. SIAMESE INDY パーイってどんなとこ? その2
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーイってどんなとこ? その2
パーイ国際映画祭開催記念(!?)、かってにパーイを紹介します。

前回のパーイってどんなとこ? その1の続きです。そして最終回でもあります。だって今年の正月に滞在したとはいえ、パーイにいたのは2泊だけですので、そんなにたくさん書くネタはないです・・・(苦笑)。

今日は私にとって最も大切な(!)食べ物について(笑)。

パーイの中心部には露天がたくさん並んでいるのでそこらで買い食いができます。意外にもムスリムがオーナーの(豚肉を使わない)屋台がけっこう見られるので、ムスリムのお友達といっても心配ないと思います。

またお正月の時期はタイとはいえ、パーイは結構冷えるのであたたかい飲み物類の屋台も嬉しいです。私はあたたかいレモングラスジュースが好き。のどに良さそうだし日本でも飲みたいですね。あたたかい豆乳や牛乳などもしみこみます。

そしてパーイでおすすめなのがオシャレなカフェ・レストランです。もともと外国人バックパッカーが集まってた観光地でタイ人の若者にも受け始めたので、雰囲気の良いお店が多くあります。その中から2店ほど、私のお気に入りを紹介しましょう。


Pai coffee in love (2)_030

coffee in loveという名のカフェです。チェンマイ方面からパーイに車で向かう方はかなり大きな看板で気づくかと思います。険しい山のカーブを幾度と越えようやくパーイについてまずはじめに見えるカフェで、長いあのバスの旅をも癒してくれるカフェです。
山小屋風の店内からは風光明媚な山々が一望できます。露天が並ぶ中心部から少し離れている分、自然を独り占めしながら、コーヒーを楽しめます。1月のパーイは結構寒い(もとい日本人からすると涼しい)ので、あたたかいエスプレッソが体にしみます。女の子が好きそうなかわいらしいインテリアもたくさんで、写真撮影スポットでもあります。引退したらこんなカフェでも作って田舎でゆっくりしたいな~なんて思っちゃいますよ。


Pai sanctuary

こちらはオーガニック料理&ベーカリーのThe Sanctuary。パーイ川側沿いにあり川を眺めながらお食事をいただけます。雰囲気はエキゾチック・アジアン。店内にはお地蔵様もいらっしゃいました。ペーカリーだけあり、ケーキも美味しかったです。また懐かしいレトロなストーブがあるお部屋もあり、タイでストーブという不思議な光景も楽しめます。どちらかというと外国人向けな雰囲気ですが、タイ人も結構入ってました。パンやケーキはテイクアウトもできます。


Pai Chinese (2)_032

そしてこちらは中心部からモーターバイクで少しいったところにある中国民族村(正式名はちょっと違います)です。北タイには共産化を逃れた難民を含め、雲南方面からの移民が多く住んでおり、中国文化も楽しめます。ここでは中国茶や茶器などの陶器などを売るお店のほかにも、馬に乗ったり遊具で遊んだりできます。写真の小屋にも泊ることができるそうです。そして一番の楽しみはもちろんお料理。バンコクの中華街はどちらかというと潮州料理が中心ですが、こちらでは雲南料理が楽しめます。

というわけで、パーイに行かれる方はぜひ美味しい料理もお楽しみくださいね。他にもたくさん美味しい料理を食べたのですが、写真に残ってないのです。残念!

ああ、またパーイに行きたくなっちゃいました。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/287-bfbe2fc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。