. SIAMESE INDY Soi Cowboyへ行きませんか?
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Soi Cowboyへ行きませんか?
昨日、1月8日から公開となってる映画、『The Happiness of Kati』と『Bal Ganesh』以外に、もうひとつ注目している作品があります。

それがこれ、『Soi Cowboy』。

soicowboy_015.jpg
copyright: De Warrenne Pictures

バンコクの地下鉄スクンビット駅のすぐ目の前にある歓楽街の名前であるこのSoi(小路)をご存知の方も多いでしょう。そこでは日々、男女のドラマが繰り広げられているようですが、こちらはそんな男女を描いた映画です。デンマーク人男性とタイ人女性、しかもトレーラーから見てもなんかリアル感たっぷりですね。

メガホンをとったのは、Thomas Clayというイギリス人の映画監督。『The Great Ecstasy of Robert Carmichael』に次ぐ2作目で、この『Soi Cowboy』は昨年のカンヌ映画祭のある視点(Un Certain Regard)部門に正式出品された作品です。

昨年のバンコク映画祭でもタイを描いた外国映画作品として、上映されました(日本の『闇の子供たち』同じプログラムで上映予定だったのですが、中止になったのは周知の通りです)。『Soi Cowboy』だって描き方によってはかなりセンシティブな作品になりかねない気がしますが・・・。私は観ていないのでなんともいえないですが、ポスターの雰囲気ではそれほど重くはなさそうな感じですが。

映画祭だけでなく、ようやく一般の映画館でも公開となったようです。

ちなみにこちらはVariety Asiaのレビュー。レビューからするとけっこう面白そう。ちょっと観てみたいです。セクシームービーじゃないですよっ!(笑)

Variety Asia:Soi Cowboy

トレーラー


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/330-2b50abc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。