. SIAMESE INDY 今年一番目の幸せは、『カティの幸せ』
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年一番目の幸せは、『カティの幸せ』
2009年のタイ映画的初「幸せ」はやっぱりこれですよね。

Happiness of Kati1
copyright: Sahamongkol Film International

『The Happiness of Kati (ความสุขของกะทิ)』、1月8日からタイにて公開する映画です。
日本語翻訳もされている児童書『タイの少女カティ』が原作なんですよ。先日、「『タイの少女カティ』映画化!公開は来年1月8日!」や「カティの弟は総理大臣」でも紹介しました。

監督とともに脚本を担当している原作者のジェーン・ベヤジバさん(Ngarmpun Vejjajiva/ งามพรรณ เวชชาชีวะ)のインタビューを見つけましたのでご紹介します。彼女の作家としての姿勢が伝わってきますね。

BK Magazine: Q&A Ngarmpun Vejjajiva (英語です)

ジェーンさんのお気に入りの本はローラ・インガルス・ワイルダーの『大草原の小さな家』(日本ではテレビドラマで有名ですね)だそう。自然とか家族とか、カティとも少し共通するところがあるかな??

早くみたいです。日本でも公開するといいなー。

トレーラー


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
またまた!
素晴らしい情報ありがとうございますー。たしかに、『大草原の小さな家』や、ククリット・プラモートの『王朝四代記』、『サーラビーの咲く季節』のスワンニー・スコンターのテイストに似ていますね~!これは!ぜひまた、私のところで紹介させてくださいませー。今日はもう書いちゃったので明日にでも・・・。ここでジェーンさん、「大人は幸せになるのはむずかしい」とおっしゃってますが、大人は幸せの幅が広くて、自分が幸せを感じるのはむずかしくないと思いますが、「ほかの大人を幸せにする」のがむずかしいですよね。対して、子どもを幸せにするのは、ほんとうに簡単なんです。
【2009/01/06 12:33】 URL | チョムプー #rkLpwrN2 [ 編集]


ぜひぜひ紹介してください!
幸せって何だっけ?(って明石家さんまか?←古いですね笑)じゃないですが、子供の頃は、幸せになりたいとかそういうことを考えたことがなかったような。
幸せって何だろうなんてことを考えながら、カティを観るのもいいかもしれませんね。
【2009/01/06 22:41】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/323-cfb2a72f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。