. SIAMESE INDY 2008年を振り返る その2
FC2カウンター

プロフィール

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年を振り返る その2
大晦日ですね。

今年最後に、私個人の一年をタイと絡ませて振り返ってみようかなーと思います。かなり重度のひとりごとです(笑)。

こういうのは10大ニュースとかいうのかと思うのですが、考えてみたら10も挙がらなかったので(笑)、縁起よく末広がりの8でいきます。今年はいろいろ転機となった一年でした。時間軸に沿って挙げてみます。

1.タマサート大で開催された国際タイ研究学会(International Thai Studies Conference)に参加

3年に一度、しかもタイ国内と国外で交互に開催される国際タイ研究学会が今年の1月、バンコクのタマサート大学で開催されました。アメリカやヨーロッパで開催されてもそこまでいく足のない、ただのいち研究者もどきには、バンコクにいるときにバンコクで開催されるなんてなんともないよいタイミングだったんです。というわけで、修士論文は2007年10月末に提出して、修士課程も修了していたのですが、1月までタイに残っていたわけでして。私は発表者ではなかったのですが、普段めったに会えない先生や聞けない話を聞けたのは本当に貴重な経験となりました。

2.京都大学東南アジア研究所のバンコクオフィスにて映画上映会を企画&開催

映画監督やチュラの先生や京大のセンターの方々に協力をいただき、自分が企画した映画上映会&勉強会を行なうことが出来ました。評判も結構よく、そこで新たに知り合った人も多くて、またこういう集まりをやりたいと思っています。でも場所なんかも考えると日本ではなかなか難しいですよね・・・誰かいっしょに企画しません??

3.ブログ「SIAMESE INDY」を開始

このブログをはじめたのが今年の3月でした。タイにいるときからいつかブログをやりたいとは思っていたのですが、mixiで日記も書いているし、キーキアット(怠け者)な性格なので続かないだろうと勝手に思ってましたが、勧めてくれる方もいたので思い切って始めてみました。案ずるよりも産むが易しといったところでしょうか、長々と今も続けてます。ブログを通していろいろな方からメッセージをいただいたり、実際にお会いしたり、とてもよい刺激になりました。また大学院を終え日本に帰ってきた私が、ネタ探しと称して最新のタイ映画やアートの動きを追っていくきっかけにもなっています。せっかくタイで研究したことも正直、日本の社会で仕事として活かすのがなかなか難しいことも就職活動等を通して痛感したので、こういった形で今後も発信していければと思ってます。

4.タイ式シネマパラダイスのパンフレットに寄稿

タイ映画に関連した研究をしてて、ちょうど帰国した年に日本でタイの映画祭が開催されたというのは実によいタイミングだったと思います。2ページほどですが、タイ式シネマパラダイスのパンフレットにも簡単なタイ映画史の記事も書かせてもらいました。

5.アユタヤ歴史センター分館の改修後開館式に参加

アユタヤの日本人村(ムーバーン・イープン)にあるアユタヤ歴史センター分館の改修プロジェクトを本当に少しですがお手伝いさせてもらい、6月にあった開館式にも参加させてもらいました。ミュージアムで一晩過ごしたり、映像編集の場にいったり、九州の博物館の学芸員の方々を案内したりととても面白い体験もできました。そのときの経験が実は今の仕事に興味を持つきっかけであったりもします。

6.学位授与式に出席

7月、シリントーン王女から学位を受け取りました。大卒タイ人のいる家庭には必ずのように飾ってあるあの授与する瞬間の写真もあります。ただ・・・私、受け取る瞬間、目をつむってるんですよ!(涙&笑)。さすがに目をちゃんとあけなきゃなんてことを考える余裕はなかったです。これは経験した方ならわかってくれると思うのですが、授与するときのスピードってかなりはやいんですよ。すごい数の学生が授与されるのでテンポよく進まないといけなくて、なにせそのために予行練習が2度もあるんですから。とにかく流れを崩さないようにするので精一杯で写真までは考える余裕はなかったです。でもなにはともあれ本当にいい経験でした。一生の思い出ですね。
あと、私が一番大好きなタイの映画監督、A監督からお祝いのメールをもらったのも嬉しかったなー。

7.日本に本帰国

やっぱりこれが一番大きいですかね。最初から留学は期間限定で考えていたので、当然いつかこの時が来ることはわかってはいたのですが、やはり二年半住んだタイから去るのは名残惜しかったです。ま、無返還とはいえもらってた奨学金も尽きたので、まずは働かなければいけないわけでして(笑)。

8.就職

というわけで、本帰国して就職したのも今年です。就職活動は結構大変でした。途中から景気も傾きだして一時はどうなることかと・・・。新しいお仕事は100%タイな仕事ではのないですが、いまのところ20%くらいはタイでしょうか。でも自分でタイの仕事を開拓すれば100%タイも夢じゃないです(笑)。新しい仕事に就き、来年はまったく違った生活になるんでしょうね。来年はどうしたいかなー・・・というのはまた別の機会に今年の抱負みたいな形で書こうかなと思ってます。

本当にあっという間の一年でした。

いつも読んでくださってるあなた、たまにいらっしゃるあなた、コメントやメッセージをくださるあなた、そして今日たまたまいらっしゃったあなたも、今年はSIAMESE INDYにお立ち寄りくださりありがとうございました。

そして来年も懲りずに読んでいただけると幸いです。

では皆さん、よいお年をお迎えください!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
パタヤは、元旦曇り空
12月31日公開のパティハーン・ラック・ターン・パンを観に田舎のシネプレックスに出かけたのですが、まだ、フィルムが着てないそうで、観れませんでした。
それで1月1日、パタヤで観ました。

追い詰められていくNAWINとJINの行き着く先は?
今年初めてのタイ映画です。お楽しみに。
【2009/01/01 18:36】 URL | DVDの発売まだですか? #- [ 編集]


田舎だとフィルムが到着してないなんてハプニングもあるんですね。
WIN役のTik(Jessadaporn Pholdee)はアタックナンバーハーフのころから結構好きです。
【2009/01/01 23:10】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/318-4a26175d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。