門のようで、たぶんゲストハウスの紹介とかされるんじゃないかなーと。実はバンコク~チェンマイ~パーイとバスでいくより、このカオサン~パーイのほうがずっと値段が安いんです。だからタイ人の友達がこのバスでバンコクに帰りたいといったのですが、お店の人に話すとタイ人はダメとのこと。よく観光地ではタイ人が安い、外国人は高いという二重値段が話題になりますが、逆の外国人値段もあるんですね。もちろん外国人はカオサンについたときにゲストハウスに泊るようになるのでしょうが。

さて、肝心のパーイですが、お正月に滞在したときに撮った写真をまじえて、簡単にご紹介したいと思います。

paitown

パーイの街並みです。中心部はプチ・カオサンですね。露天がたくさんならんでますが、場所柄、北タイの民族バッグや服飾品がたくさん売られてます。でもちょっとメインストリートを離れるとそこは静かな街並みです。私が滞在したのが年末~年始だったので、コムローイを飛ばす人たちもいました。


paitemple

そんなメインストリートのすぐ近くにもお寺があります。やはりタイですね。モーターバイクに乗っていける距離にもいくつかお寺があってタイ人観光客が多くいました。

pai nature

パーイの一番の魅力はやはり自然です。パーイ中心部にいると山の中のカオサンといったところですが、ちょっとモータバイクに乗ってでかけると、大自然が楽しめます(徒歩では厳しいですが)。

花畑はリス族の人たちが住む地域にあり、彼らが営んでいる絶景が見渡せるカフェもあります。また大きくこそないですが、気持ちいい滝もすぐ近くにあります。

そしてパーイには温泉もあります。源泉の暑いところでは卵を茹でて温泉卵にして食べられるんですよ。降りていくと、お湯もぬるくなりみんな服を着たままつかってます。日本の温泉とはちょっと違う楽しみ方ですね。キャンプ施設もあり宿泊もできるみたいです。

温泉の近く以外にも中心部から離れたところにバンガローの宿泊施設が結構あったり、テントを張っているのも見かけました。アウトドア好きにはたまらない観光地だと思います。

(次回に続きます)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
イサーン最高だよ!
初めてタイを旅行したのが12年前くらいで、そのときにチェンマイでトレッキングしましたが、あった旅行者の人にパーイは良いよって薦められました。
ついにパーイには、いかずじまいでした。そんなに良いところなのでしょうか?
バンコクから着たら、どの田舎もよく見えるんじゃないかと思うのですが。

僕は、今イサーンに暮らしています。原始古代から人が暮らしている場所っていうのは、気候が良いし、それゆえに人口も多くいし個人消費が活発なので、物価も安いし、とにかく住みやすくできています。
北タイは、それなりに良いところですが、日本人がおおすぎるし、山がちで盆地がおおく
1日の寒暖の差が大きいという点では、体を痛めるので、長期滞在には向かないと思います。
TAKAさんは、バンコク以外は、どこを歩き回ったのでしょうか?
【2008/12/10 13:46】 URL | 田舎は良いぞ! #- [ 編集]

コメントありがとうございます。
そうですね、昔はパーイもタイの秘境だなんて呼ばれてたみたいですが、私がいったときはすっかり観光地化してました。バンコクの疲れた人にとっては、オシャレなカフェや少数民族のエキゾチックな製品がありつつ、大自然も楽しめるのがうけているんだと思います。観光地化しているので長期滞在という点では、確かに向かないかもしれませんね。

私は北タイだとチェンマイ、チェンライ、メーホーソン周辺しかまわってません。イーサンはコラート、スリン(ピーマイ遺跡)、ブリラム、シーサケット(カオプラビハーン寺院)とウボンラチャタニーあたりだと思います。コンケンやウドンにはいったことがないんです。南部は実はほとんど知らなくてプーケットとピピ島くらい。
バンコクに住んでいるときにもっと国内旅行をしておけばよかったなと後悔してます。
【2008/12/10 14:22】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/284-efe6e329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。