. SIAMESE INDY D-Mark Magazine 第12号読みました!
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-Mark Magazine 第12号読みました!
タイ情報が満載の月刊フリー誌D-Mark Magazineの今月号を読みました。

D-Mark Magazineとは日本国内のタイ料理屋さんや旅行代理店などに置いてあり、無料なのに全面カラーで紙質もいいのをつかってる贅沢なフリー誌です。第12号ということは、もう発刊して1年になるのですね。おめでとうございます!

今月は12月なのでプミポン国王の誕生日特集と、このブログでも何度かご紹介した映画『イーティムターイネー』に出演した日本人女優の明日果さんのインタビュー記事がメインとなってます。

詳しくはこちら
D-Mark Magazine 12月5日発刊!第12号について


プミポン国王が体調不良で毎年誕生日に恒例の演説を中止されたというニュースを先日ご紹介し、大変心配しておりましたが、その後体調ご回復のニュースも出ており、少し安心しました。

バンコク週報:国王陛下、ご体調回復

その一方で、イギリスのエコノミスト誌が国王に批判的な記事を書いたとして、タイ国内では販売しないこととなったという話も伝わってきております。タイには不敬罪があるので、王室批判の記事や書籍は禁止されますが、たしかエコノミスト誌は以前も同様の措置をうけたことがありましたね。最近ではPaul Handleyの『The King Never Smiles』が発禁処分になり、今年はじめにバンコクのタマサート大学で開催されたThe 10th International Conference on Thai Studiesでも一番の目玉としてこの話題が持ち上がりました。

ただ今回は販売禁止ではなく、あくまで輸入・販売を見合わせただけのようです。

Newsclip: タイ書店、英誌発売を中止 「国王に批判的な記事」

タイの地元新聞を読む:最新号のエコノミスト誌がタイ国内の店頭から消える

バンコク週報:英「エコノミスト」最新号販売を見合わせ

ちなみにエコノミスト誌の記事はインターネットからも読むことが出来ます。あえてリンクはしませんので、ご自身で検索してみてください。(私は日本からアクセスしてますが、まだタイからアクセスできるかどうかは不明です。)


一方、明日果さんのインタビュー記事ですが、とっても微笑ましいですね。私は残念ながら映画もまだ観てないのですが、タイではかなり人気のようですし、これからもタイ映画に出る機会があるといいなと思います。

明日果さんについては以前、このブログでも書いたことがあるので、こちらもぜひご参照ください。

ユタート監督の新作には日本人女優も出演!

『イティム・ダーイネー』に出演する日本人女優さんって?

『イティム・ダーイネー』今日10月9日からタイで公開

そしてこちらが明日果さんのブログです。

明日果さんオフィシャルブログ

明日果さんのインタビュー動画


映画のメイキング


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
はじめまして

時々おじゃましてます。
僕はタイに住んでいるんですが、このブログで初めて知る情報などもあり、いつも興味深く読んでいます。

さて、例のエコノミスト誌の記事ですが、現時点でタイでまだアクセスできます。
僕も読みましたが、良い悪いはともかく、確かにちょっと衝撃的な内容だなと感じます。
【2008/12/11 02:04】 URL | oji #- [ 編集]

コメントありがとうございます。
Ojiさんブログをお読みくださりありがとうございます。
いつもなら発禁処分になりそうな記事なのに、今回はあまり気にかけていないのですかね。
ただ『The King Never Smiles』もアマゾンで注文するとタイに届いてしまうらしいのでそこまで厳しくないのかもしれません(ただ税関などでチェックされてたらコワイですが・・・)。もし多くの人が読めるタイ語の記事だったりしたらかなり大変なことになるのかもしれません。
【2008/12/13 00:01】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/298-225ceb96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。