. SIAMESE INDY GMSに注目
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GMSに注目
GMSってご存知ですか?

GSM?携帯のこと?
Global System for Mobile Communicationsの間違いじゃねーの?

とおっしゃるみなさん、

いえいえ、GMSなんです。

Greater Mekong Subregionの略。
日本語では「拡大メコン地域」というそうです。
三菱総合研究所の岡野さんによると、

「GMS(Greater Mekong Subregion)プログラムとは、1992年、ADB(アジア開発銀行)のイニシアティブによって開始された、メコン河流域諸国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム、中国雲南省)を対象とした地域開発支援プロジェクトである。」
http://sociosys.mri.co.jp/keywords/097.html

東南アジアやASEANという言葉はすでに定着しましたが、GMSはまだ聞きなれないですね。

しかし、これから重要な概念となるのではないかと(かってに)思ってます。

バンコクの大学院にて、私はタイ研究科というところに在籍していたのですが、同じ学部の東南アジア研究科とオフィスを共有し、それぞれの研究科の授業を聴講できたり、学生同士の交流がある面白いところでした。(残念ながら現在は別々のオフィスになってしまったようですが)

そのときに、このGMSに関する授業をとり、拡大メコン地域を意識するようになりました。

実際に、大学院でも雲南省出身の中国人を含むGMSエリアからの留学生が多くいました。(その一方、マレーシアやインドネシアからの留学生はいなかったのですが)

東南アジアに進出している企業でも、マレーシア、インドネシア、フィリピンには別々に事務所がある一方、バンコク事務所はタイはもちろんミャンマー、ラオス、カンボジアも見ていることが多い気がします。(ベトナムは経済発展により最近では個別に事務所を持つことも多いようですが)

中国の雲南省からミャンマーにかけてはTai族(Thai、ไทยではなく、Tai、ไทで表される)が住み、タイ人と文化的、言語的に共有するものを多く持っています。また多くの地域で、上座部仏教の価値を共有していたりと、共通点も比較的多いと思います。最近では、メコン川のダム建設が大きな問題となったり。

政治的に不安定な中国やミャンマー、経済的にこれから発展すると見込まれるラオスやカンボジアといった国々を含み、これから大きく変わりうる地域だと思います。

さて、なぜこんなにGMSの話をしたかと申しますと、

これを紹介するためです。

チャリティー 第一回メコン川音楽祭

mekong.jpg
copyright:BMI

タイ芸能ライター白田麻子さんのブログより転載です。

----------

メコン川流域5カ国+韓国+日本の実力派歌手が競演します。みんなアジアンビューティー!パフォーマンスも期待してます。

出演者:ネコジャンプ(タイ)
    ダ・ジィン(ミャンマー)
    ミエ・ソックサピーア(カンボジア)
    タンハー(ベトナム)
    ナーリン(ラオス)
    キム・ジー・ヒョン(韓国)
    鳥山明日香(日本)

<東京公演>
日時:2008年5月26日(月) 18:30開演
場所:ライブハウス 渋谷エッグマン(渋谷区神南1-6-8 B1F) http://eggman.jp/venue/
  TEL:03-3200-7710 Mail:bmi@bmi-music.com
チケット3,000円+ドリンク500円


<横浜公演>
日時:2008年5月27日(火) 17:30開場、18:30開演
場所:県立音楽堂(横浜市西区紅葉ヶ丘9-2)
全席自由 5,000円
●チケットのお求めは、メコン音楽祭実行委員会事務局
 TEL:045-321-1161 Mail:kato@kato-naohiko.com
●チケット販売開始は、4月21日(月)より
●当日券も販売いたします。

●音楽祭終了後、出演歌手のサイン会があります。

メコン音楽祭に関するお問い合わせは
非営利法人 アジアこども教育基金協会内横浜音楽魂実行委員会事務局
 TEL:045-321-1167 FAX:045-321-0139

Poster:BMI (ブログに情報&ポスター転載歓迎!いちおうBMIって、明記お願いします。)

----------

日本で開催されるから日本の歌手はともかく、韓国の歌手は何で??(その分、雲南省の人はいないのかー)とも思いますが、このメコン川流域という概念が一つの形となっている点は、とても興味深いと思います。

これから「GMS」という言葉が、「ASEAN」や「東南アジア」以外にも、文化的なイベントに用いられる可能性もありますね。

個人的にも映画を観るにも、「東南アジア」はあまりにひろいので、まずは「メコン地域」からはじめたいと思ってます(笑)。

さて、ちょっとタイの話へ戻りますと、

出演するタイの歌手は前にもちょこっと書いたネコ・ジャンプ。
タイ式秋葉系アイドルといったところでしょうか。先月のRS Girl Singer Festivalに続き連続の来日ですね。
デビュー曲の『プー(蟹)』はあの、ぶっ飛び感というか、あっけらかんとしたところが面白くて、結構好きです。(その曲以外は知らないのですが・・・)

こういう企画は今後増えてくるかもしれません。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/31-7e7b3823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。