. SIAMESE INDY 2008年を振り返る その1
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年を振り返る その1
思えばあと2日で2009年なんですね・・・
いやー本当に早いです(ここ数年は特に時の流れが早いっ 汗)

というわけで、今日と明日は勝手ながら、2008年を振り返ってみようと思います。

せっかくタイ映画とタイアートのことを主として書いているブログなので、
独断と偏見で決めたタイ映画&アートニュースベスト3!

といっても今年、私がタイにいたのは1~2月と6~7月のみ。合計で3ヶ月程度です。
タイにいたときは、かなり精力的に公開中の映画を観に行きましたし、DVDもたくさん購入してきましたし、ギャラリーにも通いましたが、正直、今年の作品は見逃しているものの方が多いです。大作『Ong-bak 2』も『Queens of Langkasuka』も紹介だけしておいてまだ観てないですからね・・・。

ですので、ニュースといってもかなり日本寄りかつかなり独断と偏見ですので、あしからず。

私的 タイアートニュース ベスト3

1.BACC(Bangkok Art and Culture Centre)のオープン

ようやくオープンにこぎつけた2008年。私は7月の滞在でギリギリ、オープンに間に合わなかったんです・・・涙。でもそのかわり、11月に東京で開催された第3回アジア美術館長会議でチャトウィチャイ館長でお会いでき、その後もときどきメールでやりとりさせていただいてます(とってもいい方なんです!)。今後、現代アートはもちろん、映画をはじめとしたさまざまなクリエイティブ関連のイベントが開催されるのが大いに期待されます。

2.Museum of Siamのオープン

Museum of Siamも2008年にオープンしたんですね。こちらはいわゆるアートとはちょっと違うかもしれませんが・・・。でも最新の体験型ミュージアムというEdutainment性にくわえ、タイがタイをどう解釈しているのかという外からの目をもってみてみるとかなり興味深い場所です。ぜひ一度行ってみてほしいおすすめのスポット。

3.タムくん来日

今年は結構たくさんいらっしゃってますよね。というか以前は日本に住んでいたから、来日が結構多いのかどうかってのは判断が難しいかもですが。といっても実は私、かなりの確率で逃してるんですよ・・・。結局、ちゃんと行けたのはタイ式シネマパラダイスのときのライブくらいで・・・それでもかなり満足はしているのですが。本当は谷川俊太郎さんも好きなので、先日のイベントにも行きたかったのですがそれもかなわず。でも、次のダンスとのコラボはいく気満々です。タムくんは今年新刊もでたしウェブで新しい連載も始まったし、大活躍の一年でしたね。これだけ有名になってしまうとちょっと寂しい気もするのですが、やはりいいものをたくさんの人に知ってもらうのは嬉しいかな。
 
他にも、トムヤムプラーディップ展とかも挙げたいところですが、実際に行ってないからなあ。まあこの3点といったところです。かなり私的ですが。


私的 タイ映画ニュース ベスト3

1.タイ式シネマパラダイスの開催

やっぱりこれははずせません。タイ映画のお祭りが日本でこんなに大々的に行なわれたというのは本当にすごいことだと思います。娯楽モノから歴史、アート系といったバラエティに富むタイ映画作品が商業的にあれだけ一度に上映されたのは初めてのことではないでしょうか。ぜひ一度きりで終らせることなく今後も続けてほしいです。

2.アピチャッポン監督の『世紀の光』検閲バージョンがタイで公開。

残念ながら検閲バージョンは観てないのですが・・・(検閲されてないバージョンをDVDでみました)。これはタイ映画史に残る重要な事件のひとつだと思います。

3.『Wonderful Town』東京国際映画祭で上映

個人的には今年見たタイ映画の中で一番好きな作品です。ずっと観たいと思ってた作品をようやく観られて嬉しかったのと、期待通りによかったのとでかなり印象に残ってます。新たに追いかけたいと思えるタイ映画監督が出現したことに一票といったところですね。

他にも、アジア海洋映画祭で『夏休み ハートはドキドキ!』を地元で見られたことも嬉しかったな。ただ映画祭のような機会でなく普通に日本の映画館でロードショーされるタイ映画は少なかった気がします。あと、今年はタイを舞台にした話題作があったイメージが強いです(『闇の子どもたち』と『七夜待』)。タイ映画界ではもっといろいろ大きなニュースがあるでしょうが、上記のはあくまで私的なものですのであしからず。

みなさんの気になったタイ映画&アートニュースは何ですか?

※上記のニュースはすべてこのブログ内で書いてますので、詳しく知りたい方は検索等で調べてみてくださいね。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

本当にとても充実した1年でいらっしゃいましたね!
私にとっても何よりも、こちらとの新しい出会いは大きな喜びとなりました。
いろいろと実のあることを教えていただけて、これからもお忙しくなるでしょうが、ご無理の無い範囲でブログを続けてくださいね。
いつか機会がありましたら、お会いできたらいいですね。(そうとうなおばちゃんですよ・汗)
では良いお利夫~~。
【2008/12/31 11:16】 URL | チョムプー #rkLpwrN2 [ 編集]


こちらこそブログを通してチョムプーさんと知り合いになれて嬉しかったです。
来年は直接お会いできるといいですね(私もおじさんなのでご心配なく笑!)
よいお年をお迎えください!
【2008/12/31 13:23】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/317-d3dc3a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。